澪つくし第15話のネタバレあらすじ!女中修業で律子のお世話係に!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」3週目第15話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第14話「入兆の娘になる!」では、学校を卒業して、ついに入兆の娘になったかをるのしつけ役にハマが抜擢されるストーリーでした。

澪つくしの第15話「律子のお世話係!?」では、入兆で女中として修行することになったかをるにハマが律子の世話係を命じるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年4月17日(水)放送
第3週第15話タイトル『律子のお世話係!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第15話のネタバレあらすじ

ここからは、4月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第15話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし15話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

食事もほかの女中といっしょに台所でとらされた。

古くからいる番頭の小畑や手代の梅木はハマの態度に憤激し、かをるに同情した。

しかしかをるはくじけていなかった。

旧家の娘としての修業とはこういうことなのだと自分にいいきかせた。

醤油屋の朝は早い。

「入兆」には通いの労働者のほかに、「広敷」といって若い衆の寝泊まりする部屋があり、常時飯とみそ汁の用意がしてあった。

若い衆の中には、飯を運ぶかをるの素性を知らず、露骨にからかう者もいた。

千代の世話役をるいに取られたハマは、しつけと称してことごとにかをるにあたった。

そして律子が帰って来ると、かをるを律子付きの女中にしたのである。

ここまでが、4月17日に放送された朝ドラ「澪つくし」第15話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第16話のあらすじを知りたい方は、第16話『久兵衛から叱られる!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第15話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第15話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし15話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第3週目第15話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第3週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第3週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第3週目のネタバレあらすじ

15話放送の澪つくし第3週のあらすじは、卒業後、入兆の娘となったかをるは、修行のために女中をすることになったが、姉の律子の世話係をすることになり、気まぐれに色々と付き合わされるストーリーとなっています

第3週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第3週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください