おちょやん第68話のネタバレあらすじ!千之助の過去

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」14週目第68話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第67話「千之助ムキになる」では、万太郎との一騎打ちで、いつも以上に千之助が強引でムキになるストーリーでした。

おちょやんの第68話「千之助の過去」では、千代が万太郎から千之助の過去を聞きだすストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月10日(水)放送
第14週サブタイトル『兄弟喧嘩(げんか)』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第68話のネタバレあらすじ

ここからは、3月10日に放送された朝ドラ「おちょやん」第68話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん68話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 小山田が万太郎一座の偵察にいって捕まる
  • 千代が助けに行く
  • 万太郎は何でも答えるという
  • 千之助の過去を聞きだす
  • 千之助が荷物を持って逃げる

偵察

千之助の言葉を鵜呑みにした小山田正憲(曽我廼家寛太郎)は、万太郎一座がやる公演の台本を盗み見ようとするが、あえなくバレて捕まってしまう。

天海千代(杉咲花)は小山田を助けにいくが、気前のいい須賀廼家万太郎(板尾創路)は、台本なら好きなだけ見ればいいと笑って見せる。

さらに、他に知りたいことがあれば何でも答えると口にし、千代は、千之助の過去のことを聞きだす。

過去

なぜ、須賀廼家千之助(星田英利)が万太郎を目の敵にしているのか尋ねると、自分が千之助を切り捨てたと答えた。

20年前、大人気だった須賀廼家兄弟は、本当の兄弟のように仲が良かったが、ある日、万太郎が千之助に役を与えなかったことで関係が一気に崩れる。

万太郎は、千之助に役を与えなかっただけでなく、お前は面白くないといい、須賀廼家兄弟の幕引きを宣言したのだ。

こうして、千之助は万太郎のもとから去っていった。

千代が、なぜそんなことを言ったのかと尋ねると、おもしろいからだと返ってきた。

それを聞いた千代は、万太郎一座には負けないと宣言する。

逃げ支度

その頃、千之助は、自ら書いた台本を眺めていた。

そして、その台本を破り捨て荷物をまとめて一人静かに去ろうとしていた。

ここまでが、3月10日に放送された朝ドラ「おちょやん」第68話のあらすじのネタバレです。

逃げようとしている千之助でしたが、見つかるんですよね、、、

おちょやん第69話のあらすじを知りたい方は、第69話『台本作り』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第68話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第68話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

万太郎に認知!

とうとう大御所登場してきましたが、まさかの万太郎に認知されていた千代ちゃん。

天海の奥さんじゃなくて昔の旧姓・竹井千代の名前で言ってくれたのは、万太郎が初めてじゃないですか?

万太郎が千代を認識したのは、おそらく 手違い噺のときです。

大山社長と一緒に観に来たときに、なにやら千代のことを注目していたようでしたが、今回の件で、はっきりそれが分かりましたね。

ハイレベルすぎる冗談

万太郎が「冗談」といったら、絶対に笑わないといけないルール。

私には、ハイレベルすぎる冗談でまったく笑えませんw

冗談が高度すぎるのか、まったく面白くないところは大きく賛否両論なところですが、座員が笑うお約束というのは、どこの世界にもあるYESマンばかりということでしょうね。

オープン

今回、小山田が芝居の演目を盗み見しようとしたことが問題でしたが、まさかの全部オープンにしてしまう万太郎!

しかも日替わりで全部やんねんって本当に全部さらけ出しましたね。

それだけ余裕があるということなんでしょうが、「鶴亀勝てん劇」には一本あげたい気分ですw

色々と癇に障ることを言う人ですが、上手いこと言うなーとちょっと関心してしまいました、、、

百久利見直した!

ところ変わって、百久利が千之助に殴られるシーン。

まさか百久利が千之助に反論するなんて夢にも思いませんでした。

あれだけ千之助信者だった人が、あそこまで面白くないということは、相当面白くないお話だったんでしょうね。

これまで千之助の腰巾着程度にしか思っていませんでしたが、今日でかなりの格上げですw

ただ、百久利まで否定したとなれば、誰も千之助についていく人は皆無。

そのこともあって、最後の方では荷物をまとめて逃げようとする?ところで終わってしまいました。

さて、この先どうなるやら、、、

明日に乞うご期待!

以上が、朝ドラ「おちょやん」第14週目第68話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第14週目のネタバレあらすじ

68話放送のおちょやん第14週「兄弟喧嘩(げんか)」のあらすじは、鶴亀家庭劇と万太郎一座のどちらかが、一人でも多く客を呼べるか対決するストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第14週「兄弟喧嘩(げんか)」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。