澪つくし第27話のネタバレあらすじ!手紙を使って律子を呼び出した小浜!愛の告白をする!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」5週目第27話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第26話「律子軟禁される!」では、律子は軟禁状態となるが、夜中抜け出し、逃げようとするも見つかり家の中に戻されてしまうストーリーでした。

澪つくしの第27話「律子に告白!?」では、戸に挟まっている手紙を見つけ、律子が指示された場所にいくと小浜が現れ、告白されるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月1日(水)放送
第5週第27話タイトル『律子に告白!?』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第27話のネタバレあらすじ

ここからは、5月1日に放送された朝ドラ「澪つくし」第27話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし27話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 律子が逃げようとしたきっかけを問われる
  • 「愛」と答えると、自分の手柄のためと勘ぐられる
  • その言葉に怒って、花嫁修業を拒否する
  • 戸の隙間に挟まっていた手紙に気づく
  • 久々に休みをもらい実家に帰る
  • 手紙に指定されていた倉庫に向かう
  • 小浜は、二人のことをばらしたのは自分だと告白する
  • どう自分を変えられるか聞かれ、軍人向きと答える

疑い

坂東律子(桜田淳子)の逃亡を阻止したかをるは、二人の恋愛に憧れていたが、結局親側についてしまい、自己矛盾に悩んでいた。

そんな時、若林ハマ(根岸季衣)から昨晩のことを問われる。

律子が逃げようとしたきっかけはどこにあったと思うかと質問されると、「愛のため」と答えたかをる。

ハマはその答えにあきれるが、かをるに隙があったからだという。

更に、勘ぐったように、わざと逃がして捕まえれば自分の手柄になると考えたからではないかと言われた。

その言葉に怒ったかをるは、花嫁修業を拒否したのだ。

手紙

逃走を図った律子は、外出することも禁じられ、暇を持て余していた。

風呂から上がり、自分の部屋に戻ろうとした時、戸の隙間に手紙が挟まっていることに気づく。

その手紙には、水橋のことで夜の12時に倉庫に来られたしと書かれていた。

律子はその手紙を破り捨て12時を待った。

休み

その夜、古川かをる(沢口靖子)は久々に休みをもらい、母の家に戻った。

入兆の話をしていると、るいが律子の件について触れた。

かをるが、相手が誰だろうと好きになったものはしょうがないと話すと、古川るい(加賀まりこ)は久兵衛に知れたら追い出されると釘を刺す。

倉庫

律子は12時に倉庫に向かった。

するとそこへ小浜敬助(村田雄浩)がやってくる。

小浜は、二人のことをばらしたのは自分だと告白した。

更に、水橋信吾(寺泉憲)を信用し、組合を作って入兆をひっくり返せば、律子との仲が縮まると信じていたという。

小浜は、彼女に思いを寄せていたのだ。

どうすれば身分違いの自分が変われるのか聞くと、自分のことは自分で考えなさいと突き放されるが、去り際に軍人なら自分次第でどこまでも偉くなれると助言した。

惣吉が会いたい

翌朝、かをるが入兆に戻ってくると、坂東英一郎(鷲生功)と鉢合わせして、突然、吉武惣吉(川野太郎)がかをるに会いたいと言付けされたという。

英一郎が返事をどうするかと聞くと、考えておく勿体つけた。

しかし、内心は胸がドキッとしていたのだ。

ここまでが、5月1日に放送された朝ドラ「澪つくし」第27話のあらすじのネタバレです。

考えとくっていってましたが、バレないようにどう休みをもらうかが問題なんですよね、、、

澪つくし第28話のあらすじを知りたい方は、第28話『借金の取立て』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第27話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第27話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

朝から修羅場

昨日に引き続き今日も朝から修羅場でした!

おいでおいでと優しそうなふりをして、最後はビシッと叩く!

まさにパワハラパパでしたねw

しかも結構な力で叩いてましたよ。

あんなの父親にされたら、マジでへこみます、、、

取調室

かをるが結果的に親側について、律子の逃亡を阻止しましたが、なぜかハマから取調べを受けることに。

しかも最初から悪いという前提で取り調べを受けている姿を見ると、痴漢の冤罪で取調べを受けた人たちのことを思い出しました。

だいたい、本人が逃げ出そうとしたのが一番悪いのに、何でかおるのせいが前提なのかが、全くわかりません。

ただひとつだけハマの味方をすれば、「愛のため」ってそこじゃない!と思ったところは同意しますw

あそこはさすがに笑いましたね!

ハマの質問の意図を大きく間違えるかおるのお花畑な頭の中には感服いたしましたw

久兵衛パパのパワハラとハマのモラハラ。

今日は二つのハラスメントを見れて、よかったわけではないけれども、よかったですw

手柄

かをるのお花畑な頭の中にもびっくりしましたが、ハマの思考回路も負けちゃいなかったですね。

まさかわざと逃して自分の手柄にするために企てていたんじゃないかという発想はまったく思いつきませんでした。

いかに、かをるのことが意地汚い人間だと思っているんでしょうね。

さすがに彼女もその言葉に「勉強はしたくありません!」と拒否しましたが、それは正解です。

本人もそんなことをまったく考えていなかったと思うので、そんなこと言われたらかなり心外だったはずです。

ハマは、結局律子可愛さで、かをるをいじめ続けるんでしょうね、、、

入浴シーン

外出禁止の律子のサービスシーンがありましたね。

あの入浴シーン必要ですか?

もしかして水戸黄門の由美かおるの入浴シーンに対抗したんじゃなかろうかと、ちょっとした疑いを感じましたが、全然勝ち目ありませんよw

密偵

梅木さん帰宅!

まさか東京に市場調査にいっていたとは、まさに密偵!

東京でも労働組合が結成されているという風潮が、かなり進んでいると報告しましたが、高品さんが「うちは大丈夫」って、これはフラグですか?

「うちは大丈夫」という台詞のフラグは、もちろん没落フラグ。

この先、入兆は、もしかしたら潰れてしまうかもしれませんね。

そうなると路頭に迷う坂東家がどうなるのか、それはそれで気になります。

以上が、朝ドラ「澪つくし」第5週目第27話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第5週目のネタバレあらすじ

27話放送の澪つくし第5週のあらすじは、二人の仲が久兵衛にばれてしまい、水橋は入兆から追放し、律子は軟禁され、一度逃亡を図るが見つかり、おとなしく家の中で過ごすストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第5週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。