花子とアン第146話のネタバレあらすじ!純平の戦死

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第146話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第145話「翻訳に夢中」では、難を逃れてからも夢中で翻訳をしていると幼い日のはなに会うストーリーでした。

花子とアンの第146話「純平の戦死」では、純平の戦死の知らせを受けた蓮子が、訪問してきた花子に、順平が死んだのは花子のせいだと攻め立てるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月16日(火)放送
第25週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、9月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

1945年8月15日。
ついに日本は戦争に負け、終戦を迎える。
村岡家でも全員がラジオの前に正座して玉音放送を聞いていた。
宮本家でも玉音放送を聞き、宮本蓮子(仲間由紀恵)は戦争が終わったことを安堵し、息子・純平がいつでも帰ってきていいように迎える支度を始めた。
戦争が終わったといっても、食糧不足が解消されたわけではなく、調達に困る花子たち。
すると、益田もも(土屋太鳳)が、甲府に帰って、食べ物を分けて貰おうと提案する。
こうして、ももと旭と村岡英治(鈴木亮平)が甲府へ行くことになったのだ。
東京に残った村岡花子(吉高由里子)は、また翻訳を続けていた。
そして、ようやく『 Anne of Green Gables』の翻訳が完成したのだ。
花子が喜びをかみ締めているころ、宮本家には訃報の知らせが。
宮本純平(大和田健介)が戦死したという知らせが届いたのだ。
蓮子はその知らせを信じようとせず、取り乱す。
その知らせは、花子のもとへと知らされる。
安東かよ(黒木華)が闇市で昔のお客から聞いて、花子に知らせに来たのだ。
すぐに花子は宮本家を訪ねた。
7年ぶりの再会だったが、蓮子から純平を戦地へ送ったのはあなただと言われる。
花子は意味が理解できなかったが、ラジオで子供たちに国のために命を捧げろといったことを口にする蓮子。
そして、純平を返せと泣きながら蓮子は訴えた。

ここまでが、9月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第146話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『出版させてほしい』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン146話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。