おちょやん第92話のネタバレあらすじ!万太郎一座

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第92話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第91話「新しい劇団」では、鶴亀の大山社長から新しい劇団を作るとお達しがくるストーリーでした。

おちょやんの第92話「万太郎一座」では、万太郎が一日限りの最後の舞台を行うストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月13日(火)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第92話のネタバレあらすじ

ここからは、4月13日に放送された朝ドラ「おちょやん」第92話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん92話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 千代が万太郎に悔いを残すのではないかと尋ねる
  • 一平が新しい劇団の立ち上げを決意する
  • 千之助が万太郎の最後の舞台に一緒にたつ
  • 万太郎死す

天海家

岡田シズ(篠原涼子)から万太郎のことを聞いた天海天海家庭劇一座。

天海家に戻り、夕食を食べていると、天海千代(杉咲花)が千之助に万太郎の最後の芝居になれば、悔いを残すのではないかと尋ねる。

しかし、須賀廼家万太郎(板尾創路)は自分には関係ないといい、寝てしまった。

決意

食事が終わり、外で一人晩酌をする天海一平(成田凌)

千代がやってくると、松島寛治(前田旺志郎)が帰ってきたときに困らないよう貼ってあった貼り紙を目にする。

千代が書き直さないといけないとつぶやくと、一平がその必要はないと口にした。

そして、道頓堀でもう一回頑張ろうと、新しい劇団を立ち上げる大山鶴蔵(中村鴈治郎)社長の申し出を受けることにしたのだ。

舞台

こうして、万太郎の1日限りの最後の舞台が始まる。

その傍らには千之助の姿があった。

実は、あのあと須賀廼家千之助(星田英利)がまた万太郎のところを訪れ、手を貸すことになったのだ。

二人が一緒に芝居をするのは40年ぶり。

二人の芝居にお客さんは大笑い。

最後に大きな拍手の中、万太郎は舞台から去っていった。

万太郎死す

千之助も幕が下り、舞台裏にいくと、そこにはイスに横たわる万太郎がいた。

舞台を下りた万太郎は、静かに息を引き取っていたのだ。

こうして、喜劇王万太郎は人生の幕を下ろした。

ここまでが、4月13日に放送された朝ドラ「おちょやん」第92話のあらすじのネタバレです。

万太郎が亡くなってしまいましたが、新しい時代の幕開けなんですよね、、、

おちょやん第93話のあらすじを知りたい方は、第93話『鶴亀新喜劇』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第92話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第92話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

棺おけ

いきなりの棺おけ。

本当に紛らわしい!

というか、あそこからどうやって笑いに持っていこうとしていたのかが気になりますが、相当不機嫌でしたよね~

白装束の板尾さん、何気に似合ってて不吉、、、

漆原さん

漆原さんが、渾身のアップで熱く語ったのに、千之助にあっけなく「しょーもな」って、腰を折られた感じになりました。

漆原さん、ここ最近こういう使われ方多いですよね~

でも私はそういうところが以外と好きなんですw

写真

皆がどこに集まっているかと思いきや、天海家でした。

まわらいの雰囲気からなんとなくそんな気がしていましたが、それが確定したのがテルヲの写真w

相変わらず、死んでからもちょこちょこと出てきますねあの男はw

それと全員天海家に泊まることになりましたが、みんなの分の布団あるのかな?

言わない約束

天海一座の中では、寛治の事は言わない約束になっていたようですが、終戦から3年。

捕虜になった人達が数年後に日本に戻ってきていますので、同じように捕虜になっていて帰ってくるパターンなのかな?

それとも女と酒に溺れたまま戻ってくるのか、今日で万太郎の話は終わったので、今週もしくは来週あたりにはでてくるんじゃないかと踏んでいます!

最後の舞台

そして、万太郎と千之助の40年ぶりにして最後の舞台。

立派な舞台はこの前見ましたが、舞台セットめっちゃ豪華じゃないですか?

いきなり舞台シーンになったので、舞台すごっ!って思っていましたが、あっさり一緒に立っていたことを忘れていました。

その後に、話に言ったシーンが流れたので、はしょったわけじゃないのねってことが分かりましたが、それよりも舞台のゴージャスさにびっくりした次第ですw

舞台で死す!

万太郎死す!

舞台の上で死ねるのは、役者として本望だという言葉はよく聞きますが、まさにソレ。

地獄でも皆を笑わせてくださいw

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第92話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

92話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。