花子とアン第147話のネタバレあらすじ!出版させてほしい

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第147話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第146話「純平の戦死」では、純平の戦死の知らせを受けた蓮子が、訪問してきた花子に、順平が死んだのは花子のせいだと攻め立てるストーリーでした。

花子とアンの第147話「出版させてほしい」では、梶原と共に村岡家を訪れた小鳩書房の小泉晴彦が、翻訳した原稿を出版させてほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月17日(水)放送
第30週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、9月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン147話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子は純平を亡くして悲嘆にくれる蓮子を励まそうとするのだが、逆に蓮子からあなたのせいで純平が死んだと責められる。

花子がラジオでお国のために命を捧げなさいと言ったからだと言う。

花子に挑みかかる蓮子を家の中から出てきた龍一が宥めるが、今日のところは返って欲しいと告げた。

家に帰ると吉太郎が立っていて、どこか晴れやかな顔をしている。
一方の宮本家では、蓮子が純平の写真を見つめながら今までの思い出を回想していた。

些細な物音が聞こえただけで純平が帰ってきたのかもしれないと飛び出すが、違うと分かって泣き崩れる蓮子の姿に龍一と富士子は胸を痛めて見つめている。
また、村岡家に梶原に案内された小鳩書房の小泉晴彦が訪ねてきた。

英治と花子、梶原の三人で近況を報告し合う。

小泉は花子が翻訳したものを出版したいと申し出てたので、書斎から「ストウ夫人」と翻訳したばかりの「Anne of Green Gables」を持ってきて見せる。

ここまでが、9月17日に放送された朝ドラ「花子とアン」第147話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『今回は見送り』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン147話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。