澪つくし第65話のネタバレあらすじ!弥太郎がハマに夜這い!?ついに追い出された!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」11週目第65話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第64話「本心が聞きたい!」では、久兵衛から千代が死んだら本妻になりたいと思った気持ちがあるのかと聞かれ、考えたこともないとるいが答えるストーリーでした。

澪つくしの第65話「弥太郎の夜這い」では、早苗のところに夜這いにいった弥太郎が、みんなに見つかり入兆を追い出されるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年6月14日(金)放送
第11週第65話タイトル『弥太郎の夜這い』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第65話のネタバレあらすじ

ここからは、6月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第65話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし65話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 文吉をおぶって、船を見に行く
  • 律子が千代を見舞う
  • 古川家に新年の挨拶にいく
  • 弥太郎が間違ってハマに夜這いして追い出される

正月

昭和4年。

吉武かをる(沢口靖子)は、吉武家で正月を迎えていた。

吉武惣吉(川野太郎)が文吉をおぶって、皆で船を見に行く。

夏には、新しい船が来ると話し、文吉は笑顔を見せていた。

病院

その頃、病院では、律子が坂東千代(岩本多代)の見舞いにやってきていた。

正月らしく着物を着ていくと、坂東久兵衛(津川雅彦)がこしらえてくれたことを話す。

いつも何をしているのかと聞かれると、昼は店の手伝いで夜は小説を書いていると答えた。

挨拶

新年の挨拶に古川家を訪れたかをると惣吉。

古川るい(加賀まりこ)は、兄の家や、入兆、病院と結構忙しい正月を過ごしていたと話す。

そして、娘はいくつになっても気がかりなものだといい、たまには顔を見せて欲しいとお願いした。

了承すると、惣吉は入兆にも挨拶ができればと言葉にする。

るいは、時期をみて勘当を解けるときを待ちましょうと見守った。

入兆

広敷きでは、珍しく梅木健作(柴田恭兵)が職人たちと酒を飲んで、皆と歌っていた。

そこへ静かに入ってきた弥太郎(明石家さんま)は、気づかれないようにその輪に入る。

一方、若林ハマ(根岸季衣)は早苗の部屋にいた。

帰ってきた早苗にどこに行っていたのかと問い質す。

この頃、夜遊びしているのではないかと疑ったハマは、今日は元の部屋で寝るように命令した。

夜這い

騒いでいた職人たちもすっかり眠りについていた。

弥太郎は静かに起きて、広敷きの外に出る。

向かった先は早苗の部屋で、暗闇の中、布団の中に潜り込む。

しかし、寝ていたのはハマで、誰かに抱きつかれていると気づくと、大きな声で叫んだ。

そこへ刀を持って駆けつけた久兵衛。

夜這いしていた人物が弥太郎だと分かると、久兵衛は入兆から追い出した。

ここまでが、6月14日に放送された朝ドラ「澪つくし」第65話のあらすじのネタバレです。

弥太郎が追い出されましたが、あそこに行き着くんですよね、、、

澪つくし第66話のあらすじを知りたい方は、第66話『水橋に幻滅』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第65話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第65話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

若妻

今日のパワーワードはなんといっても「若妻」

ナレーションでしょっぱな「新婚1か月に満たない若妻である」ってそこ強調ですか?

「新婚1か月と満たないが、幸せであふれていた」とか、別の言い方なかったのだろうか。

偏見かもしれませんが、「若妻」というワードを聞くとどうもいやらしく感じてしまうんですよね。

私だけ?って思いましたが、SNSチェックしてみるとやっぱり皆さん「若妻」にくいついていましたw

そうですよね!そうですよね!皆さんと私は同じ考えだということが分かってホッとした65話でしたw

文吉

正月に文吉をおぶって船を観にいきました。

夏に新しい船が来ると話していましたが、これがフラグなんですよね。

あらすじのネタバレになりますが、文吉は新しい船を見る前に亡くなってしまいます。

その日が近いと思うと、涙涙でした。

子供扱い

今日は坂東家サイドもありましたね。

千代も家に帰れて、正月を祝う坂東家。

律子と久兵衛のやりとりは、いつのもことですが、英一郎も相も変わらず子ども扱いされていましたね。

英一郎の子ども扱いだけは、年月が経とうと一環して変わらないところが英一郎のかわいらしいところなんだと思います。

なんせ、かをるのことや律子のことであれば怒ったりしますが、自分のこととなると、ヘラヘラ笑ってまったく怒ることがない。

しかも、自分の性格や実力も分かっていて、試験もあきらめている。

親からしたら、そりゃがんばりが足りないからだと思われてもしょうがないですが、背伸びしてまでがんばる必要はないですよね。

自分の絵

久しぶりに律子の絵登場!

あの絵を買うために久兵衛を騙してお金もらっていましたが、結局あの絵は自分のお金からだしたのかな?

いくらか忘れたけど、親にだしてもらうほどの金額なので、結構なお金だと思うけど、へそくりでもあったのかしら?

退場!

そして、今日のメインイベントといえば、弥太郎の夜這いw

まさかまさかのハマに夜這いをかけてしまいましたが、ハマに夜這いって相当な覚悟ですよ?

久兵衛も人の話あまり聞かないでさっさと入兆を追い出しましたが、「夜這いをしくじったお前が悪い!」ってどういう理屈ですかw

しいていうなら、「夜這いをしくじったお前が悪い!」じゃなくて「夜這いしたお前が悪い!」でしょ、、、

退場した理由は、ジェームス三木さんを怒らしたからですかね?

澪つくしエピソードで、本番すっぽかしたり、自殺図って弥太郎殺させようとしたみたいなので、出番がどんどん減っていったのかもしれません。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第11週目第65話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第11週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第11週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第11週目のネタバレあらすじ

65話放送の澪つくし第11週のあらすじは、勘当されて自由の身となったかをるが、惣吉と結婚して新婚生活をスタートさせるストーリーとなっています

第11週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第11週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。