澪つくし第33話のネタバレあらすじ!魔性の女!なぜ律子だけこんなにモテるの!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第33話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第32話「千代入院する」では、血を吐いた千代は病院に入院することになり、またるいに看病をお願いするストーリーでした。

澪つくしの第33話「魔性の女」では、律子にはラブレターが届いたり、小浜に歩み寄られたりと、かをるが魔性のようなものを感じるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月8日(水)放送
第6週第33話タイトル『魔性の女』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第33話のネタバレあらすじ

ここからは、5月8日に放送された朝ドラ「澪つくし」第33話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし33話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

皮肉なことに律子のところへは、地元の文学青年河原畑仁から、熱烈なラブレターがきていた。

律子はそれをかをるに見せたが、読む気にはなれなかった。

心をこめて書いたであろう恋文を、軽々しく第三者に見せるのは信義にもとる行為である。

もし惣吉に出した手紙がこんなふうに扱われたら、かをるは死にたくなるだろうと思った。

かをるは広敷の小浜敬助に呼びとめられ、律子への伝言を頼まれた。

自分は立派な軍人になる決心をしたというのである。

小浜は貧農の出身で、水橋を追い出すきっかけをつくった男である。

律子が笑いながらいった。

「小浜は私にいい寄ったことがあるのよ」

水橋に洗脳されて、身分違いでも結婚できるといわれた小浜は、本気で律子の愛を求めたらしい。

律子は軍人になって出世すれば名門も旧家もないと教えたのである。

律子には男をとりこにしてしまうなにかがあるとかをるは思った。

河原畑といい小浜といい、かすみ網に引っかかった哀れな小鳥のように見える。

律子自身の心はどこにあるのだろう。

水橋のことは忘れてしまったのだろうか。

それにくらべて自分の恋は、なんと幼く頼りないことだろう。

ここまでが、5月8日に放送された朝ドラ「澪つくし」第33話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第34話のあらすじを知りたい方は、第34話『後妻にるいだけは嫌!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第33話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第33話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし33話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第33話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

33話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。