『純情きらり』杉冬吾のモデルは?太宰治は本当に笛子と結婚していた!?

2006年4月スタートの朝ドラ「純情きらり」で登場する西島秀俊さん演じる杉冬吾。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ミカ♡☪︎⋆。(@mika_scs_329)がシェアした投稿

杉冬吾のモデルは、小説家の太宰治さんです

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」杉冬吾のモデルである太宰治さんのプロフィールと半生を紹介します。

スポンサーリンク

朝ドラ純情きらりの元ネタは?

朝ドラ『純情きらり』の元ネタは、津島佑子さんが書いた小説「火の山―山猿記」が原案となっています。

津島佑子さんは、なんとあの太宰治さんの娘さんでもあります。

杉冬吾も小説「火の山―山猿記」で登場する人物ですが、杉冬吾のモデルは、太宰治さんで、朝ドラ『純情きらり』の主人公・有森桜子の姉・有森笛子のモデルは、太宰治さんの妻・津島佑子さんです。

津島佑子さんについては、「朝ドラ『純情きらり』有森笛子のモデルは?石原美知子は太宰治の妻!?」で詳しくまとめています。

杉冬吾のモデルとは?

杉冬吾のモデルは、太宰治さんです。

太宰治さんの本名は、津島修治で、青森県北津軽郡金木村にて、父・津島源右衛門と母・たねの六男として1909年6月19日に誕生しました。

父・津島源右衛門は、県下有数の大地主で、朝ドラ『純情きらり』の杉冬吾も元々は裕福な家の家系として描かれています。

身長は172cm~187cmくらいで、いろいろな資料で紹介されていますが、バラバラです。

それなりに高い身長だったことがうかがえます。

妻・津島佑子さんや津島佑子さんの妻子もちでしたが、浮気ばかりしており、最終的には愛人の山崎富栄と入水して亡くなっています。

基本は和服姿で、三鷹では何人も女の子を連れて歩く姿が目撃されていました。

太宰治の愛人

杉冬吾のモデル・太宰治さんには数々の愛人がいました。

その中で分かっている方をあげると以下のような方たちです。

  • 小山初代
  • 田辺シメ子
  • 津島美知子
  • 太田静子
  • 山崎富栄

太田静子さんとの間に女児が誕生しています。

太宰治さんは、静子さんの娘・太田治子さんを認知しています。

子供の頃は亡き父である太宰パパを「だざいちゃま」と慕っていて、困った時には「だざいちゃま」にお祈りしていたそうです。

津島佑子との結婚。

昭和13年9月、井伏鱒二の紹介で太宰治が見合いに来て、津島佑子さんと結婚することになります。

その際に、離婚しないことを条件に井伏氏が保証人となりました。

太宰は『富嶽百景』の中で以下のように記述しています。

ゆっくりからだを捻ぢ戻すとき、娘さんを、ちらと見た。きめた。多少の困難があつても、このひとと結婚したいものだと思つた。

見た瞬間に結婚をすぐに決めたようですね。

しかし結婚して9年後に愛人の山崎富栄と心中しており、太宰治は未亡人になります。

太宰治は、その後も再婚することなく、一生を太宰の妻として過ごしました。

桜子に嫉妬!?

有森笛子のモデルは、太宰治さんの妻・津島佑子さんです。

つまり、杉冬吾のモデルは太宰治さんで、有森笛子のモデルは津島佑子さんですので、実話も小説もドラマでも結婚して夫婦となっています。

朝ドラ『純情きらり』では、桜子が杉冬吾のことを想って作曲した「Tに捧ぐ」を巡り笛子が嫉妬してしまうシーンがありました。

朝ドラ『純情きらり』の元ネタ『火の山―山猿記』でも同じような、お互い心が通じ合うもの描写があるので、津島佑子さんは、すぐに浮気する太宰治さんに対する津島佑子さんの気持ちを意図して表現したのかもしれません。

ドラマでは、杉冬吾がいつも見守る存在として描かれているのも印象的です。

太宰治の子供

杉冬吾のモデル・太宰治さんと美知子さんには、昭和16年に長女の園子、19年に長男の正樹、22年に次女の里子が生まれます。

この次女・里子が、朝ドラ『純情きらり』の元ネタ『火の山―山猿記』を書いた津島佑子さんです。

ちなみに、津島佑子さんが1歳のときに太宰治は亡くなっています。

ちなみに、小説では、杉冬吾は殺されています。

朝ドラ「純情きらり」のモデルまとめ

朝ドラ「純情きらり」のモデルで分かっているのは、以下の方々です。(推測含む)

杉冬吾のモデル・太宰治さんと有森笛子のモデル・石原美知子さんを中心にまとめています。

有森笛子のモデルが石原美知子さんなら、桜子と杏子はその妹がモデルということになりますが、実は妹はいません。

そのあたりの解説もしていますので、詳しく知りたい方はご確認ください。

朝ドラ「純情きらり」のモデル一覧
出演者モデル関係・役柄
有森家
有森桜子宮崎あおい山田宇多子?ジャズピアニストを目指すヒロイン
有森源一郎三浦友和石原初太郎桜子の父
有森マサ竹下景子石原くら桜子の母
有森笛子寺島しのぶ石原美知子桜子の姉
有森杏子井川遥小林喜代子?桜子の姉
有森勇太郎松澤傑石原明桜子の弟
有森家の親族
沖田徳治郎八名信夫岡木嘉門桜子の祖父
杉冬吾西島秀俊太宰治画家、笛子の夫
東京編
御崎しま子光浦靖子田部シメ子青森から来た冬吾の許嫁と名乗る女