澪つくし第61話のネタバレあらすじ!夏祭り!またしても喧嘩勃発!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」11週目第61話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第60話「かをる勘当される!」では、久兵衛から勘当するといわれたかをるは自由の身となり、惣吉との結婚が認められるストーリーでした。

澪つくしの第61話「夏祭り」では、惣吉と一緒に夏祭りに参加したかをるが、また陸者と海者の喧嘩を目の当たりにして心を痛めるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月10日(月)放送
第11週第61話タイトル『夏祭り』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、6月10日に放送された朝ドラ「澪つくし」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし61話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

祭り太鼓が鳴り響き、勇壮な神輿がヨーイヨヤサとかつがれる。

娯楽の少ない、当時の夏祭りはにぎやかであった。

大正天皇の喪に服して一年間は祭りがなかったから、この年はいっそうの盛りあがりをみせた。

ふだんはきびしい男女の交際も、このときだけは大目に見られるので、若い連中は胸をときめかせて出かけるのである。

かをるも久々に惣吉と会うことができた。

婚約者といえども、ふたりだけで会うのは気がひける時代なのであった。

高神村の高福寺境内では、老若男女がこぞって集まり、盆踊りを楽しんでいた。

惣吉とかをるも輪の中に入って踊った。

喧嘩がはじまった。

「入兆」の広敷者ラッパの弥太郎と、吉武一家の漁師たちである。

惣吉が間へ入ってことなきを得たが、かをるは両者のあまりの仲の悪さに心を痛めた。

惣吉は、おれたちが結婚するのだからだんだん仲よくなるよと励ました。

ここまでが、6月10日に放送された朝ドラ「澪つくし」第61話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『最後の夜』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし61話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第11週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第11週目のネタバレあらすじ

61話放送の澪つくし第11週のあらすじは、勘当されて自由の身となったかをるが、惣吉と結婚して新婚生活をスタートさせるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第11週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。。