エール第66話のネタバレあらすじ!裕一に弟子誕生!梅もやってきて恋の予感!?

こちらでは、朝ドラ「エール」14週目第66話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第65話「研究生として道開く!」では、オーディションに落ちたものの、研究生として参加が認められるストーリーでした。

エールの第66話「裕一に弟子誕生!」では、突然弟子にしてくださいとやってきた五郎を何度も追い返すが、熱意に根負けしてついに弟子にするストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月14日(月)放送
第14週サブタイトル『弟子がやって来た!』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第66話のネタバレあらすじ

ここからは、9月14日に放送された朝ドラ「エール」第66話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール66話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 弟子にしてほしいとお願いする
  • 五郎の申し出を断る
  • 毎日のように家に押しかけてお願いする
  • 根負けして弟子にすることに
  • 梅がやってきて新人賞を受賞したことを知る
  • 梅が東京で執筆活動をすることに

突然の訪問

翌日が納品で奪われては困る古山裕一(窪田正孝)は、佐藤久志(山崎育三郎)から楽譜を取り返そうともみ合っていると、玄関から声がした。

玄関に出てみると、そこには風呂敷包みを背負った青年が立っている。

すると、青年が深々と頭を下げ、「弟子にしてください」と言ってきた。

その男の名前は、田ノ上五郎(岡部大)

13歳から水戸の雑穀問屋で奉公しながら、独学で音楽の勉強を続けてきたと話す。

裕一がこれまで作曲してきた「船頭可愛いや」などに励まされ、奉公のつらさを救ってくれたと話し、どうしても弟子にしてほしいと懇願してきた。

そこで、一旦、古山音(二階堂ふみ)と二人で席を外し、話し合いをした結果、裕一は、弟子を取るような立場ではないと断った。

毎日やってくる

一旦、その話を断ったが、五郎は諦めずに毎日のように古山家にやってきた。

奉公先からは逃げ出した状態で、どこにもいく当てがなかった五郎は、毎日やってきて必死で訴えた。

そんなある日、異臭が立ち込め玄関に向かうと五郎が立っており、野犬に襲われたいう。

一旦風呂に入れさせ、改めて二人で話をすることに。

ちょうどその時、誰かがやってきた。

熱意

裕一が、なぜ自分なのかと聞くと、つらい時にいつも励まされたと紺碧の空の一節を歌った。

そして、改めて迷惑をかけないからそばに置いてほしいと懇願する。

裕一は、そんな彼の熱意に根負けして、ついに五郎を弟子にすることに決めた。

喜びのあまり裕一に抱きつくと、ちょうど音が部屋に入ってきた

梅が上京

先ほど、訪ねてきた人物は、音の妹・関内梅(森七菜)だった。

話をきくと、念願だった文芸誌の「新人賞」を受賞したという。

音と裕一は自分のことのように喜ぶが、今後は古山家に居候して執筆活動をしたいとやってきたのだ。

二人の居候に古山夫婦は頭を悩ませるが、にぎやかで楽しいのでは?ということで、古山家の新生活が始まった。

ここまでが、9月14日に放送された朝ドラ「エール」第66話のあらすじのネタバレです。

ついに弟子入りしましたが、癇に障ることばかり言うんですよね、、、

エール第67話のあらすじを知りたい方は、第67話「五郎の歓迎会」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール66話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

五郎が裕一の弟子になる話は実話か?

エールでは、田ノ上五郎が弟子にして欲しいとやってきましたが、これは実話でない可能性が高いです。

古山裕一のモデルは、古関裕而さんです。

古関裕而さんには、土橋啓二さんなどのお弟子さんがいましたが、居候でそういった方は見当たりませんでした。

よって、五郎はエールのオリジナルキャラクターで居候の話も創作だと考えられます。

朝ドラ「エール」第66話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第66話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

履歴書確認

この時代の履歴書って縦書きだったのかな?

しかも、いの一番に履歴書を確認する音。

何をニコニコしてるんですかw

履歴書でニコニコはいいけど、まさかの納豆攻撃に田ノ上の運のなさを感じてならない。

しかも、お土産もらうときに音が何気に期待していた顔からの、納豆と知ったときの落差は半端ないw

作曲経験もないのに家を訪ねて志願するなんて行動力はあるけど、この先どうなるやら。

それにしても、朝ドラ「エール」はいつまで納豆引っ張るんだろう。

そろそろ戦争突入の時期に来てるんじゃないかな?

さすがに戦争中のあらすじに、納豆ネタ持ってきたらちょっと引くかも。

居候?

なんだか当たり前のようにメシを食ってる久志。

しかもひたすらマイペースにご飯を食べ続ける。

さっきまで楽譜の奪い合いしてたのに、自然に飯食ってる姿がやたらと合ってるんですけど、、、

もしかして、すでに古山家に居候しているのか?w

しかも田ノ上から裕一の付き人に見られて、ちょっと怒ってたしw

次の日も次の日も

「純朴な人間は諦めが悪い」ってナレーションにちょっと悪意を感じるw

「次の日も次の日も次の日も。」ってどんだけ悪意こめて言うねん!

ナレーションで笑かすのが最近の朝ドラのあるあるなのかな?

それにしても田ノ上めげなかったね。

土下座するより、毎日納豆持っていけば、音が折れてすぐに弟子入り認めてくれたかもしれないw

ただし、その逆パターンになる可能性も無きにしもあらずだけど、、

野犬と臭い

野犬に襲われるってどういうこと!?

野犬に襲われたら臭くなるのか?

居間まで臭いが漂うって結構な臭さですよ。

親切心からお風呂いれてやったのはいいけど、風呂場で歌を歌っているのを聞いて「普通だね、歌。」ってw

作曲家志望で弟子入りに来てるのに、何をすっとぼけているやら。

歌手志望じゃないからねw

以上が、朝ドラ「エール」第14週目第66話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第14週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第14週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第14週目のネタバレあらすじ

66話放送のエール第14週「弟子がやって来た!」のあらすじは、田ノ上五郎と関内梅が古山家に居候してお互い意識するストーリーとなっています

第14週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第14週「弟子がやって来た!」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。