澪つくし第35話のネタバレあらすじ!惣吉が見合いした!?かなわぬ恋に風が吹き抜ける!

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第35話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第34話「後妻にるいだけは嫌!」では、千代の見舞いにきた久兵衛に、後妻についてどう考えているのか尋ね、るいとだけは再婚しないでほしいとお願いするストーリーでした。

澪つくしの第35話「惣吉の見合い話」では、英一郎から惣吉が地主の娘と見合いしたことを知らせれたかをるが落ち込むストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月10日(金)放送
第6週第35話タイトル『惣吉の見合い話』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第35話のネタバレあらすじ

ここからは、5月10日に放送された朝ドラ「澪つくし」第35話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし35話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 英一郎から惣吉の見合い話を聞かされる
  • 足抜きした女郎を探しに松岸遊郭の男たちが乗り込んでくる
  • 足抜きした女が逃げるが捕まる
  • かをるが助けようとするが、捕まり梅木が助ける
  • 女郎の話をすると律子が同調する
  • 銚子に大漁旗を作っているところがないか聞く
  • 明日連れて行ってほしいとお願いされる

惣吉の見合い話

坂東英一郎(鷲生功)が、学校から戻ってきた。

足にマメができたといい、古川かをる(沢口靖子)が足に薬をつける。

薬を塗り終わると英一郎は、吉武善吉(安藤一夫)から聞いた話で、吉武惣吉(川野太郎)が見合いをしたと伝えた。

その話を聞いて部屋に戻ると、もしかしたら犬吠埼に自分を呼び出したのは、別れを告げるためだったのではないかと疑心暗鬼になっていた。

そんなこととも知らずに、手紙を出した自分を、哀れと思うより滑稽に見えるかをるだった。

女郎

ある日、入兆に、松岸遊郭の男たちが乗り込んできた。

どうやら、足抜きした女郎が入兆にいないか確認にきたらしい。

神山平六(牟田悌三)は、仕事が終わるまで待つよう伝えると、男たちは入兆から出て行いった。

かをるは、そのことで心配していると、足抜きした女が入兆から逃げようとして、あとを追う。

運悪く男たちに見つかり、かをるはその女を逃がそうと男を引っ張るが、逆に刃物を突きつけられ捕まってしまった。

それを見た手代の梅木健作(柴田恭兵)が、かをるを助けるが、刃物で刺され、手から血が流れる。

梅木の手当てをしていると、逃げた女郎の話を神山がし始めた。

職人が身から出た錆だと話すと、かをるは、やりたくてやっているのではなく、お金で体を縛られているのだと訴えた。

工場見学

その話を刺繍をしている坂東律子(桜田淳子)に話すと、彼女も同調した。

更に、強制売春とピンハネが問題だといい、労働者のピンハネをしているのは、父も同様だと皮肉った。

刺繍もひと段落すると律子が、銚子に大漁旗を作っているところがないか、かをるに聞いてきた。

「ある」とかをるが答えると、律子が明日連れて行って欲しいとお願いする。 

かをるは、大漁旗を作っている工場は外川にあり、もしかしたら惣吉にあえるかもしれないと思うと、胸が熱くなった。

今の心境では一生近づきたくないところだったが、今すぐにでも飛んで行きたいところでもある。

そう考えると、自分で自分がわからなくなる、かをるだった。

ここまでが、5月10日に放送された朝ドラ「澪つくし」第35話のあらすじのネタバレです。

澪つくし第36話のあらすじを知りたい方は、第36話『大漁旗を見たい!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第35話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第35話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

疑心暗鬼

英一郎から惣吉の見合い話を聞かされたかをる。

その話を聞いて、もしかしたら犬吠埼に自分を呼び出したのは、別れを告げるためだったのではないかと疑心暗鬼になっていたって、どんだけ疑心暗鬼になったんですかw

わざわざ別れを告げるために呼び出したりしますか?

そもそもまだいい仲に発展していませんでしたし、会う機会自体あんまりないのに、それはあまり先読みしすぎですよ。

まぁ、たしかに本当にそうだったとしたら、手紙を出したことは、滑稽に見えますよね。

自分は相手を想っていたのに、相手はそんなことはなく他の人と結婚しようとしていたんですから。

少なからず自分にわざわざ会いたいと言ってきたからには、自分に興味があると思うのも当然のことですが、自分を諦めて他の人と見合いをしたと思うのが普通ではないでしょうか。

そういう意味では、かおりちゃんはまだまだ子供というか純粋ですねw

女郎

入兆に足抜きした女が女郎として紛れ込んでいましたが、そろそろ雇う時に身元確認をしないのでしょうか?

足抜きしたということは、家も出てきたんじゃないかと思いますが、新しい家を借りてから入兆に面接に行ったということなのかな?

それとも弥太郎みたいに「お控えなすって~」で乗り込んだとかw

結局逃げた女郎がどうなったのかまでは描かれませんでしたが、結構気になるところです。

それと、かをるが男に捕まったときに、梅木が助けるシーンかっこよかったですよね。

さすが男・梅木って感じでした。

あれはやっぱり、かをるに「ほの字」なので、いいとこ見せたかったのもあるかもしれませんが、どちらかといえばかをるが自力で逃げたのが助かった一番のポイントのような気がしますw

工場見学

まさかの工場に連れてってとナイスパスをする律子。

この先どうやって惣吉と再会するあらすじになるのか気になっていましたが、まさかの大漁旗工場見学w

展開が早すぎませんか?

予想していたのは、何ヶ月も会わなくて、ある日ばったり会うようなあらすじを考えていたのですが、いきなり明日外川にいくということは、明日絶対会うパターンですよね。

大漁旗見に行って何もなかったら、何のためにこの話を持ってきたのか分かりませんし、明日は絶対惣吉と再会すると見たw 

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第35話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

35話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。