澪つくし第29話のネタバレあらすじ!かをるさんだけが頼り!千代から律子のことをお願いされる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」5週目第29話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第28話「借金の取立て」では、千円を前借に入兆にいった清次が、久兵衛から借金を取り立てたら貸すと条件をつけ、弥太郎を引き連れて取り立てに行くストーリーでした。

澪つくしの第29話「かをるさんだけが頼り!」では、千代がかをるを呼んで、久兵衛と律子どちらとも血がつながっているのはあなただけと律子のことをお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月3日(金)放送
第5週第29話タイトル『かをるさんだけが頼り!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第29話のネタバレあらすじ

ここからは、5月3日に放送された朝ドラ「澪つくし」第29話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし29話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 警察に突き出された清次と弥太郎
  • 入兆から500円、妹るいから500円用立ててもらう
  • 千代から律子の力になってほしいとお願いされる
  • 芸術家協会メンバーが久兵衛のもとにやってくる
  • 銚子芸術家協会の出資をお願いするが、断られる
  • 千代に呼ばれたときの話を聞かれる
  • どんな性格なのか教えてほしいと言われる

警察

借金の取立てにいった古川清次(寺田農)弥太郎(明石家さんま)は、用心棒に袋叩きされた挙句、警察に突き出され、留置場に放り込まれていた。

二人を引き取りに向かった坂東久兵衛(津川雅彦)は、警察から責任を追求される。

入兆に戻ると騒動を起こしたこともあり、仕方なく、清次に500円だけお金を貸した。

残りの500円は、妹の古川るい(加賀まりこ)に用立ててもらい、なんとかその場を凌ぐ清次だった。

千代のお願い

ある日、かをるは坂東千代(岩本多代)から呼び出される。

千代から娘が世話になっていると改めてお礼を言われると、恐縮してしまうかをる。

千代は律子のことが気がかりだったのだ。

古川かをる(沢口靖子)は律子のことを尊敬しており、本当は優しさや思いやりがある女性だと話す。

本当の律子を理解してくれているかをるに、千代は、どうか力になってやってほしいと、お願いした。

芸術家協会の発足

その日、画家の沖田周三、文学家の河原畑仁(石丸謙二郎)、ヴァイオリニストの宍戸の三名が、久兵衛のもとにやってきた。

世間話をしていると、沖田が東京から戻ってきた律子の話に触れ、モデルをお願いしたいので是非紹介してほしいと願い出た。

久兵衛から呼んでくるよう言われたかをるは、探しにいく。

かをるが席を立つと、沖田は改まって話をし始めた。

彼らの目的は、新たに銚子芸術家協会を発足するための出資の依頼だったのだが、不景気で出資できるだけの金はないと久兵衛は断った。

そのころ、外出の自由を奪われた坂東律子(桜田淳子)は、庭でネコと戯れていた。

かをるが律子を見つけ声をかけると、「私の性格を分析してくれたそうね」と言ってきた。

それは、千代に呼ばれたときの話である。

どんな性格なのか教えてほしいといわれ、困惑するかをる。

ここまでが、5月3日に放送された朝ドラ「澪つくし」第29話のあらすじのネタバレです。

千代に律子のことを託されましたが、千代の身があぶなくなるんですよね、、、

澪つくし第30話のあらすじを知りたい方は、第30話『十八日の約束』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第29話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第29話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

なんだかんだ

借金の取り立てには失敗した清次でしたが、なんだかんだで入兆から500円、妹のるいから500円を用立てしてもらって、なんとかその場を凌ぐことができましたね。

結局一番損をしたというか、めんどくさいのことになったのは、借金取立ての言いだしっぺ久兵衛でした。

本人としたら、自分が煩わしいことしなくても、借金が返ってきたら万々歳というところだったんでしょうが、警察に呼び出されるわ、結局お金を貸すことになるわで、一番損をしたような感じになりました。

まあ元々の原因は、清次が金の無心にきたということなんですけどw

見抜いとる!

千代に呼び出されたかをる。

律子のことをお願いされましたが、「あんたそこまで見抜いとるんか!」って驚いていましたね。

私もそこまで見抜いているのかと驚いている一方で、本当にあの子はそういう子なの?と疑問に感じました。

これまでの行動を見てみるとそんな感じしていませんが、むしろかをるは、かなりいじめられていたような気がしますw

芸術家

今夕方に朝ドラ「純情きらり」をやっていますが、画家の沖田たちとは全然違いますよね。

金持ちに鐘の無心に来るのが当時としては一般的だったのか、それとも金がなくても一生懸命絵を描くのが当時の姿だったのか、どっちが本当なのでしょうか?

ちょうど今放送されている話が、東京で画家たちがメンバー募ってなにかやろうとしている感じでしたが、パトロンいないし、警察には目をつけられるし、肩身の狭い思いをしながら絵を描いています。

澪つくしの 沖田たちはの意気揚々としている姿とはまったく逆の姿なので、なんだか違和感を覚えましたね。

竜月

それと断った理由の1つとして、三隅照子が経営するカフェー 「竜月」に足を運んでること言ってましたね。

まあ他人の金で飲み食いする姿をよく思う方は少ないでしょうが、それ以上に今回問題となった、照子が経営するカフェー 「竜月」に自分の金を落としていることが我慢ならなかったんでしょうね。

言葉は悪いですが、飼い犬にかまれたといった感じでしょうかw

チクられていた

律子を呼びにいったかをる。

早速、千代からあの時の話をチクられていましたねw

千代としては、あまりの嬉しさで律子に話したのかもしれませんが、彼女の性格からそんな話をさせたら、いじめたくなるようなサディスティックな感情が生まれたんじゃないかなと思ってしまいます。

案の定、どんな性格なのか教えてほしいと言われて困っていましたが、本当に困ったちゃんの長女です。 

以上が、朝ドラ「澪つくし」第5週目第29話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第5週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第5週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第5週目のネタバレあらすじ

29話放送の澪つくし第5週のあらすじは、律子たちの仲が久兵衛にばれてしまい、水橋は入兆から追放し、律子は軟禁され、一度逃亡を図るが見つかり、おとなしく家の中で過ごすストーリーとなっています

第5週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第5週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。