エール第97話のネタバレあらすじ!親友の姿!家もとられ、父親も死す!残されたのは!?

こちらでは、朝ドラ「エール」20週目第97話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第96話「ラ・ボエームのオーディション」では、音がはベルトーマスからラ・ボエームのオーディションを受けてみないかと勧められるストーリーでした。

エールの第97話「親友の姿」では、藤丸に連れられていったボロ小屋で変わり果てた久志と再会するストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年10月27日(火)放送
第20週サブタイトル『栄冠は君に輝く』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第97話のネタバレあらすじ

ここからは、10月27日に放送された朝ドラ「エール」第97話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール97話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 藤丸がやってきて、ある家に連れて行く
  • 男が酒の瓶を手に座っていた
  • 親友の変わり果てた姿に絶句する
  • 新聞社で開かれる歌詞の選考会に参加する
  • 推薦した「栄冠は君に輝く」に決定する
  • 歌ってほしい曲があるとお願いする
  • 関わるなと言われる

再会

「長崎の鐘」を書き上げて以降、古山裕一(窪田正孝)の元には、仕事が殺到していた。

そんなある日、コロンブスレコードで裕一と村野鉄男(中村蒼)が話をしていると、藤丸(井上希美)がやって来る。

久しぶりの再会に喜ぶと、鉄男が、藤丸の手に巻かれていた包帯が気になり、どうしたの?と聞いた。

すると、先ほどまで笑顔だった藤丸は、深刻そうな顔をして少し付き合ってほしいと話す。

友の姿

そして、藤丸につれられて向かった先は、ある小さなボロ家だった。

その家に入ると部屋の隅で、男が酒の瓶を手に座っている。

最初は誰か気づかなかったが、やっと佐藤久志(山崎育三郎)だと気づく二人。

親友の変わり果てた姿に絶句した。

古山家

彼とまともに話ができなかった三人は古山家にもどってきた。

藤丸の話では、戦後の農地改革で実家の土地や財産を失った挙句、父親も亡くなり、それからずっと酒と博打に明け暮れていたという。

そんな久志を半年ぐらい前に闇市で見つけ、今まで面倒見てきたということだった。

話してくれてありがとうと話す鉄男。

これからは自分たちが話してみると裕一は言った。

しかし、その日から、裕一と鉄男は、久志を気にかけて訪れるが、まともに話さえできない状態が続く。

全国高等学校野球選手権大会歌の作曲依頼

ある日、裕一は、大倉憲三(片桐仁)から依頼を受けていた全国高等学校野球選手権大会の歌詞選考会のため、大阪に向かった。

選考会ではいくつかの歌詞が候補に挙がっており、裕一はその中で「栄冠は君に輝く」に目をひく。

そして、裕一が推薦した「栄冠は君に輝く」に決まった。

歌ってほしい

東京に戻ると、裕一は曲を書き上げ、音に見せる。

すると古山音(二階堂ふみ)が「誰が歌うの?」と聞いてきて、久志はどうかな?と答えた。

きっかけが必要だといって、音もその言葉に納得していた。

翌日、久志のところへいき、歌ってほしい曲があるとお願いしにいく。

しかし、もう関わらないで欲しいといわれ、またしても門前払いを食らってしまった。

ここまでが、10月27日に放送された朝ドラ「エール」第97話のあらすじのネタバレです。

落ちるとこまで落ちた久志ですが、今度は行方不明になるんですよね、、、

エール第98話のあらすじを知りたい方は、第98話『久志失踪!?』へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール97話の実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

久志が戦後、酒に溺れていた話は実話か?

エールでは、久志が戦後、酒に溺れていましたが、これは実話です。

佐藤久志のモデルは、歌手の伊藤久男さんです。

伊藤久男さんは、戦時歌謡を多く歌った責任感から疎開先に引きこもり酒に溺れて、再起不能とも呼ばれていました。

ただ、父親の死が直接関係していたかまでは分かりませんが、この時期の酒が祟り人相が変わった、と伊藤久男さん本人が冗談めかして語っています。

朝ドラ「エール」第97話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第97話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

朝からタロット

今日はまた久々にミュージックティーチャーの登場でした!

しかもまたタロット占いで運勢みてもらうって、どんだけ心酔してるんですか。

どちらかといえば、このタロット占いが今後のフラグなんでしょうね。

次の仕事でやばいことが起こると占ったときは、劇的に復活しましたしw

プリンスのこと気にしているのもフラグの一つでしょー。

開始1分もたたないうちからの茶番劇に久々の朝ドラ「エール」って感じました。

ただ、御手洗の口髭には、まだ違和感を感じて馴染めません!

今日もロング

今日は「あれ?」と感じた事が一つありました。

何かいつもと違うと気づきませんでしたか?

それは、オープニングです!

なぜだか今日もロングバージョンのオープニングが流れていました。

オープニングの法則といえば、月曜日にロングバージョンを流して、火曜日から金曜日まではショートバージョンを流すのが通例でしたが、なぜだか今回は火曜日もロングバージョンでした。

これが何を意味するのは分かりませんでしたが、単なる尺合わせでロングにしたんでしょうか?

謎です。

久しぶり

久しぶりにコロンブスレコードがでてきました。

しかも、杉山さん、ディレクターに昇進とはなかなかキャリアウーマンだったんですね!

そしてまたまた久しぶりに登場した藤丸さん。

一度だけの出演かと思いきや、準レギュラー並みに出演していますよね。

しかも今回は久志の話なので、むしろレギュラーと言っていいほどの立ち位置です。

ただ、手の包帯をみたときは、もしかしてDVって思っちゃいました。

あの見せ方も隠していたというよりは、チラつかせていたといった表現があってそうで、「その手、どうしたの?」って、待っていた感じでしたよね。

闇落ち

実は、先週まで吟の夫・智彦が闇に落ちていくんじゃないかと予想していましたが、本当に闇堕ちは久志だったようですね。

あんなに飲んだくれになってると思いもしませんでした。

しかも、「どちらさん?」って、 すっとぼけた感じは昔と変わりませんでしたが、完全に酒に溺れている感じでしたね。

藤丸ちゃんの紐状態だけど、藤丸ちゃんもそんなにお金も稼げてないでしょうにかなり苦労していた様子。

元々、久志の実家は金持ちでしたが、戦争終了で財産没収されたのが一番痛いところだったのかもしれません。

農地改革で土地も失い、、お父さんも亡くしたら、ちょっと立ち直れないかも、、、

地獄に堕ちたプリンス。

立ち上がることができるのか!?

マージャン仲間

あとめちゃくちゃ気になったのが、マージャン仲間にも名前があったこと!

このあとどれぐらい出てくるのか分かりませんが、おそらく今回だけじゃないでしょうか。

役者さんも1回かぎりだから名前なんて無いだろうと思っていたら、名前あった!ってなっていなかったかが気になりましたw

ちなみに、役の名前は「犬井」「中村」「関」の3人です!

お互い名前を呼ぶことはありませんでしたので、字幕でしか確認できませんでしたが、名前もらえてよかったですね!

以上が、朝ドラ「エール」第20週目第97話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第20週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第20週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第20週目のネタバレあらすじ

97話放送のエール第20週「栄冠は君に輝く」のあらすじは、自分の選んだ道が父親を苦しめたという自責の念で歌えなくなった久志に『栄冠は君に輝く』を歌ってほしいとお願いするストーリーとなっています

第20週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第20週「栄冠は君に輝く」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。