澪つくし第62話のネタバレあらすじ!独身最後の夜!古川親子は何を語るのか!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」11週目第62話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第61話「夏祭り」では、惣吉と一緒に夏祭りに参加したかをるが、また陸者と海者の喧嘩を目の当たりにして心を痛めるストーリーでした。

澪つくしの第62話「最後の夜」では、婚礼の前日の夜、かをるとるいは布団を並べ語り合うストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月11日(火)放送
第11週第62話タイトル『最後の夜』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第62話のネタバレあらすじ

ここからは、6月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第62話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし62話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昭和三年の暮れに新天皇即位の大礼が挙行されてすぐ、かをるはついに惣吉と結婚式を挙げた。

はじめて会ってからちょうど二年の月日がたっていた。

銚子を二分して張り合っている醤油屋と漁師の間の厚い壁を、ふたりの思いが突き崩したのである。

久兵衛はかをるを勘当しておきながら、陰では高神村村長の名取夫妻に後見人役を押しつけた。

また、るいはかをるにツ工をつけてやることにした。

ここまでが、6月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第62話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第63話のあらすじを知りたい方は、第63話『婚礼の日』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第62話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第62話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし62話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第11週目第62話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第11週目のネタバレあらすじ

62話放送の澪つくし第11週のあらすじは、勘当されて自由の身となったかをるが、惣吉と結婚して新婚生活をスタートさせるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第11週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。