エール第71話のネタバレあらすじ!露営の歌が大ヒット!久志の人気歌手の仲間入り!?

こちらでは、朝ドラ「エール」15週目第71話のあらすじのネタバレや、エールと実話の比較、感想をまとめています。

エールの第70話「五郎の行方」では、古山家を出て行った五郎を梅があちこち探し回って豊橋に帰るストーリーでした。

エールの第71話「露営の歌」では、裕一が新聞の公募で入選した「露営の歌」の歌詞を見て作曲し、久志が歌ってレコードにすると大ヒットになるストーリーです。

朝ドラ『エール』
2020年9月21日(月)放送
第15週サブタイトル『先生の歌』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第71話のネタバレあらすじ

ここからは、9月21日に放送された朝ドラ「エール」第71話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール71話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーです。

  • 日中戦争が勃発
  • 「進軍の歌」の歌詞を公募入選の記事を見つける
  • 「露営の歌」に曲をつける
  • 廿日市から作曲を依頼されると、その曲が「露営の歌」
  • 歌い手に久志が決定する
  • レコードを発売すると大ヒットとなる
  • 古山家に電話が敷かれる
  • 吟に電話して雑談する
  • 裕一が家族のためにオルガンを購入する
  • 音楽教室を開業したいと話す
  • 1年後、吟から話がしたいと連絡がある
  • 吟の夫・智彦も訪れ話があるという

進軍の歌

昭和12年。日中戦争が勃発。

古山裕一(窪田正孝)は、居間で新聞を見ているとたまたま公募で入選した「露営の歌」という歌詞を見つけた。

この歌は出征していく人のための歌で、新聞社が戦意高揚のために、これにあわせて「進軍の歌」の歌詞を公募していたのだ。

その歌詞に引き寄せられた裕一は、曲をつけてみることにした。

すると、その場で、あっという間に曲を書きあげてしまう。

そして、それを廿日市に見せようとコロンブスレコードに向かった。

コロンブスレコード

コロンブスレコードでは、廿日市誉(古田新太)と秘書の杉山あかね(加弥乃)が手元の歌詞の作曲家を誰にするか悩んでいた。

そこへ現れた裕一。

裕一を見ると、思い出したかのように廿日市が君でいいやとその歌詞の作曲を依頼した。

その歌詞を裕一に見せると、なんとそれは先ほど新聞でみた「露営の歌」だった。

すると先ほど完成させたばかりの楽譜を見せ、お互い驚く。

作曲はこれでも問題解決したが、次は歌い手をどうするか。

杉山に空いている歌手を聞くが、残っているのは研究生の佐藤久志(山崎育三郎)のみ。

今回のレコードがB面ということもあり、久志が抜擢されることになる。

電話

久志が歌った「露営の歌」が発売されると、瞬く間に人気となり、大ヒットとなる。

「露営の歌」は、国民の心をとらえて出征する兵士の見送りに歌われるようになった。

大ヒットしたこともあり、古山家では、廿日市の計らいで電話が惹かれることになった。

むろん、作曲をどんどんしてもらうために敷いたものだ。

古山音(二階堂ふみ)は、その電話で唯一掛けられる姉・関内吟(松井玲奈)に電話をしてみた。

吟は、裕一の名前が新聞にのり、身内に有名人がいることに世の中何が起きるか分からないと話す。

1年後

ある日、姉・吟から電話がかかってきた。

何でも裕一がいるときに古山家に伺いたいという。

数日後、古山夫婦が吟を出迎えると、その横には吟の夫・関内智彦(奥野瑛太)の姿が。

何でも智彦は裕一に話があってやってきたらしい。

ここまでが、9月21日に放送された朝ドラ「エール」第71話のあらすじのネタバレです。

めずらしいお客さんがやってきましたが、これが福島三羽ガラスの幕開けなんですよね、、、

エール第72話のあらすじを知りたい方は、第72話「『暁に祈る』の主題歌
」へ読み進めてください。

エールと実話の比較

こちらは、エール71話と実話の比較です。

全話の実話との比較については「朝ドラ『エール』は実話とどこまで同じ?史実から徹底比較」でまとめています。

裕一が「露営の歌」に作曲した話は実話か?

エールでは、裕一が「露営の歌」に作曲しましたが、これは実話です。

裕一のモデルは古関裕而さんで、古関裕而さんも「露営の歌」に曲をつけ、久志のモデル・伊藤久男さんらが歌っています。

エールでは、自宅で新聞を見て曲を作っていましたが、実話では、古関裕而さんは満州に旅行しており、日本に帰る途中会社から電報をもらい、門司で下船し、そこから特急列車で上京しています。

その特急列車の中で新聞に発表された「露営の歌」の詩に心動かされ、車中であっという間に作曲してしまいます。

そして、会社に立ち寄り、用件を聞くと、なんと「露営の歌」の作曲依頼だったのです。

古関裕而さんは、「それならもうできていますよ」と列車の中で作曲した楽譜を差し出したという逸話があります。

朝ドラ「エール」第71話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「エール」第71話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

戦争突入

昭和12年。

ついに日中戦争が始まりました。

いよいよいやな時代の幕開けなので、これまでのようなボケボケなシーンはそう多くないでしょう。

ナレーションで「最初のうちは国民の生活に影響はありませんでしたが、、、」っていうのが皆さん共通認識のフラグですね。

朝ドラではこの時代に入るときは一気に突入することが多いけど、あんだけ笑い取るシーンをふんだんに取り入れてたのに、ヘヴィな状況になるのはちょっとしんどい、、、

それにしてもいきなり話とびすぎでしょ!

展開早すぎ!

昭和12年になったと思ったらすぐに1年後!

展開早すぎない!?

「露営の歌」も久志がついに活躍するときだというのに、デビューの喜びもないし、売れっ子になった喜びもなし。

サクサクっと曲ができて、めちゃくちゃ売れて、それでいてあっさりってグルメですか!?

鉄男のおでん屋にもいかないほどの売れっ子なら喜びもひとしおでしょうに。

あの歌詞に作曲してもっていった話は実話ですが、もうちょっと前後のくだりが少しあってもよさそうなんだけど、早すぎにちょっと戸惑いますねw

カルピス

廿日市のお土産はカルピス!?

あの水玉模様の瓶はまさにカルピスですよね

しかもそのカルピスをお客さん出してなかった!?

お客さんからもらったお土産をその場で出すんですか?

まぁ、どうせなら今食べようってなるときも無きにしも非ずだけど、、、

電話

廿日市の計らいで自宅に電話をつけてもらった古山家。

今の時代でいえば、携帯電話を会社から支給されるようなものかな?

早速、私用で姉・吟に電話する音。

電話料金が会社持ちならどうなのってところですが、端に鏑木さんを呼び寄せるための布石なんじゃないかなと思うワンシーンでした。

以上が、朝ドラ「エール」第15週目第71話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第15週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第15週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

エール第15週目のネタバレあらすじ

71話放送のエール第15週「先生の歌」のあらすじは、鏑木夫妻から映画「暁に祈る」の主題歌の作曲を依頼された裕一が、作詞を鉄男に、歌を久志に指名し、福島三羽ガラスとして世に出るストーリーとなっています

第15週のあらすじを一気に知りたい方は、エールの第15週「先生の歌」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。