澪つくし第34話のネタバレあらすじ!後妻にるいだけは嫌!先に死んだほうが負けや!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第34話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第33話「魔性の女」では、律子にはラブレターが届いたり、小浜に歩み寄られたりと、かをるが魔性のようなものを感じるストーリーでした。

澪つくしの第34話「後妻にるいだけは嫌!」では、千代の見舞いにきた久兵衛に、後妻についてどう考えているのか尋ね、るいとだけは再婚しないでほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月9日(木)放送
第6週第34話タイトル『後妻にるいだけは嫌!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第34話のネタバレあらすじ

ここからは、5月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第34話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし34話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

千代の見舞いにきた久兵衛。

千代から後妻についてどう考えているのか尋ねられた。

久兵衛は再婚は考えたことがないと話す。

千代は、再婚するなら知らない人にしてほしい。

るいとだけは再婚しないでほしいとお願いした。

そこへるいがやってきて、夫婦仲を見せ付けた。

かをるは千代紙でツルを折った。

犬吠埼で移吉に会いそこなった日から、一日一羽ずつ折った。

惣吉への思いをこめて折ったつもりだが、ツルがふえるたびに惣吉が遠のいていく気がするのは皮肉であった。

ここまでが、5月9日に放送された朝ドラ「澪つくし」第34話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第35話のあらすじを知りたい方は、第35話『惣吉の見合い話』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第34話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第34話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

澪つくし34話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第34話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

34話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。