おちょやん第86話のネタバレあらすじ!大空襲

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」18週目第86話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第85話「再結成」では、一度は解散した鶴亀家庭劇だったが、皆集まり再度家庭劇を結成するストーリーでした。

おちょやんの第86話「大空襲」では、深夜に大阪の街が大空襲に見舞われるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月5日(月)放送
第18週サブタイトル『うちの原点だす』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第86話のネタバレあらすじ

ここからは、4月5日に放送された朝ドラ「おちょやん」第86話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん86話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 大阪が大空襲に見舞われる
  • 富川夫婦が犠牲となる
  • みつえ家族が天海家に居候する
  • 寛治が役者として満州に慰問に行くと話す
  • 千代と一平が反対する

道頓堀

京都公演の前日、大阪は大空襲に見舞われていた。

公演を終え、急いで道頓堀に戻ると壮絶な光景が広がる。

福富は崩壊し、岡安も中に入るには危険な状態となっていた。

岡安で通りすがりの男性にシズたちの行方を尋ねると、遺体安置所と答えた。

遺体安置所

遺体安置所に向かった一平と天海千代(杉咲花)は、シズたち三人の姿を見つけ安堵する。

しかし、福富の富川菊(いしのようこ)富川福松(岡嶋秀昭)が大空襲で犠牲となっていた。

富川みつえ(東野絢香)は、守って上げられなくてごめんと、出征した福助に詫び続ける。

天海家

みつえ家族は、天海家に居候することになった。

皆で食事をしていると、松島寛治(前田旺志郎)が役者として満州で慰問に行くと言い出す。

それを千代と天海一平(成田凌)が反対するが、結構いい給金がもらえるので千代たちに送ることができると笑顔で話す。

それでも一平がこれまでの新聞記事を見せ、おそらく日本は負けると必死引き止めるのだが、自分のことしか考えてこなかった自分が分かったのは二人のおかげだという。

そして、誰かのために喜ばせてやりたいと訴え、二人は反対しながらもそれ以上言えなかった。

ここまでが、4月5日に放送された朝ドラ「おちょやん」第86話のあらすじのネタバレです。

必死に止めますが、結局いってしまうんですよね、、、

おちょやん第87話のあらすじを知りたい方は、第87話『寛治満州にいく』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第86話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第86話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

戦争の恐ろしさ

京都の公演のため、道頓堀を離れていた千代と一平。

寛治から大阪で空襲があったと知らされ、シズたちのことを心配する千代ですが、公演はちゃんと行われた後ですよね?

まさかお客さんたちほっぽってすぐに行ったわけではないと思いますが、汽車で向かったのか、それとも歩いて道頓堀までやってきたのかも少し気になるところ。

そして、たどり着いて見た光景が想像もしなかった世界。

セットを実際に壊した部分もあったと思いますが、跡形もなくなくなっている状況が本当に空襲があったのを物語っていましたよね。

あんなに活気溢れていた道頓堀が、あんなふうになるなんて、当時の人達も夢にも思わなかったでしょうし、戦争の恐ろしさを改めて感じたシーンでした。

そして、岡安には誰もおらず、たまたま通りかかった人に尋ねると「遺体安置所」とポツリ。

あんな答え方ってありますか?

「遺体安置所」=「お亡くなりになりました」といっているようなものでしたが、亡くなったのはシズではなく菊夫婦。

あんたがいう?

まさか菊夫婦が亡くなるとは思いもしませんでしたが、シズが「死んだら終わりって言ったのはあなたでしょうが!」みたいなことで怒っていましたが、それをあんたが言いますか?

そもそも意地張らずにさっさと疎開しとけば、ギリギリに暖簾とりにいかなくてもその前に取りに行って、今頃疎開先で安全だったんですよ。

そのこと分かっての言葉でしょうか?

あたかも自分があんだけ死んだら終わりと説得しにきたくせ、先に死にやがって!!みたいな感じだったので、自分がぐずったことへの後悔の念みたいなものを感じなかったんですよね。

もしも、そういった後悔の念がないのなら、ちょっとがっかりシーンですね。

時間的にそこまでの描写をいれなかったのかもしれませんが、ちょっと後悔するシーンを入れて欲しかったのが正直なところです。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第18週目第86話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第18週目のネタバレあらすじ

86話放送のおちょやん第18週「うちの原点だす」のあらすじは、大阪の大空襲で福富の菊と福松が犠牲となり、福助が戦死し、ふさぎこむみつえを元気付けようと千代たちが芝居をするストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第18週「うちの原点だす」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。