澪つくし第63話のネタバレあらすじ!婚礼の日!久兵衛だけ姿なし!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」11週目第63話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第62話「最後の夜」では、婚礼の前日の夜、かをるとるいは布団を並べ語り合うストーリーでした。

澪つくしの第63話「婚礼の日」では、ついに婚礼の日がやってきて、かをるが吉武家に嫁ぐストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月12日(水)放送
第11週第63話タイトル『婚礼の日』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第63話のネタバレあらすじ

ここからは、6月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第63話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし63話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

婚礼の朝、花婿の惣吉と媒酌人夫妻ら七名がるいの家へやって来た。

型どおりの三三九度が終わると、花嫁をまじえて二時間ほどの酒盛りがあり、花嫁行列の出発となった。

るいひとりが涙をためて見送っていた。

一行は途中で氏神さまにお参りをして高神村へ入り、名取村長宅へ立ち寄った。

こうして親戚の家でひと休みするのを中宿といい、花嫁はここで白無垢に着替えるのである。

北風の吹く山道を越え外川の坂道にさしかかると、見物に律子と英一郎がいて声をかけた。

かをるは胸が熱くなった。

ふたりは電車で外川へ先回りしていたのだ。

本来ならば姉弟として婚礼に出てもらえるはずなのに申しわけないとかをるは思った。

ここまでが、6月12日に放送された朝ドラ「澪つくし」第63話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第64話のあらすじを知りたい方は、第64話『四回の披露宴』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第63話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第63話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし63話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第11週目第63話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第11週目のネタバレあらすじ

63話放送の澪つくし第11週のあらすじは、勘当されて自由の身となったかをるが、惣吉と結婚して新婚生活をスタートさせるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第11週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。