澪つくし第32話のネタバレあらすじ!入院することになった千代!看病をまた古川るいにお願いする!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第32話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第31話「かをる行けません!」では、家中千代の看病で出かけることができなくなったかをるは、惣吉に理由を知らせることもできず泣くストーリーでした。

澪つくしの第32話「千代入院する」では、血を吐いた千代は病院に入院することになり、またるいに看病をお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月7日(火)放送
第6週第32話タイトル『千代入院する』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第32話のネタバレあらすじ

ここからは、5月7日に放送された朝ドラ「澪つくし」第32話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし32話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

奥さまは町立病院に入院し、るいがつき添って看護をすることになった。

妾が正妻の世話をするのも妙な話だが、千代のたっての希望である。

あるいは久兵衛にるいを近づけまいとする微妙な対抗意識かもしれない。

かをるは惣吉に手紙を書いた。

奥さまが倒れたために犬吠埼へ行けなかったこと、せっかくの逢瀬をフイにしたのがどんなに残念かということ、心からおわびしたいということなど、書いているうちかをるの胸には、また惣吉への思いがこみあげてくるのであった。

英一郎の情報によれば、あの日惣吉は犬吠埼で暗くなるまで待っていたという。

かをるはあらためてやりきれない気持だった。

いったいどうやってその時間を償えばいいのだろう。

かをるは惣吉からの返事を心待ちにしていた。

しかし三日たっても四日たっても手紙はこなかった。

惣吉は怒っているにちがいない。

かをるは郵便受けを見るたびに落胆した。

ここまでが、5月7日に放送された朝ドラ「澪つくし」第32話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第33話のあらすじを知りたい方は、第33話『魔性の女』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第32話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第32話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし32話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第32話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

32話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。