おちょやん第61話のネタバレあらすじ!一人暮らし

こちらでは、朝ドラ「おちょやん」13週目第61話のあらすじのネタバレや、おちょやんと実話の比較、感想をまとめています。

おちょやんの第60話「ヨシヲの過去」では、ヨシヲの放火を阻止して、過去の話を聞くストーリーでした。

おちょやんの第61話「一人暮らし」では、突然一人暮らしをはじめた一平へのお使いを頼まれ、千代が新居を訪れるストーリーです。

朝ドラ『おちょやん』
2021年3月1日(月)放送
第13週サブタイトル『一人やあれへん』

おちょやんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「おちょやん」を見逃した方は、「おちょやん(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『おちょやん』第61話のネタバレあらすじ

ここからは、3月1日に放送された朝ドラ「おちょやん」第61話のあらすじをまとめたネタバレです。

おちょやん61話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 一平が千代にプロポーズする
  • 劇団の仲間たちに謝罪する
  • 一平が一人暮らしを始める
  • ハナから一平のお使いを頼まれる
  • 一平の新居を訪れると部屋の中から女の声がした
  • 大山社長から二代目天海天海を襲名するよう言われる
  • 一平は二代目襲名を断る

プロポーズ

ヨシヲと別れた後、また独りになったと泣く竹井千代(杉咲花)

すると天海一平(成田凌)が独りじゃないと抱きしめる。

そして、突然、一緒にならないかとプロポーズしたのだ。

驚いた千代は、頭が混乱し、返事をすることができなかった。

謝罪

千代は、道頓堀で起こった放火騒ぎについて、弟のヨシヲたちがやったことだと、劇団の仲間たちに謝罪した。

また、一平に対しては、ヨシヲと別れた夜以来、気まずい思いを抱いていた。

一人暮らし

放火が騒動も収まり、またいつものように劇団として活躍する中、一平が突然岡安を出ていった。

話を聞くと、部屋を借りて一人で暮らし始めたというのだ。

お茶子たちは、一平にいい人ができたのではないかと噂をする。

お使い

ある日、岡安の岡田ハナ(宮田圭子)から一平へのお使いを頼まれる。

そして、一平が住む新居を訪れると、中には、鶴亀家庭劇の座員・石田香里(松本妃代)がいた。

千代は帰ろうとするが、そこへ天晴たちもやってきて引越し祝いの酒盛りを始める。

襲名

皆で騒いでいると、突然大山と熊田(西川忠志)がやってくる。

大山鶴蔵(中村鴈治郎)は一平に、二代目天海天海を襲名するよう伝えた。

しかし、一平はその申し出を受け入れずに、周囲の期待をよそに断ってしまったのだ

ここまでが、3月1日に放送された朝ドラ「おちょやん」第61話のあらすじのネタバレです。

襲名をお断りしましたが、これが鶴亀家庭劇の存続の危機になるんですよね、、、

おちょやん第62話のあらすじを知りたい方は、第62話『襲名お断り!』へ読み進めてください。

朝ドラ「おちょやん」第61話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「おちょやん」第61話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

プロポーズ

今日は、予想を大きく超える展開が開始1分でありました!!!!

それはなんといっても一平のプロポーズ!

そんなそぶりありました?

ちょっといきなりすぎてコイツまじこんな場所でいってるの?って少しだけ引いた自分がいましたw

千代もそんなに一平のこと思ってる感じのシーンってなかったと思うので、これきっかけに意識しはじめるんでしょうが、展開が急すぎてちょっとアバンこれまで長くしたのが原因じゃないの?って思いましたよ!

これまでは恋愛対象というよりは戦友って感じでしたが、この先二人が結婚してから甘甘な関係でいくのか、それともこれまでと変わらず、罵り合う感じでいくのかがちょっと気になるところです。

拒否!

そして、もうひとつの大きな出来事をいえば、大山が襲名を言いに来たことじゃなくて、一平の家に来たことw

これまで呼び出されてきたのに、今回は引っ越し祝いもかねて大山社長じきじきにやってきました。

私個人としては、襲名の話よりも大山社長がわざわざ一平のところにやってきたほうが大ニュースでしたけどねw

周りがめっちゃ喜ぶ中、それをバシっと断る展開にもっていきたかったのかは分かりませんが、襲名よりもインパクトがでかかったのが「大山社長、一平の家にくる」でした!

そもそも、一平そんなに襲名するほど活躍しましたか?

おそらく、これまでの話含めても鶴亀家庭劇できて、1年も経っていませんよね。

歌舞伎とは違いますが、感覚的には何年かやってやっと襲名という流れじゃないと、なんか襲名も貫禄がないというか、重みが伝わらないですよね。

以上が、朝ドラ「おちょやん」第13週目第61話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、おちょやん第13週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第13週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

おちょやん第13週目のネタバレあらすじ

61話放送のおちょやん第13週「一人やあれへん」のあらすじは、一平が二代目天海天海を襲名し、千代と結婚するストーリーとなっています

第13週のあらすじを一気に知りたい方は、おちょやんの第13週「一人やあれへん」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。