おちょやん第88話のネタバレあらすじ!密会の疑い

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」18週目第88話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第87話「寛治満州にいく」では、寛治が満州に渡り、慰問団に入って給金を仕送りすると言い出すストーリーでした。

おちょやんの第88話「密会の疑い」では、千代が夜な夜な出かけて、誰かと密会していると一平が疑うストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月7日(水)放送
第18週サブタイトル『うちの原点だす』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第88話のネタバレあらすじ

ここからは、4月7日に放送された朝ドラ「おちょやん」第88話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん88話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 千代が夜中どこかへ出かける
  • 一平が後をつけると芝居の稽古をしていた
  • 福助が戦死し、みつえが寝込む
  • 百久利が戦死し、一平が飲んだくれになる
  • 千代が農家に食べ物を交換しにいく
  • 帰り道、泣き崩れる

夜中

大阪で大空襲があって以降も度々大規模な空襲がやってきた。

その夜も警報がなり、慌てて外に出ようとするが千代の姿が見当たらない。

すると、家の外から天海千代(杉咲花)がでてきた。

後日の夜、夜中どこに出かけているのか天海一平(成田凌)が後をつけると、千代は一人で芝居の稽古をしていた。

一平が声をかけると、千代は、芝居をすることで辛いことも乗り越えられる気がすると答えた。

戦死

明け方、家に帰るとみつえの様子がおかしいことに気づく。

机の上に一枚の紙が置かれており、それを見た二人は富川福助(井上拓哉)が戦死したことを知る。

一福は、お国のために頑張ったんだから自分は誇りに思うと訴えると、富川みつえ(東野絢香)は、福助はあんたと一緒にもっといたかったに違いないと悲しんだ。

それから数日後、部屋にこもりっきりのみつえを心配した岡田シズ(篠原涼子)岡田宗助(名倉潤)が天海家にやってくる。

一方、一平は須賀廼家百久利(坂口涼太郎)が戦死したとの連絡を受け、毎日飲んだくれていた。

号泣

配給ではまかなえない千代は、農家にいって食べ物を交換してほしいと頼みに行く。

しかし、少ない食料しか譲ってもらえずもう少し融通できないかとお願いするが、あんたらが芝居している間、自分たちは泥まみれで頑張ってきたと言われてしまう。

千代は帰り道、セリフを言いながら帰るも、途中でセリフすら忘れてしまい、泣き崩れてしまった。

ここまでが、4月7日に放送された朝ドラ「おちょやん」第88話のあらすじのネタバレです。

戦況が悪くなっていますが、ついに終戦するんですよね、、、

おちょやん第89話のあらすじを知りたい方は、第89話『嘘つき』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第88話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第88話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

満州どうなった?

昨日は、寛治が満州で美女を連れて、酒と賭博に溺れている衝撃シーンで終わりましたが、今日はまさかの登場なし!!!

寛治がどうなったのか今日詳しい話が聞けると思ったのに、福助が戦死するという次のステージまでいってしまって、下手したら今週寛治一切出演せずに終わりそうな気がしてきたんですけど、、、

もしも今度登場することがあれば、元気に戻ってくるか、戦死の連絡が届き、みつえの気持ちが分かったとお互い励ましあうくらい。

後者になるとまったく救えない話で、千代が落ち込み立ち上がるために一平やみつえが奮起するという形になりそうな気がしますね。

前者ならよかったと喜びますが、そうなると満州で賭博と酒やっていたシーンがただの笑い話で終わる可能性大です。

結局、寛治は何しに満州行ったの?って話で非難殺到されそうですが、もしかしたら福助のメッセンジャー的な役割なのかもしれません。

次々と戦死

今日一番の衝撃だったのが福助の死。

最近のみつえにはまったく不幸な話ばかりで、泣いている姿がほとんどですよね、、、

寛治が満州にいったことで少しはみつえの気持ちが分かった気がすると分かり合えたのに、今度はまさか福助が死んじゃうとは。

さすがに分かってたまるか!とキレていましたけど、こればっかりはそう簡単に分かってあげれませんよね。

そして、なぜか一平が飲んだくれているシーン。

最初見たときに、どうして一平が飲んだくれてるんだ?と理解できませんでしたが、すぐに百久利さんが戦死したことが分かり、それで飲んだくれとなったことを理解。

愛国ものをやらないと芝居できなかったんだし、仕方ない一面もあったのだから、そこまで攻めなくてもという気持ちはあるのだけれども、そもそもそんなに仲良かった?

どっちかといえば、千之助の助がかげで涙を流すシーンがあったほうが疑問符なしに見れたところでした。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第18週目第88話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第18週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第18週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第18週目のネタバレあらすじ

88話放送のおちょやん第18週「うちの原点だす」のあらすじは、大阪の大空襲で福富の菊と福松が犠牲となり、福助が戦死し、ふさぎこむみつえを元気付けようと千代たちが芝居をするストーリーとなっています

第18週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第18週「うちの原点だす」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。