花子とアン第155話のネタバレあらすじ!『赤毛のアン』の誕生

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」26週目第155話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第154話「出版決定!」では、『Anne of Green Gables』の原稿を読んだ小鳩書房の門倉社長が、その日の内に出版を決めるストーリーでした。

花子とアンの第155話「『赤毛のアン』の誕生」では、小泉が邦題に「赤毛のアン」を提案し花子が難色を示す中、美里の一言で「赤毛のアン」に決定するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月26日(金)放送
第32週サブタイトル『曲り角の先に』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第155話のネタバレあらすじ

ここからは、9月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第155話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン155話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子にとって待望の開店日がやってきた。

子供の頃から夢にみていた自分の店を持ち、親友であるアンとともに大人への階段をのぼる準備が整ったということだ。

この日を待ちわびた花子は、いつもよりも心を躍らせて笑顔に満ちた顔をしていた。

今まで戦争を経験し、そして最愛の男性であった銀司とも別れた経験を持っていたのだ。

やっと思い通りの人生を歩めると考えると、笑顔にならないわけがない。

そのころ、アンは実家で母親である良枝と妹の裕子で話をしていたのだ。

アン自身にも愛する男性がおり、その人と別れる決心が出来ていることを家族に話していた。

亡くなった父親の墓前にもその報告をしており、再び親友と同じ道を歩むことの大切さを知ったということだ。

彼女たちは20年という長い日々を暮らしてきたが、常に平凡な日々だったとは言えないものでもある。

ケンカを経験してその時の悲しみを知っているアンにとっては、花子の存在が恋人以上だといえるのだ。

ここまでが、9月26日に放送された朝ドラ「花子とアン」第155話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第156話のあらすじを知りたい方は、第156話『ベストセラー』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第155話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第155話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン155話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第26週目第155話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。