澪つくし第36話のネタバレあらすじ!大漁旗を見に外川へ!偶然善吉と出会い惣吉を連れてくる!?

こちらでは、朝ドラ「澪つくし」6週目第36話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

澪つくしの第35話「惣吉の見合い話」では、英一郎から惣吉が地主の娘と見合いしたことを知らせれたかをるが落ち込むストーリーでした。

澪つくしの第36話「大漁旗を見たい!」では、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然善吉と出会い惣吉を連れてくるストーリーとなっています。

朝ドラ『澪つくし』
1985年5月11日(土)放送
第6週第36話タイトル『大漁旗を見たい!』

澪つくしの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「澪つくし」を見逃した方は、「澪つくしSP(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、総集編でまとめて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『澪つくし』第36話のネタバレあらすじ

ここからは、5月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第36話のあらすじをまとめたネタバレです。

澪つくし36話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 合田醤油からクレームが入る
  • 律子たちが出かけようと入り口で鉢会う
  • 水橋は合田醤油に潜り込んでいる話を耳にする
  • 外川へ行く前に、千代の病院に立ち寄る
  • 律子からトゲのある言葉を言われる
  • 大漁旗の工場にいくと、偶然善吉と遭遇する
  • 惣吉を連れてくるといって出て行く
  • 思わず外にでると、惣吉の姿が見えた

水橋の消息

ある日、同業者の合田醤油から使者が入兆にやってきた。

坂東久兵衛(津川雅彦)が応対し話を聞くと、合田醤油の船に入兆の職にが乱暴を働いたという。

相手の言い分を一通り聞くと、梅木健作(柴田恭兵)に事実を確認するよう指示した。

するとそこへちょうど出かけをしていた律子とかをるに出くわす。

律子たちが行こうとすると、合田醤油の使者が、水橋信吾(寺泉憲)の話をし始める。

なんでも、水橋は合田醤油に潜り込んで、労働組合の旗振りをしているというのだ。

それを聞いた律子は足を止める。

思わぬところで水橋の消息が分かったが、律子は何も言わず歩き始めた。

病院

律子とかをるは、大漁旗を作っている工場に行く前に、千代が入院している病院に立ち寄った。

坂東律子(桜田淳子)は千代に、早く元気にならないと後釜が狙っていると声をかける。

坂東千代(岩本多代)は気にもしない様子で、そんな人いるのか?と質問した。

古川かをる(沢口靖子)は、律子の言葉にトゲを感じていた。

後釜を狙っているとは、もちろん、母・るいのことである。

席を外し、古川るい(加賀まりこ)に話しかけると気にしていない様子だった。

工場

病院を後にした二人は、外川へ向かった。

外川駅を降りると、かをるは、いつどこで惣吉に出会うかと思うと、落ち着いていられなかった。

工場につくと、職人が、大漁旗はご祝儀に使うものだと説明する。

すると、そこへ偶然にも漁労長の船村と善吉がやってきた。

思わず声をかけると、吉武善吉(安藤一夫)もかをるに驚く。

お互い軽く挨拶を交わすと、善吉は惣吉を連れてくるという。

かをるは、急に逃げ出したい気持ちになった。

惣吉は突然やってきた自分を迷惑だと思わないだろうかと頭の中で悩み始める。

しかし、そう考えていると迷いが消えて、会いたいという気持ちが強くなった。

かをるは、いてもたってもいられて表に出た。

道端に出て右を振り向くと、そこには吉武惣吉(川野太郎)と善吉がこちらに向かっていた。

かをるは、惣吉の姿に思わず涙を浮かべる。

ここまでが、5月11日に放送された朝ドラ「澪つくし」第36話のあらすじのネタバレです。

偶然にも再会しましたが、お見合いの真相を聞いてしまうんですよね、、、

澪つくし第37話のあらすじを知りたい方は、第37話『妹にしてほしい!』へ読み進めてください。

朝ドラ「澪つくし」第36話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「澪つくし」第36話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

クレ-ム

同業者の合田醤油からクレームがきた入兆。

話を聞いていると、どちらにも非がありそうな感じがしましたが、久兵衛が感情的にならなかったのがちょっと意外でした。

どちらに問題があるのかということを、まずは事実確認をしてからその後の話にしようというのは、正しい判断です。

そりゃそうですよね。

相手から一方的にクレームを言われて、何の証拠もないのに、事実をちゃんと確認してからでないと返事が出来ませんもんね。

そしてその役を担うのが、我らが梅木さん!

まるで水戸黄門の助さん格さんのような感じで、頼もしい限りです。

梅木さんは、密偵に会うんじゃないのかな?

東京に行っていましたしw

まぁ、合田醤油からクレームが本題ではなく、 水橋が合田醤油に潜り込んで、労働組合の旗振りをしているという情報を律子に伝えるのが、目的のあらすじだと思うので、その後、合田醤油からのクレームの件は、特にでてこないんじゃないかなと勝手に思っています。

もしも出てきたとしても、おそらく水橋がらみになると思うので、それはそれで面白いことになりそうですねw

それよりも水橋の居場所がわかった律子が何かしでかすんじゃないかと、そっちの方が心配で気が気ではありません。

後釜

大漁旗の工場に見に行く前に病院に立ち寄った二人。

またしても律子が、トゲのある言葉を口にしていましたね。

誰かが後釜を狙うかもよって、完全にるいのことじゃないですか。

かをるでさえ、 そのことが分かったんですから、当然るいも自分のことだと感じたはずです。

そして、千代も誰のこととすっとぼけていましたが、もちろん彼女も分かっていたはず。

なんでまたあんなデリカシーのない言葉を口にするんでしょう。

そりゃ、違う人が母親になるというのは、子供としては嫌なのかもしれませんが、律子の場合、そんな感じじゃないように見えるんですよね。

どちらかと言えば、特に悪気があるわけでもなく、親たちの3人の関係を見ていると、そうな口に出してしまうといったような感じに見えます。

ばったり

大漁旗の工場に見に行くとばったりと善吉に出会う二人。

ものの見事に再会するチャンスが訪れましたね。

そりゃそうですよ。

あれで何もなかったら、水橋の居場所が分かったことと、後釜発言をするためだけの回になっちゃいますからね。

ついに再会する二人。

もしかして、お見合いの話を聞いちゃうのかな?

以上が、朝ドラ「澪つくし」第6週目第36話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、澪つくし第6週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。第6週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

澪つくし第6週目のネタバレあらすじ

36話放送の澪つくし第6週のあらすじは、惣吉と会う約束をした日に千代が血を吐き入院して以来なんの音沙汰もなかったが、大漁旗を見たいという律子を連れて外川へいくと、偶然惣吉と出会うストーリーとなっています

第6週のあらすじを一気に知りたい方は、「澪つくしの第6週のあらすじ」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。