花子とアン第145話のネタバレあらすじ!翻訳に夢中

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第145話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第144話「空襲」では、翻訳を続けていると空襲警報が鳴り響き、原稿を持って逃げるストーリーでした。

花子とアンの第145話「翻訳に夢中」では、難を逃れてからも夢中で翻訳をしていると幼い日のはなに会うストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月15日(月)放送
第30週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第145話のネタバレあらすじ

ここからは、9月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第145話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン145話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

朝ドラとして放送されていたこのドラマを知らないと言う方が多いのである。

視聴していなかった方やこのドラマをそもそも知らない方はいらっしゃるためだ。

知らないと言う方や視聴していなかった方は物語の内容についても分からないのだ。

その結果、どのような物語なのか理解できないのである。

理解できないと言う方に向けて、これからこのドラマの中でも人気の高いお話となっている145話の内容について説明していくのである。
冒頭に、曲がり角を曲がった先に、何があるのか分からないけれど、でも、それはきっと一番良いものに違いないと言うとても強い意味のある言葉から始まるのだ。

昭和20年4月、空襲に襲われながら必死で町から逃げ、このドラマの主人公である花子は平和を祈ったのである。

だが、平和になる時を待っていることを今するべきなのではなく、翻訳の仕事をし、日々の生活を送っていくことが彼女の仕事であり、すべきことであると気づいたのだ。

ここまでが、9月15日に放送された朝ドラ「花子とアン」第145話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第146話のあらすじを知りたい方は、第146話『純平の戦死』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第145話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第145話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン145話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第145話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。