『花子とアン』安東かよ役は黒木華!探偵!ナイトスクープの依頼者だった!?

NHK朝ドラ「花子とアン」で、安東かよ役を演じるのは、黒木華さんです。

こちらでは、花子とアンのキャスト・黒木華さんに関する情報をまとめています。

  • 黒木華さんが演じる安東かよの役柄
  • 安東かよのモデル
  • 黒木華さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

黒木華演じる安東かよの役柄は?


花子とアンのキャスト・黒木華演じる安東かよは、はなの2つ年下の妹で安東家の次女です。

はながブラックバーン校長の計らいで、東京から帰省した際は、修和女学校での生活ぶりを聞き、自分たちとの生活の違いに愕然とします。

また、家の困窮を救うために、はなからもらったクッキーの缶を宝物に持って行き、製糸工場の女工として働きます。

しかし、製糸工場の激務耐えかねて逃げ出し、東京の修和女学校へたどり着くと、はなと再会することに。

それから学校の仕事を手伝うようになり、さらには洋装店でお針子の見習いとして働くことになります。

安東かよのモデルは?

朝ドラ「花子とアン」のキャスト・黒木華さん演じる安東かよのモデルは、翻訳家・児童文学者の村岡花子さんの妹のどなたかです。

村岡花子さんは、ヒロイン・安東はなのモデルで、8人きょうだいでした。

花子さんは、長女で、次女・三女がいることは分かっていますが、名前までは分かっていません。

安東かよは、安東はなの妹になりますので、その中のだれかがモデルに該当します。

 

黒木華さんのプロフィール

こちらでは、花子とアンのキャスト・黒木華さんのプロフィールを紹介します。

名前黒木華(くろきはる)血液型B型
生年月日1990年3月14日身長164 cm
星座うお座出身地大阪府高槻市

安東かよ役を演じる黒木華さんは、1990年3月14日生まれの大阪出身で、パパドゥ所属の女優さんです。

2010年の大学在学中に「NODA・MAP」公演『ザ・キャラクター』にアンサンブルとして初舞台に立ってデビューしました。

更に番外公演の舞台「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でヒロイン役を演じ、これまで数々の作品に出演してきました。

映画では、「シャンダールの花」、「船を編む」、ドラマでは、NHK連続テレビ小説「純と愛」、大河ドラマ「真田丸」などに出演しており、山田洋二監督作品「小さいおうち」での出演にて、ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を獲得し、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「花子とアン」が放送された2014年当時の黒木華さんの年齢は、24才です。あれから6年経っていますので、黒木華さんの現在の年齢は、30才(2020年現在)になります。

彼氏は?結婚してる?

黒木華さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、女優として着実にステップアップする中、映画「幕が上がる」、「重版出来」で共演したムロツヨシとの熱愛が報じられていました。

共演する中で、ムロツヨシが「黒木さんは、家に遊びにくる仲」と公言しているように、元々仲の良い友達であったようです。

その後、交際に発展したと言われており、2020年4月には、同じマンションの別の部屋に引っ越しをしていたことが判明しています。

そのため、今後、この2人の結婚も注目されています。

同じマンションに引っ越してから、結婚する流れは、最近の芸能界では定番となりつつあり、桐谷美玲と三浦翔平が同じ階の向かい側にお互い住んでいたことは有名です。

黒木華とムロツヨシも同じ流れで結婚して幸せになってほしいですね!

所属事務所は?

黒木華さんの所属事務所は、パパドゥで、伊武雅刀さんや濱田マリさん、松たか子さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、花子とアンのキャスト・黒木華さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「純と愛」田辺千香
朝ドラ「花子とアン 第4週 – 最終週」安東かよ
大河ドラマ「真田丸」
大河ドラマ「西郷どん」西郷糸
まほろ駅前番外地 第8話宮本由香里
リーガルハイ本田ジェーン
世にも奇妙な物語’13 秋の特別編 「ある日、爆弾がおちてきて」永峰はるか / パルカ
グーグーだって猫であるミナミ
オリエント急行殺人事件三木小百合
天皇の料理番高浜俊子
重版出来!黒沢心
みをつくし料理帖
獣になれない私たち長門朱里
デザイナー 渋井直人の休日三浦カモメ
疑惑白河球磨子
凪のお暇大島凪
イチケイのカラス坂間千鶴
映画
東京オアシスヤスコ
BUNGO~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち 「握った手」綾子
草原の椅子遠間弥生
舟を編む岸辺みどり
シャニダールの花美月響子
くじけないで柴田静子(青年期)
小さいおうち布宮タキ
銀の匙 Silver Spoon南九条あやめ
繕い裁つ人葉子
幕が上がる吉岡美佐子
ソロモンの偽証森内恵美子
母と暮せば佐多町子
リップヴァンウィンクルの花嫁皆川七海
エミアビのはじまりとはじまり夏海
永い言い訳福永智尋
海賊と呼ばれた男小川初美
ちょっと今から仕事やめてくる五十嵐美紀
海辺のリア伸子
散り椿坂下里美
日日是好日典子
舞台
表に出ろいっ!
南へあまねに似た少女
荒野に立つ田端
あゝ、荒野芳子
飛龍伝神林美智子
SEMINAR セミナーケイト
赤鬼あの女
書く女樋口一葉
るつぼアビゲイル・ウィリアムズ
お勢登場主演
ワーニャ伯父さんソーニャ
ザ・キャラクター
ハムレット
桜の園
プレイタイム『恋愛恐怖病』
岩井秀人
ケンジトシ
CM・広告
トヨタ自動車「TNGA STORY」長野
日本映画衛星放送 BS日本映画専門チャンネル
SUNTORY
SMBC日興証券 NISA
ダノンジャパン ダノンオイコス「脂肪0 ストロベリー」篇
資生堂「TSUBAKI」
NTTドコモ「Mr.Children&docomo 25周年」 – 母 役
ロッテ シャルロッテ「NEW OPEN篇」
味の素「パルスイート」

朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧です。

「花子とアン」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『花子とアン』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「花子とアン」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
安東はな
(安東花子)
(村岡花子)
吉高由里子

(幼少期:山田望叶

村岡花子安東家の長女
安東吉平伊原剛志安中逸平はなの父
安東ふじ室井滋安中てつ吉平の妻
安東周造石橋蓮司はなの祖父
安東吉太郎賀来賢人

(幼少期:山崎竜太郎

安中庄三郎?安東家の長男
安東かよ黒木華

(幼少期:木村心結

安東家の次女
安東もも土屋太鳳

(幼少期:須田理央

安東家の三女
木場朝市窪田正孝

(幼少期:里村洋

はなの幼馴染みで同級生
木場リン松本明子朝市の母
徳丸甚之介カンニング竹山甲府一の大地主
徳丸武矢本悠馬

(幼少期:高澤父母道

はなの幼馴染みで同級生
本多正平マキタスポーツ尋常小学校時代の担任
緑川幾三相島一之はなと朝市の同僚
合田寅次長江英和教会の番人
小山たえ伊藤真弓女子生徒
森牧師山崎一小林光泰牧師?教会の牧師
望月啓太郎川岡大次郎徳丸家と肩を並べる大地主の息子
ブラックバーン校長トーディクラークイザベラ・ブラックモーア修和女学校の校長
茂木のり子浅田美代子裁縫教師
綾小路先生那須佐代子国語教師
富山タキともさかりえ英語教師
白鳥かをる子近藤春菜寄宿舎の同室の先輩
葉山蓮子仲間由紀恵柳原白蓮葉山伯爵の異母妹
醍醐亜矢子高梨臨

(幼少期:茂内麻結

貿易会社の社長令嬢
一条高子佐藤みゆき寄宿舎の同室の先輩
畠山鶴子大西礼芳寄宿舎の同室の友人
松平幸子義達祐未寄宿舎の同室の友人
大倉澄子中別府葵学年で最も背の高い生徒
北澤司加藤慶祐はなの初恋の相手
岩田祐作井上尚財閥の子息
梶原聡一郎藤本隆宏向学館の編集長
宇田川満代山田真歩宇野千代?

北川千代?

吉屋信子?

はなと同時に「児童の友賞」に入選した女性
長谷部汀藤真利子昭和7年の時点における人気女流作家
小泉晴彦白石隼也小池喜孝小鳩書房の若手編集者
門倉幸之介茂木健一郎小鳩書房の社長
村岡英治鈴木亮平村岡儆三花子の夫
村岡平祐中原丈雄 村岡平吉英治の父で、村岡印刷の社長
村岡郁弥町田啓太村岡斎英治の弟
村岡香澄中村ゆり村岡幸英治の最初の妻
村岡歩横山歩花子と英治の息子
村岡美里金井美樹村岡みどりももと益田旭の実娘で村岡家の養女
葉山晶貴飯田基祐柳原義光葉山家の当主
葉山園子村岡希美柳原花子晶貴の妻
久保山大林丈史葉山家の親戚の男性
日下部つまみ枝豆葉山家に仕える運転手
浅野中也瀬川亮幸徳秋水?吉平が熱心に支持する東京の社会主義運動家で、労民新聞の社主
山田国松村松利史新潟出身の饅頭売り
宮本龍一中島歩宮崎龍介かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客
宮本純平大和田健介宮本龍一と蓮子の息子
宮本富士子芳根京子宮本龍一と蓮子の娘で純平の妹
宮本浪子角替和枝宮崎槌子龍一の母
雪乃壇蜜春駒(森光子)昭和7年、突如として宮本家を訪れた娼妓
益田旭金井勇太昭和7年の時点における「カフェータイム」の常連客で、売れない絵描き
益田直子志村美空ももと旭の次女
嘉納伝助吉田鋼太郎伊藤伝右衛門蓮子の二度目の夫
嘉納冬子城戸愛莉静子?伝助の娘です。
山元タミ筒井真理子嘉納家の女中頭
内藤中野剛嘉納伝助の取引先である筑前銀行の東京支店長
浜口サダ霧島れいか吉平が新潟の木賃宿で出会った、夫の暴力で苦労する人妻
三郎酒向芳徳丸商店の店員
口入屋祖父江進三郎とともに奉公人を迎えに来た男
医師池浪玄八はなが熱を出したときに診てくれた医師
スコット先生ハンナグレース修和女学校のカナダ人教師
フィリップス先生サラマクドナルド修和女学校の外国人教師
郵便配達天野勝弘安東家にはなの手紙を届ける郵便配達人
労民新聞社の社員塩見大貴労民新聞社の社員