澪つくし第86話のネタバレあらすじ!保釈金の金策に走る

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」15週目第86話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第85話「村長がついに辞職」では、惣吉たちが取調べを受ける中、名取村長が辞職するストーリーでした。

澪つくしの第86話「保釈金の金策に走る」では、惣吉たちを保釈させるお金を用意するために、かをるが金策に走るストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年7月9日(火)放送
第15週第86話タイトル『保釈金の金策に走る』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第86話のネタバレあらすじ

ここからは、7月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第86話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし86話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 漁師たちが魚を運んでくる
  • 久兵衛が名取に問い詰める
  • かをるに顔向けできないと訴える
  • 惣吉たちの保釈に保釈金が必要だと話す
  • 保釈させるために金策に奔走する
  • 親友のユキの紹介で金貸しを紹介してもらう
  • 金を借りることができて吉武家族が感謝する

漁師たち

ある朝、馬場ツエ(鷲尾真知子)が漁師たちが逃げたと騒ぎ出す。

すると、外から漁師たちの意気揚々とした声が聞こえ出ると、大量の魚を運んでいた。

吉武善吉(安藤一夫)がどうしたのかと聞くと、弥太郎(明石家さんま)がよその船を手伝った労働の代わりに魚をもらってきたと説明した。

そして、みんなにうまい魚を食わせるために手伝ってきたと言うと、かをるは、みんなの家に鰯をわけるから来るようにと弥太郎に伝言をお願いした。

名取家

その頃、名取村長が辞職する話を聞いた坂東久兵衛(津川雅彦)は、名取家を訪れていた。

後ろめたいことがあったのかと聞くと、名取庄右衛門(内藤武敏)はそれを否定し、世間を騒がせた村長としての責任だと答える。

公金横領を厳しく問い詰めると、行政を円滑に進めるためには、役人を接待しないといけないと濁す。

それでも久兵衛が怒りが収まらないのは、他にあった。

それは、かをるに顔向けできないということだ。

久兵衛は、恩をあだで返すようなことをするなと叱りつけた経緯があり、もしも有罪になりにでもすれば、面目が立たないと訴えた。

保釈

それから数日後、吉武善吉(安藤一夫)が惣吉たちの釈放の話をしていた。

釈放といっても処分が決まるまでの保釈だが、それには保釈金がいるという。

吉武家の財政は、漁師家族の面倒で精一杯で、保釈金を払うだけの金がなかった。

吉武かをる(沢口靖子)は、 なんとしても保釈させたいと金策に歩いたが、どこも貸してくれない。

そこで頼ったのが、親友のユキだった。

ユキの紹介で、町の高利貸し真鍋にお金を用立ててほしいとお願いする。

かをるの話を聞いた真鍋は、快く金を貸してくれた。

吉武家

すぐに吉武家に戻り、保釈金のためのお金を善吉に渡す。

吉武とね(草笛光子)と善吉は、かをるに感謝を伝えた。

 

ここまでが、7月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第86話のあらすじのネタバレです。

ついに保釈の目処が立ちましたが、逆に村長は窮地に立たされるんですよね、、、

澪つくし第87話のあらすじを知りたい方は、第87話『村長が起訴される』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第86話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第86話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

たまにはいいところを見せる!

ツエが漁師たちが出て行ったと騒いでいたところに弥太郎たちが帰ってきました。

弥太郎の性格から言えば、盗んできたのかと心配するのは当たり前ですがw

しかし、実際には他の漁船の水揚げを手伝って、その日の日当の代わりに魚を大量にもらってきたというからびっくりです!

しかも、それを弥太郎が言うもんだから、最初は信じられませんよね。

でもそれが本当だと分かるとかをるも大喜び。

弥太郎も漁師たちもたまには良いことをしますよね!

ただ、そんな漁師たちががんばってとってきた魚を皆に分けるようてきぱき指示するかをるちゃんもステキでしたw

激おこプンプン丸

その一方、激おこプンプン丸な人が名取家に。

久兵衛がわざわざ出向いて、どうしてくれるんだ!ってキレてましたが、妹の名取ぎんも情けなさで泣きたいのを我慢してるって、兄妹そろってお互い面子を気にするタイプなんですね。

たしかに、あれほど名取を信じて肩を持ってあげていたのに、辞職されては、たまったもんじゃありません。

「辞職=やましいことがあった」と誰もが思っちゃいますもんね。

それだけじゃなくて、久兵衛にとっては、かをるに喧嘩までして自分が正しいと主張していたことが、崩れだし、顔向けできない自体になりました。

久兵衛は、めちゃくちゃ困っていましたが、第三者から観れば、娘と会ったときに、謝罪するのか、言い訳をいうのか、はまたは話題にすら出さないのか気になるところですw

夫のため

久兵衛はそんなことになっているとは露しらず、かをるは夫のために金策に走っていました。

職にもついていないかをる名義でお金を借りられるとは思っていないでしょうが、なかなかお金が借りられませんでしたね。

そんな時に頼りになるのがお友達です!

同級生の由岐の親戚が金貸しって設定は、出来すぎじゃない!?と思っていましたが、なんと久兵衛から車を買い取った真鍋ではないですか!

あの登場は、ここに繋がる伏線だったんですね。

まったく気づきませんでしたw

無事お金を借りられて、吉武家も大喜びしていましたが、かをるは鼻高々だったでしょうね。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第15週目第86話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第15週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第15週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第15週目のネタバレあらすじ

86話放送の澪つくし第15週のあらすじは、名取村長が辞職し起訴される中、久兵衛の後妻問題がくすぶり始めるストーリーとなっています

第15週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第15週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。