花子とアン第155話のネタバレあらすじ!『赤毛のアン』の誕生

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」26週目第155話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第154話「出版決定!」では、『Anne of Green Gables』の原稿を読んだ小鳩書房の門倉社長が、その日の内に出版を決めるストーリーでした。

花子とアンの第155話「『赤毛のアン』の誕生」では、小泉が邦題に「赤毛のアン」を提案し花子が難色を示す中、美里の一言で「赤毛のアン」に決定するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月26日(金)放送
第26週サブタイトル『曲り角の先に』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第155話のネタバレあらすじ

ここからは、9月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第155話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

出版することが決定した『Anne of Green Gables』。
出版に向けての推敲も進み、残すところ本の邦題を決める作業だけとなった。
『Anne of Green Gables』を直訳すれば『緑の切り妻屋根のアン』
村岡花子(吉高由里子)はいくつかの案を門倉と小泉に見せるが、どれもしっくりこない。
すると、小泉晴彦(白石隼也)が「アン」という主人公の名前を残した方がいいのではないかと提案してきた。
しかし、花子は「アン」という名前が入ると想像の幅が狭められると難色を示す。
二人ともお互いの意見を口にするが、最終的に花子が考えた「窓辺に倚る少女」に収まった。
そこで、決定したと思っていたのだが、その晩、門倉から電話がかかってきて、小泉が「赤毛のアン」どうだろうかと提案し、花子に相談したのだ。
花子は今更という気持ちがあり、愕然とする。
小泉が電話に代わり熱意を伝えるが、花子は反対だといって電話を切った。
その話を隣で聞いていた村岡美里(金井美樹)が素晴らしい題だと思うと口にする。
そこに村岡英治(鈴木亮平)も入ってきて、美里が強く『赤毛のアン』にすべきだと訴えた。
花子は、この本を読むのは若い人なのだから、若い人の感覚の方が正しいのかもしれないと思い、門倉に電話をかけ、『赤毛のアン』でいくことを決めた。

そして、ついに1952年5月10日に、「赤毛のアン」が出版された。

そんな折、突然宇田川がやってくる。

 

ここまでが、9月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第155話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第156話のあらすじを知りたい方は、第156話『ベストセラー』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第155話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第155話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン155話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第26週目第155話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。