花子とアン第146話のネタバレあらすじ!純平の戦死

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第146話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第145話「翻訳に夢中」では、難を逃れてからも夢中で翻訳をしていると幼い日のはなに会うストーリーでした。

花子とアンの第146話「純平の戦死」では、純平の戦死の知らせを受けた蓮子が、訪問してきた花子に、順平が死んだのは花子のせいだと攻め立てるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月16日(火)放送
第25週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、9月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン146話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

アンにとって生きること、この大切さを未だに実感を得ていなかった。

不治の病と言われたガンを克服し、今では親友のアンとともの小諸の山荘でペンションを経営できるまでになったのだ。

花子は毎日のように彼女の顔を見てこういうのだ、「アンがこれからもそばにいてくれると思うと、とても幸せ」だと。その言葉を聞くたびに、アンは生きていることが大切だと感じている。

これからも二人で同じ道を進むであろうと思うと、自然と二人は顔を見つめて笑い合っていた。

ある朝、花子はいつものようにペンションの菜園に来ていたのだ。

ここにある野菜の収穫をするためであるが、東京の幼馴染である雄二がまた一段といい種を送ってくれた。

新しいメニューを考える楽しみも増え、また腕によりをかけて頑張ろうと小さく声に出していた。

小諸にも春の訪れを知らせるメジロが鳴いており、アンたちもより一層嬉しいという気持ちを胸に抱いてそれぞれの未来を考えているのである。

ここまでが、9月16日に放送された朝ドラ「花子とアン」第146話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『出版させてほしい』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン146話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。