澪つくし第64話のネタバレあらすじ!披露宴が四回ある!?四日四晩を酔いつぶれるまで飲む!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」11週目第64話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第63話「婚礼の日」では、ついに婚礼の日がやってきて、かをるが吉武家に嫁ぐストーリーでした。

澪つくしの第64話「四回の披露宴」では、外川の漁師たちは披露宴を四日四晩続ける風習で、かをるがびっくりして疲れるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月13日(木)放送
第11週第64話タイトル『四回の披露宴』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第64話のネタバレあらすじ

ここからは、6月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第64話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし64話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

「質素倹約を旨とする醤油屋と違い、漁師の世界は万事派手である。

金があろうがなかろうが、冠婚葬祭となると大盤ぶるまいである。

第一夜は近親者と地元の有力者が招かれた。

嫁迎えはニワトリが鳴くまでと銚子ではいう。

ようやく披露宴が終わったとき、惣吉は前後不覚に酔いつぶれていた。

二日目の客は縁故者で、遠い親戚などがよばれたが花嫁側の出席者はなく、かをるはさすがに肩身の狭い思いをした。

三日目によばれたのは近所の人々である。

四日目は惣吉の友人関係が主であった。

いかにも外川の漁師らしく四日四晩を酔いつぶれるまで飲むという豪快な宴であった。

かをると惣吉がやっと結ばれたのは、五日目の夜明けである。

「船主の女房はたいへんだぞ。おめえは浜育ちじゃねえから人一倍苦労するかもしんねえ。だがおれのこの手につかまってれば大丈夫だ」

「私、惣吉さんのこの手が好きです。はじめて会ったときも、こうして私の指からトゲを抜いてくれましたね」

「漁師の手だぞ。いつも魚臭えぞ」

「私は漁師の女房です」

「そうだな。おめえは今日から漁師の女房だ」

ふたりはくちびるを合わせた。

惣吉の手がかをるを愛撫した。

かをるれた。

かをるを愛撫した。

かをるの瞳からとめどもなく涙が流れた。

ここまでが、6月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第64話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第65話のあらすじを知りたい方は、第65話『本心が聞きたい!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第64話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第64話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし64話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第11週目第64話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第11週目のネタバレあらすじ

64話放送の澪つくし第11週のあらすじは、勘当されて自由の身となったかをるが、惣吉と結婚して新婚生活をスタートさせるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第11週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。