澪つくし第13話のネタバレあらすじ!入兆の娘と知った惣吉は、それでも俺たちは会うんだと握手!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」3週目第13話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第12話「正妻千代との面会」では、るいとかをるが正妻千代に会うために入兆にいくと、千代から看病をお願いされるストーリーでした。

澪つくしの第13話「おれたちは会うんだ!」では、かさを返しに来た惣吉を駅に送る途中で、入兆の娘であることを告白するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年4月15日(月)放送
第3週第13話タイトル『おれたちは会うんだ!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第13話のネタバレあらすじ

ここからは、4月15日に放送された朝ドラ「澪つくし」第13話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし13話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

みごとなヒラメを手みやげに、惣吉が傘を返しに来た。

かをるは上気してろくに言葉も出ないありさまだった。

それでもかをるは型どおりの挨拶をして帰って行く惣吉を本銚子の駅まで送って行った。

当時は未婚の男女が並んで歩くことなど、世間が許さなかった。

道徳に反するものとして白い目で見られた。

かをるは惣吉の背中を見て歩きながら、自分が坂東久兵衛の庶子で、もうすぐ「入兆」へもらわれていくこと、だから惣吉とは会えなくなるということを話した。

「私は吉武惣吉という名前を一生忘れません。はじめて会った日から今日までのことを決して忘れません」

「また会えるよ」

「えっ?」

「おれたちは会うんだ」

惣吉は力強くかをるの手を握った。

ふしくれだったたくましい手であった。

かをるはその手から、惣吉の心情を感じとった。

誰も引き裂くことのできないきずなを感じた。

ここまでが、4月15日に放送された朝ドラ「澪つくし」第13話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第14話のあらすじを知りたい方は、第14話『入兆の娘になる!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第13話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第13話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし13話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第3週目第13話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第3週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第3週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第3週目のネタバレあらすじ

13話放送の澪つくし第3週のあらすじは、卒業後、入兆の娘となったかをるは、修行のために女中をすることになったが、姉の律子の世話係をすることになり、気まぐれに色々と付き合わされるストーリーとなっています

第3週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第3週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください