おちょやん第91話のネタバレあらすじ!新しい劇団

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第91話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第90話「笑顔」では、みつえの笑顔で皆が救われるストーリーでした。

おちょやんの第91話「新しい劇団」では、鶴亀の大山社長から新しい劇団を作るとお達しがくるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月12日(月)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第91話のネタバレあらすじ

ここからは、4月12日に放送された朝ドラ「おちょやん」第91話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん91話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 全国を回っている天海一座
  • 熊田がやってきて道頓堀に戻るよう伝える
  • 道頓堀に戻ってきた天海一座
  • 大山が「鶴亀新喜劇」に入るよう訴える
  • 一平がそれを拒否し、返事を保留にする
  • 千之助が万太郎に会いに行く
  • 万太郎は喉のガンを患い、声がでなくなっていた

終戦から3年

終戦から3年が経ち、千代たち家庭劇は、ほそぼそと地方を回りながら公演を続けていた。

そんな中、突然、劇場の支配人だった熊田(西川忠志)が現れる。

熊田はいつものもよう大山鶴蔵(中村鴈治郎)社長の書面を持ってきて、道頓堀に戻ってくるよう伝えた。

道頓堀

そして、久しぶりに道頓堀に戻った天海天海家庭劇一座。

たった3年でえびす座は新えびす座として立派な舞台がでてきて、驚く面々。

そこへ大山が現れ、新しい劇団「鶴亀新喜劇」として再出発してほしいと訴えた。

しかし、天海一平(成田凌)は、戦時中一方的に切り捨てられたことを引き合いに、その場での返事を保留にする。

岡福

それから岡安に向かった天海天海家庭劇一座。

岡安はうどん屋を経営しており、お店の名前も「福富」の福をとって「岡福」と変えていた。

皆で話し合いをする中、天海千代(杉咲花)は、鶴亀に利用されてもいいからもう一度道頓堀で芝居がしたいと訴える。

万太郎一座

一方、須賀廼家千之助(星田英利)は、万太郎一座を訪ねていた。

千之助は万太郎に喧嘩を売りにいくが、万太郎は黙ったまま。

なんとか言ってみろと言うと、須賀廼家万太郎(板尾創路)はなぜかジェスチャーをし始める。

実は、万太郎は喉のガンを患っており、声が出なくなったのだ。

ここまでが、4月12日に放送された朝ドラ「おちょやん」第91話のあらすじのネタバレです。

声がでないと知った千之助が、ある行動にでるんですよね、、、

おちょやん第92話のあらすじを知りたい方は、第92話『万太郎一座』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第91話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第91話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

全国行脚

終戦から3年が経ち、全国行脚している千代たち家庭劇。

千之助もだいぶふけて足もフラフラで大丈夫かな?

しかも芝居小屋がないときは、野原で演じるってよくお客さん呼べたなーとちょっと関心。

むしろ、もの珍しさにやってくるのかな?

そこで演じたのは、お馴染み丘の一本杉。

後ろは自然のすだれで舞台がより映えるw

それにしも終戦から3年経ってるのに、寛治とまだ再会していないのか。

おそらく生きて帰って来るんだろうけど、何してたんだって話ですよね。

人の役に立ちたいとかいってたけど、女と賭け事に溺れたヤツのいいわけがどんなものか見ものです!

五厘屋

今回初めて知ったキーワードが五厘屋という名前。

ブローカーということだけど、この言葉だけで闇を連想させますよねw

しかもお金だけじゃなくて道具も持っていかれたってどういう管理してるの?

道具は自分たちのもんでしょうが!

しっかり管理しなさいよw

たぬきの演技もぽんぽこKO負けで意気消沈するし、ぼろぼろですやんw

そして、そこに現れたのがわれらが熊田さん。

熊田さんだけ、なぜかあんまり年とっていないように見えるんだけど、私だけ?

あと捜索能力高すぎでしょ!

よく全国回っているのに見つかったよね~

もうちょっと彼の優秀さにスポットが当たってほしいと思った朝ドラ「おちょやん」第91話でしたw

新えびす座

そして、連れ戻された一座。

しかもいきなりワープで、新えびす座の舞台の上。

あんな立派な舞台がたった3年で完成するんですか?

しかも相当お金かけてるでしょ、あの劇場。

融資してもらったんだと思いますが、自社ビルまでめっちゃでかくて、相当儲かってないと作れませんよね。

万太郎一座と天海一座の2つだけでは、全部をまかないきれないので、この2つの一座よりも稼いでいる一座はあったんじゃないかと思います。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第91話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

91話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。