花子とアン第152話のネタバレあらすじ!龍一の訪問

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」26週目第152話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第151話「本の続編」では、英治が梶原にお願いして『Anne of Green Gables』の続編を入手するが、本が出版されるまで続編は読まないと心に決めるストーリーでした。

花子とアンの第152話「龍一の訪問」では、龍一が村岡家にやってきて、花子に蓮子を励ましてほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月23日(火)放送
第26週サブタイトル『曲り角の先に』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第152話のネタバレあらすじ

ここからは、9月23日に放送された朝ドラ「花子とアン」第152話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

かよの店へ逃げ込んできた戦争孤児は幸子と育子という姉妹だった。
二人は両親を空襲で失い身寄りがないという。
それを知った安東かよ(黒木華)が二人の面倒を見るといいだし、花子とももが心配する。
しかし、これまで自分のためだけに生きてきたけど、今度はあの子達のために何か役に立ちたいとかよが訴え、その覚悟を知った花子と益田もも(土屋太鳳)は、応援することにした。
村岡花子(吉高由里子)が家に帰ると、宮本龍一(中島歩)が尋ねてきた。
宮本蓮子(仲間由紀恵)が、純平の戦死の知らせが届いてからずっとふさぎ込んでいるというのだ。
そこで、蓮子を立ち直らせるために、蓮子に会ってやってほしいとお願いしてきた。
自分に蓮子を励ます事が出来るのかと花子は悩むが、子を失った悲しみを知る村岡英治(鈴木亮平)が、自分で乗り越えなきゃ前には進めないといい、一番分かって挙げられるのも花子だけだと訴えた。
こうして、再び蓮子に会いに行くことにした花子。
花子は、純平の遺影に手を合わせ、蓮子に謝罪をした。
蓮子は、時代の波にのみ込まれたのは自分も同じだと答えた。
見送るとき、一緒に逃げていれば殺されることはなかったと後悔の念を口にし、花子は蓮子に寄り添い、二人で涙を流した。

 

ここまでが、9月23日に放送された朝ドラ「花子とアン」第152話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第153話のあらすじを知りたい方は、第153話『蓮子のラジオ出演』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第152話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第152話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン152話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第26週目第152話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。