『花子とアン』安東ふじ役は室井滋!長谷川和彦監督と事実婚状態!?

NHK朝ドラ「花子とアン」で、安東ふじ役を演じるのは、室井滋さんです。

こちらでは、花子とアンのキャスト・室井滋さんに関する情報をまとめています。

    • 室井滋さんが演じる安東ふじの役柄
    • 安東ふじのモデル
    • 室井滋さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
    • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

室井滋演じる安東ふじの役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

masa(@masahiko1102)がシェアした投稿


花子とアンのキャスト・室井滋演じる安東ふじは、吉平の妻ではなたちの母です。

安東家は徳丸家の小作人として農業を営んでいますが、生活は苦しく、ふじは夜になってもワラ仕事をしています。

馴れ初め

夫は行商をやっている安東吉平ですが、出会いは行商で甲府に訪れた際に突然倒れ、吉平を介抱してあげたのがふじです。

二人は自然に恋仲となりますが、最初の頃は父・周造から反対されていました。

しかし、その反対を押しきり結婚しています。

そんなこともあり、周造と夫・吉平はウマが合わず、何かあるたびに心を痛めているふじ。

結婚

突然花子が帰郷したときは、様子がおかしいことにいち早く気づき、花子にどうしたのかと尋ねます。

そして、英治との失恋話を聞くと、けじめをつけるよう諭します。

しかし、その一方でいつでも見方だと娘に優しい言葉をかけます。

その後、英治が結婚の挨拶にきたときは、かつての失恋の相手だと知った上で、花子との結婚を祝福する優しさを持っている人物です。

また、蓮子が甲府にやってきてかくまった時も実の娘のように見守っていました。

安東ふじのモデルは?

朝ドラ「花子とアン」のキャスト・室井滋さん演じる安東ふじのモデルは、翻訳家・児童文学者の村岡花子さんの母・安中てつさんです。

村岡花子さんは、ヒロイン・安東はなのモデルで、ふじの娘に当たります。

てつさんの夫は、小さな茶商の家に生まれ安中逸平さんで、熱心なクリスチャンだった逸平さんが布教で甲府に移り住んだ際にてつさんと出会い結婚しました。

室井滋さんのプロフィール

こちらでは、花子とアンのキャスト・室井滋さんのプロフィールを紹介します。

名前室井滋(むろいしげる)血液型O型
生年月日1958年10月22日身長160cm
星座てんびん座出身地富山県滑川市

安東ふじ役を演じる室井滋さんは富山県出身で、大学在学中にシネマ研究会に所属しており、在学中の1981年に村上春樹原作の「風の歌を聴け」で、劇場映画デビューを果たします。

そこから約40年間、第一線で活躍し続ける女優です。

作家やラジオ

1991年のデビュー作「むかつくぜ!」からはじまり「キトキトの魚」「ふぐママ」「すっぴん魂大全紅饅頭」、絵本「しげちゃん」シリーズなど作家としても活動しています。

また、「室井滋のしげちゃん☆おはなしラジオ」などのラジオパーソナリティを務めるなど、その多彩な才能をいかんなく発揮し続けています。

ドラマや映画

日本人なら、誰でも室井滋さんの出演作品を視聴したことがあると言えるくらい、有名な女優さんですが、約30年経った今も、そのバイタリティーは衰えることを知りません。

2020年には、テレビ朝日木曜ドラマ「7人の秘書」に出演し、2021年には、本木克英監督の「大コメ騒動」に出演するなど、精力的に活動しています。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「花子とアン」が放送された2014年当時の室井滋さんの年齢は、56才です。あれから6年経っていますので、室井滋さんの現在の年齢は、62才(2020年現在)になります。

彼氏は?結婚してる?

室井滋さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、長谷川和彦監督と、事実婚状態を約30年間続けているそうです。

おり、夫婦仲は明らかとなっていませんが、長期間続いていることから、関係は良好。

ダウンタウンによると、夫の長谷川和彦氏は、浜ちゃんでも怖いと思ったくらいだそうで、その妻を事実婚ながら果たしている室井滋さんは、肝が据わっている女優さんです。

所属事務所は「ホットロード」

室井滋さんの所属事務所は、株式会社ホットロードで、桐谷健太さんや日野陽仁さん、西村元貴などが在籍しています。

所属タレントの数は多くないですが、CMでも大人気の桐谷健太さんが所属しており、少数精鋭の芸能事務所です。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、花子とアンのキャスト・室井滋さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「ええにょぼ」ナレーション
朝ドラ「走らんか!」岡村美幸
朝ドラ「純情きらり」有森磯
朝ドラ「ウェルかめ」吉野鷺知
朝ドラ「花子とアン」安東ふじ
科捜研の女 SEASON 19 第4話「8億円の猫」早乙女由子
NHKスペシャル シリーズ 体感 首都直下地震「パラレル東京」NNJテレビ報道部シニアマネージャー・高取恵
連続ドラマW「大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~」第4話千代
七人の秘書鰐淵五月
月曜ミステリー劇場 「探偵・喜多嶋翔子の調査報告書」喜多嶋翔子
火曜サスペンス劇場 「松本清張スペシャル・鬼畜」小出昌代
恋は戦い!宇佐美希里子
ビギナー伊勢今日子
相棒 season2三峰涼子
竜馬がゆく坂本乙女
奥さまは魔女鈴木恵美子
怪奇大家族忌野幽子
松本清張 黒革の手帖中岡市子
にんげんだもの相田エイ
ウーマンズ・ビート ドラマスペシャル『溺れる人』吉村加寿子
映画
の・ようなものエリザベスの友達・亜矢
すかんぴんウォーク女性バーテン
ゲゲゲの鬼太郎砂かけ婆
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌砂かけ婆
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~酒屋のおかみさん・巳代
人間失格寿
小さいおうち貞子
いのちのコール~ミセスインガを知っていますか~杉田マユミ
人生の約束西村好子
山懐に抱かれてナレーション
大コメ騒動清んさのおばば
ビハインド
アナザ・サイド
風の歌を聴け
シャッフル
パン屋襲撃
爆裂都市 BURST CITY
刑事物語
闇打つ心臓
女囚 檻
舞台
菊次郎とさき北野さき
CM・広告
コーセー ルシェリ
丸大食品 燻製屋
資生堂 ハーブソープ
NTTドコモ ラジオCM
サントリー ヘルシー素材のお酒
三菱自動車 ディオン
花王 アタック
ジブラルタ生命保険
武田薬品工業 アクテージAN錠
江崎グリコ 2段熟カレー
サッポロビール 生搾りみがき麦
森永製菓 ウイダーinゼリー
DVD 四月の雪

朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧です。

「花子とアン」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『花子とアン』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「花子とアン」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
安東はな
(安東花子)
(村岡花子)
吉高由里子村岡花子安東家の長女
安東吉平伊原剛志安中逸平はなの父
安東ふじ室井滋吉平の妻
安東周造石橋蓮司はなの祖父
安東吉太郎賀来賢人安東家の長男
安東かよ黒木華安東家の次女
安東もも土屋太鳳安東家の末っ子三女
木場朝市窪田正孝はなの幼馴染みで同級生
木場リン松本明子朝市の母
徳丸甚之介カンニング竹山甲府一の大地主
徳丸武矢本悠馬はなの幼馴染みで同級生
本多正平マキタスポーツ尋常小学校時代の担任
緑川幾三相島一之はなと朝市の同僚
合田寅次長江英和教会の番人
小山たえ伊藤真弓女子生徒
森牧師山崎一教会の牧師
望月啓太郎川岡大次郎徳丸家と肩を並べる大地主の息子
ブラックバーン校長トーディクラーク修和女学校の校長
茂木のり子浅田美代子裁縫教師
綾小路先生那須佐代子国語教師
富山タキともさかりえ英語教師
白鳥かをる子近藤春菜寄宿舎の同室の先輩
葉山蓮子仲間由紀恵柳原白蓮葉山伯爵の異母妹
醍醐亜矢子高梨臨貿易会社の社長令嬢
一条高子佐藤みゆき寄宿舎の同室の先輩
畠山鶴子大西礼芳寄宿舎の同室の友人
松平幸子義達祐未寄宿舎の同室の友人
大倉澄子中別府葵学年で最も背の高い生徒
北澤司加藤慶祐はなの初恋の相手
岩田祐作井上尚財閥の子息
梶原聡一郎藤本隆宏向学館の編集長
宇田川満代山田真歩はなと同時に「児童の友賞」に入選した女性
長谷部汀藤真利子昭和7年の時点における人気女流作家
小泉晴彦白石隼也小鳩書房の若手編集者
門倉幸之介茂木健一郎小鳩書房の社長
村岡英治鈴木亮平花子の夫
村岡平祐中原丈雄英治の父で、村岡印刷の社長
村岡郁弥町田啓太英治の弟
村岡香澄中村ゆり英治の最初の妻
村岡歩横山歩花子と英治の息子
村岡美里金井美樹ももと益田旭の実娘で村岡家の養女
葉山晶貴飯田基祐葉山家の当主
葉山園子村岡希美晶貴の妻
久保山大林丈史葉山家の親戚の男性
日下部つまみ枝豆葉山家に仕える運転手
浅野中也瀬川亮吉平が熱心に支持する東京の社会主義運動家で、労民新聞の社主
山田国松村松利史新潟出身の饅頭売り
宮本龍一中島歩かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客
宮本純平大和田健介宮本龍一と蓮子の息子
宮本富士子芳根京子宮本龍一と蓮子の娘で純平の妹
宮本浪子角替和枝龍一の母
雪乃壇蜜昭和7年、突如として宮本家を訪れた娼妓
益田旭金井勇太昭和7年の時点における「カフェータイム」の常連客で、売れない絵描き
益田直子志村美空ももと旭の次女
嘉納伝助吉田鋼太郎蓮子の二度目の夫
嘉納冬子城戸愛莉伝助の娘です。
山元タミ筒井真理子嘉納家の女中頭
内藤中野剛嘉納伝助の取引先である筑前銀行の東京支店長
浜口サダ霧島れいか吉平が新潟の木賃宿で出会った、夫の暴力で苦労する人妻
三郎酒向芳徳丸商店の店員
口入屋祖父江進三郎とともに奉公人を迎えに来た男
医師池浪玄八はなが熱を出したときに診てくれた医師
スコット先生ハンナグレース修和女学校のカナダ人教師
フィリップス先生サラマクドナルド修和女学校の外国人教師
郵便配達天野勝弘安東家にはなの手紙を届ける郵便配達人
労民新聞社の社員塩見大貴労民新聞社の社員