澪つくし第90話のネタバレあらすじ!後妻の噂

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」15週目第90話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第89話「ハマの息子が家出」では、ハマ宛に息子が家でしたという電報が届き、入兆で息子を保護するストーリーでした。

澪つくしの第90話「後妻の噂」では、弥太郎からハマが久兵衛の後妻になる噂を聞き、かをるが心配するストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年7月13日(土)放送
第15週第90話タイトル『後妻の噂』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第90話のネタバレあらすじ

ここからは、7月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第90話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし90話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • ハマが子供を入兆に連れてきたことを知る
  • 梅木がハマの子供の遊び相手になる
  • 英一郎が天然に拘る時代ではないと訴える
  • 律子が入兆に戻ってくる

後妻

年が開けた1月、名取宅襲撃の公判が行われた。

その公判の結果を、吉武家で待っていた吉武かをる(沢口靖子)の元へ、弥太郎がやってくる。

弥太郎(明石家さんま)は、ハマが子供を入兆に連れて来て坂東久兵衛(津川雅彦)の後妻になるという噂を外で聞いたと話す。

かをるは、考えられないと答えるが、内心ありえないことではないと心の中で思っていた。

入兆

その頃、梅木健作(柴田恭兵)が、ハマの息子・紀之の相手をしていた。

そこへ若林ハマ(根岸季衣)がやってきて、仕事の邪魔をして申し訳ないと謝る。

梅木は、自分が子供の頃に親をなくし、親戚中たらいまわしにされたことを話し、紀之のことが他人事とは思えなくてと答えた。

話し合い

一方、入兆の事務所では、生産過剰で大赤字が続いている状況を打開するべく従業員たちと話し合いをしていた。

坂東英一郎(鷲生功)は、天然に拘る必要はないと訴えるが、久兵衛は、自分の目の黒いうちは絶対に変えないと激怒する。

それでも時代は変わったんだと訴えるが、もうしばらくの辛抱だと受け入れなかった。

吉武家

ある日の夜、かをるは、吉武惣吉(川野太郎)にハマが子供を入兆に連れて来たことを伝える。

惣吉が真相を英一郎に聞いたらどうだと提案するが、父が誰を後妻にしようと自由だから聞く必要はないと答えた。

本心は、古川るい(加賀まりこ)と久兵衛が一緒になることを望んでいるんだろうと聞かれるが、それでも母は後妻になる気はないと話した。

帰省

そんな時、雪が降る中、坂東律子(桜田淳子)が入兆にもどってきた。

ちょうど遭遇した英一郎は、久兵衛の元へ駆け足で向かった。

 

ここまでが、7月13日に放送された朝ドラ「澪つくし」第90話のあらすじのネタバレです。

律子が戻ってきましたが、また問題が発生するんですよね、、、

澪つくし第91話のあらすじを知りたい方は、第91話『後妻になってほしい』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第90話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第90話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

弥太郎情報

弥太郎を通じて、入兆の情報を入手するかをる。

明石家さんまの出演回数を増やすために、入兆から外川に来させたと思っていましたが、情報収集役も担っていたんですね。

しかも、ハマが入兆の後妻に入るんじゃないかってどこからの情報ですかw

ハマの子供が入兆に来たことは事実ですが、そこから後妻に入ると連想させるのは、よく考えてみれば、そう思われてもしょうがないですよね。

なぜ今更子供を連れてくるって普通なりますし、それを許可できるのは久兵衛だけですから、そう噂になっても仕方ありません。

かをるはそんなわけないと言ってましたが、心の中ではありえないことではない!って信じていましたしw

梅木とできちゃう!?

そんな中、入兆では梅木となにやら怪しい関係になってきました。

梅木は子供好きなんだなと思っていましたが、まさか過去にたらいまわしになっていたとは!

自分と重なる部分もあって、ハマの息子と遊んでいましたが、それを見ていたハマは女の顔をしていましたよw

あれは完全に梅木に惚れかけていますね。

二人の時間が長くなればなるほど、ゴールインする可能性が高くなるので、今後の二人に目が離せません!

親子の亀裂

一方、入兆では、久兵衛と英一郎がお互いの意見で喧嘩していました。

天然に拘る必要はないと訴える英一郎の言い分もよく分かります。

こんな話、ドラマに限らず新しい時代の狭間でよく起こる現象ですよね。

今までと同じようにこだわり続けて成功した!という事例もあれば、こだわりを捨てられるずに失敗した!という事例もありますので、どちらがよいということはないですが、最終的には結果が答えですので、今のところどっちの選択がいいのかは分かりません。

ただ共通することは、入兆のことを考えているということです。

英一郎もこのままではつぶれると思って、天然に拘らず柔軟に対応したほうがいいと話しましたが、これも入兆を思ってのこと。

英一郎が家を出て行くなんてことにならなければいいなと思いますが、さてどうなることやら、、、

以上が、朝ドラ「澪つくし」第15週目第90話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第15週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第15週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第15週目のネタバレあらすじ

90話放送の澪つくし第15週のあらすじは、名取村長が辞職し起訴される中、久兵衛の後妻問題がくすぶり始めるストーリーとなっています

第15週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第15週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。