澪つくし第31話のネタバレあらすじ!かをる行けません!千代が血を吐き、惣吉に知らせる方法なし!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第31話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第30話「十八日の約束」では、十八日に惣吉と会う約束をしていたかをるが出かけようとすると、千代が血を吐いて家中混乱するストーリーでした。

澪つくしの第31話「かをる行けません!」では、家中千代の看病で出かけることができなくなったかをるは、惣吉に理由を知らせることもできず泣くストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月6日(月)放送
第6週第31話タイトル『かをる行けません!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第31話のネタバレあらすじ

ここからは、5月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第31話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし31話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • でかけようとしたらツエの叫び声が聞こえる
  • 奥座敷にいくと千代が血を吐いていた
  • かかりつけの医者を呼ぶと入院を勧められる
  • 約束の時間になったが、いくことができない
  • 英一郎も戻ってきて、母を見守る
  • 英一郎から犬吠埼に行ったほうがいいといわれるが、断る
  • 惣吉は長い時間待ったが、現れず帰ってしまった
  • その夜、涙を流す

血を吐く

惣吉との約束の日。

靴を履き、律子から借りたハンドバッグをかかえ出かけようとしたとき、馬場ツエ(鷲尾真知子)の叫ぶ声が入兆中に響き渡った。

ツエの叫びを聞いた古川かをる(沢口靖子)は、靴を脱ぎ捨てて、奥座敷に向かう。

するとツエが廊下で泣いており、千代が血を吐いたという。

奥座敷に入ると千代が血を吐いており、坂東久兵衛(津川雅彦)もやってきて、声をかけるが返事が返ってこなかった。

すぐにかかりつけの医者に看てもらい、注射を打ってもらう。

千代は小康状態を取り戻したものの予断を許さない状況で、医者からは入院を勧められた。

約束の時間

せっかくのお出かけができなくなったと心配するツエに、しょうがないと答えたかをる。

時計を見ると十二時になっており、惣吉がたとえ待っていたとしてもいける状態ではない。

せめていけない理由を知らせる方法はないものかと頭をめぐらせるがいい方法も思いつかなかった。

目を覚ます

坂東英一郎(鷲生功)は学校から呼び戻され、奥座敷では、坂東律子(桜田淳子)と久兵衛と一緒に、千代を見守っていた。

すると、坂東千代(岩本多代)が目を覚まし、待機してもらっている医者を呼びに行く。

するとそこには、医者に食事を用意していたかをるがいた。

理由を説明すると、犬吠埼に行ったほうがいいと促されるも、そういうわけにはいかないと断る。

惣吉には合わせる顔がなく、これは運命なんだろうと、かをるは悟った。

二人

吉武惣吉(川野太郎)も首を長くして待っていたが、結局現れず、家に帰っていった。

その夜かをるは、部屋で一人泣いていた。

惣吉に会ったら、話そうと思っていたことが涙のようにあふれ出て、類をぬらすのであった。

ここまでが、5月6日に放送された朝ドラ「澪つくし」第31話のあらすじのネタバレです。

運の悪いことに会えませんでしたが、今度は音信不通になるんですよね、、、

澪つくし第32話のあらすじを知りたい方は、第32話『千代入院する』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第31話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第31話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

バッドタイミング

まさかのバッドタイミング!

嬉しい出来事やヒロインが夢が叶おうとする時には、必ず問題が発生するのはドラマのあるあるです。

まさかそれに千代が使われるとは、なんともいたたまれないですよね。

それにしても、ツエはうるさすぎます!

あんなんで腰を抜かしていては、女中注として務まるのでしょうか?

もしも古川家でるいが倒れていたら、あなた一人が対応しないといけないんですよ?

シャキッとしなさいいシャキッとw

それと、かおるの後に素早くやってきた久兵衛。

娘を投げ飛ばしていましたが、かをるちょっとびっくりしたんじゃないでしょうか?

確かに妻が倒れてるという一大事ですが、一応娘がそばで見ていたんですよ。

しかもあんなに病人ゆらしたら逆に危ないでしょうに。

なにはともあれ、千代の容態がまた悪くなってきたので、将来見える不幸がいたたまれません。

かかりつけの医者

当時は、かかりつけの医者を呼んで、診てもらっていたんでしょうね。

昔のドラマではよくあるシーンですが、芸能人の方が亡くなった時も、医者に自宅で診てもらったというような話を聞くので、いまでも自宅まで来てくれるかかりつけの医者はいるんでしょうけれども、家の中でご飯を食べている医者を見たのは初めてです!

おそらく目が覚めるまで待ってくれと言われ、その後夕食時だったのでご飯を出したというような話なんでしょうけれども、それにしてはおかずあまりなかったですねw

しかもちょうど食べようとした時に、千代が目を覚ましたので、食べ損でした。

惣吉待ちぼうけ

ちょっとお洒落に着飾った惣吉さん。

完全に待ちぼうけをくらいましたね。

あれだけ長い時間待っても来ないなら、何か事情があると思うのが普通じゃないでしょうか?

入兆の娘ということも知っているので、入兆に向かえばよかったのにと思いましたが、もしもすれ違ったら最後ですよね。

なんせ、携帯電話がない時代ですので、ほいほいすぐに連絡がつく時代じゃありませんから。

私も携帯電話がない時代を過ごしていましたが、子供の頃どうやって待ち合わせして遊んでいたのか、もしもこなかった場合どうしていたのか、すっかり忘れましたw

便利になると、昔の苦労をすぐ忘れてしまいますね、、、

結局待つだけ待った惣吉さんは、すたこらさっさと帰っていっちゃいました。

もしかして、怒ったのかな?

今後どのように二人が再び会うのか楽しみです!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第31話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

31話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。