おちょやん第95話のネタバレあらすじ!主役は千代

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」19週目第95話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第94話「満州から帰還」では、寬治が満州から帰還して、ヨシヲとの出来事を話すストーリーでした。

おちょやんの第95話「主役は千代」では、千之助が今回の旗揚げ公演の主役は千代にすると言い出すストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年4月16日(金)放送
第19週サブタイトル『その名も、鶴亀新喜劇や』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第95話のネタバレあらすじ

ここからは、4月16日に放送された朝ドラ「おちょやん」第95話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん95話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 千之助が千代に主役を譲る
  • 初公演が無事成功する
  • 千之助が舞台から去る

主役

松島寛治(前田旺志郎)が戻ったことで一致団結した鶴亀新喜劇
初興行まであと少しとなるが、稽古場に千之助の姿が見当たらない。
実は、先日の須賀廼家千之助(星田英利)は公演に出ないことを宣言し、千代に主役を指名したのだ。
突然主役を任された天海千代(杉咲花)はというと、どうすればいいか悩み、お酒に逃げようとした。
すると、寛治が帰ってきて花籠を渡す。
千代が役者になったときなどにも送られてきた宛名がない花籠が届き、生きていたのかと安堵する。
それを見て天海一平(成田凌)は、見てくれる人がいる限り頑張らないといけないと口にした。

初興行の日

そして、ついに初興行の日がやってきた。
劇場には、岡安一家も見に来て、千之助も舞台袖で見守っていた。
公演も終盤を迎え、千代は緊張することなく見事に大役を果たした。
こうして、鶴亀新喜劇の初公演は無事成功し、大盛り上がりの中、幕を閉じたのだった。

舞台

公演が終わり、舞台で一人残る千之助。
舞台に一礼して去ろうとしたとき、一平たちがやってくる。
千代が千之助がいなくなったらどうしたらいいのかと不安を吐露するが、今回の芝居では何もしていないといい、初代天海に義理が果たせたと口にした。
一平は、ありがとうございましたと頭を下げる。
こうして、千之助はみんなに惜しまれつつ、舞台を去っていくのだった。

ここまでが、4月16日に放送された朝ドラ「おちょやん」第95話のあらすじのネタバレです。

こうして鶴亀新喜劇がスタートしますが、いきなり劇団辞めるっていいはじめるんですよね、、、

おちょやん第96話のあらすじを知りたい方は、第96話『劇団を辞める』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第95話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第95話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

抜擢

練習しようというと、わしゃしないという千之助。
そして、主役は千代だと自ら降りることを宣言!
先週、万太郎も亡くなってしまったし、いよいよ世代交代ということでしたね。
主役に抜擢された千代はというと、がちがちの棒読みで昔に逆戻りw
しまいには、岡福で食事をしている千之助を捕まえて「ドタヌキ」ってどういうこと?って聞く始末。
そんなピンポイントのとこ聞かれても書いている側がそのときの流れで書いていること多いと思いますので、なかなか難しいですよね。
しかも、酒飲んで「ゴォー」って、エドはるみですか?w
引き際だと思って、ちびちび寂しく飲んでいるのに、辛味に絡みまくってそれを台無しにする千代。
これが朝ドラ「おちょやん」です!といわんばかりのオープニングでしたw

イチャイチャ

家に帰ってからも酒を煽る千代。
一平がそれをとめて、飲ませろ飲ませないの応酬を繰り広げ絡み合う二人。
そこへやってきたのが寛治!!!
絶対「あっ、やべーときに帰ってきてしまった」と思ったでしょうね。
ちゃっかり戸を閉めましたしw
あそこのシーンで特によかったのが、寛治が再度戸を開けたとき、千代が一平の腕をちょっと叩いたところ。
子供にいちゃついたところ見られて、やらかしたな感が伝わる好きなシーンでした。
この細かいとこ共感してくれる人いるかな?w

花籠

そして、今日の謎は久しぶり登場の花籠。
最初の頃からずっとことあるごとに届いていた花籠。
また届いたということで、生きていることが確認できましたが、ここまで結構亡くなったんで犯人絞られてきましたよね。
最初は、テルヲか?と思いきや死亡につき、それはなし。
ヨシヲも死亡で、福富の家族でもない。
残ってるのって、岡安の3人と山村千鳥さんですよね。
あと可能性としてはかなり低いですが、義理の母・栗子が大穴といったところです

以上が、朝ドラ「おちょやん」第19週目第95話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第19週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第19週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第19週目のネタバレあらすじ

95話放送のおちょやん第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」のあらすじは、鶴亀新喜劇として再出発した千代たちだが、セリフを忘れ即興もできなくなった千之助が衰えを感じ、第一線から身を引くストーリーとなっています

第19週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第19週「その名も、鶴亀新喜劇や」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。