澪つくし第16話のネタバレあらすじ!かをるを律子の世話係にしたことがバレて久兵衛が激ギレ!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」3週目第16話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第15話「律子のお世話係!?」では、入兆で女中として修行することになったかをるにハマが律子の世話係を命じるストーリーでした。

澪つくしの第16話「久兵衛から叱られる!」では、修行として律子の世話係になったかをるは、久兵衛にそのことを知られてハマが怒られるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年4月18日(木)放送
第3週第16話タイトル『久兵衛から叱られる!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、4月18日に放送された朝ドラ「澪つくし」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

律子はそれを知るとかをるを従えて表へ出た。

律子は流行の最先端をいく洋装で人力車に乗り、かをるはその後ろを走った。

どこへ行くというわけでもなかった。

ただ町なかをぐるぐるまわった。

あたかも身分の違いを見せつけるようであった。

かをるは誰にも顔を見られたくなかった。

銚子高女出身といえば、この町ではエリートである。

三本線の袴をはいてさっそうと闊歩してきたこの通りを、なぜみじめな女中姿で駆けずりまわらねばならないのか。

かをるは恥ずかしさのあまり、体中から火の出る思いであった。

利根川べりでひと休みしたとき、律子はかをるの顔をのぞきこんでいった。

「どうして反発しないの?高等教育を受けた女が、こんな扱いを受けてなんの疑問ももたないの?」

「修業中ですから――」

「なんのための修業?」

「良妻賢母になるためです」

律子は笑って、自分の意志をはっきり表明できなければ新しい女にはなれないといった。

新しい女とは、しっかり世の中を見つめる女であり、古いしきたりや因習に縛られず、権力や男の横暴にふりまわされない女だとも語るのであった。

さすがに久兵衛はハマを呼び、血のつながっている妹を付き人にするのは非常哉かをるは庭掃除や薪割りなど、外まわりの仕事をさせられるようになった。

ここまでが、4月18日に放送された朝ドラ「澪つくし」第16話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『善吉が入兆に遊びにきた!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第16話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし16話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第3週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第3週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第3週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第3週目のネタバレあらすじ

16話放送の澪つくし第3週のあらすじは、卒業後、入兆の娘となったかをるは、修行のために女中をすることになったが、姉の律子の世話係をすることになり、気まぐれに色々と付き合わされるストーリーとなっています

第3週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第3週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください