『花子とアン』茂木のり子役は浅田美代子!元旦那は吉田拓郎!?

NHK朝ドラ「花子とアン」で、茂木のり子役を演じるのは、浅田美代子さんです。

こちらでは、花子とアンのキャスト・浅田美代子さんに関する情報をまとめています。

  • 浅田美代子さんが演じる茂木のり子の役柄
  • 茂木のり子のモデル
  • 浅田美代子さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

浅田美代子演じる茂木のり子の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅田美代子(@miyoko_asada)がシェアした投稿


花子とアンのキャスト・浅田美代子演じる茂木のり子は、裁縫教師です。

修和女学校で寄宿舎の 寮母と裁縫の教師をしている。

緊張 するはなに、「寄宿舎では身分などは 関係なく、みんな姉妹同様」と優しい 笑顔を向ける。

一方、行儀作法には 厳しく、学則をきちんと守るよう諭 す。

だが、英語教師の富山タキから は、「先生が甘すぎるから、生徒たち が甘える」と言われている。

士族の父 親を早くに亡くし、7人の弟妹の面 倒を見ながら、苦労して師範の資格 をとったことから、はなに昔の自分 を重ね合わせてしまう。

女学校の寄宿舎の寮母。生徒に裁縫や礼儀作法を教えている。

常に明るくておおらか。

 

茂木のり子のモデルは?

朝ドラ「花子とアン」のキャスト・浅田美代子さん演じる茂木のり子のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「花子とアン」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

浅田美代子さんのプロフィール

こちらでは、花子とアンのキャスト・浅田美代子さんのプロフィールを紹介します。

名前浅田美代子(あさだみよこ)血液型B型
生年月日1956年2月15日身長157cm
星座みずがめ座出身地東京都港区

茂木のり子役を演じる浅田美代子さんは、1956年生まれの東京都港区出身で、テアトル・ド・ポッシュ所属の元アイドルです。

現在は女優兼タレントとして活躍していますが、東京女学館高等学校在学中に、スカウトされ、ドラマ「時間ですよ」の新人オーディションに参加し、約25万人の中から選ばれました。

お 茶の間の人気者になってからは、学校を中退し、芸能界デビューした彼女は、「釣りバカ日誌」、「エリカ38」など多数の有名作品に出演しました。

また、劇中歌「赤い風船」で歌手デビ ューも果たし、73年の第15回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

多数のドラマや映画への 出演や音楽活動に加えて、当時大人気だった「さんまのからくりTV」などバラエティー番組でも活躍。

NHKでは、連続テレ ビ小説「さくら」大河ドラマ「新選組!」「風林火山」、「オトコマエ!」など数々の作品に出演しています。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「花子とアン」が放送された2014年当時の浅田美代子さんの年齢は、57才です。

あれから7年経っていますので、浅田美代子さんの現在の年齢は、64才(2021年現在)になります。

今何してる?

浅田美代子さんは、現在も女優業を続けています。直近の出演作品は、2020年上映の映画「朝が来る」「日本独立」にも出演しています。

彼氏は?結婚してる?

浅田美代子さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、現在独身のようです。

1977年の21歳の時に、既に家族持ちであった吉田拓郎と周囲の反対を押し切り、結婚しています。

きっかけは、1974年に楽曲「じゃあまたね」の提供を受けた時であったとされており、1975年放送のドラマ「なつかしき海の歌」での共演がさらにその関係を深めたと言われています。

このように現代でも、不倫については厳しい世の中となっていますが、当時はより強い批判があったと思いますが、それを撥ね退け、無事結婚する運びとなりました。

しかし、この結婚は長く続かず、1983年に、吉田さんの不倫が発覚し、1984年には離婚に至ってしまいます。

これを受け、83年には、芸能界に復帰した彼女は、子供はおらず、現在まで独身を貫いているというわけです。

このように、波乱の人生を歩んでいますが、TVでは大活躍しており、明石家さんまが司会の「スーパーからくりTV」での出演は、誰でも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

2001年には最愛の母を亡くし、一時的にふさぎ込むようになってしまったということですが、その時は犬に救われたそうです。

そのため、現在では、動物愛護団体の代表も務めているなど、今後はその知名度を活かして、社会的な問題も解決に導いてほしい人物の1人と言えますね。

所属事務所は?

浅田美代子さんの所属事務所は、テアトル・ド・ポッシュで、三浦友和さんや佐藤浩市さん、賀来千香子さんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、花子とアンのキャスト・浅田美代子さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「さくら」沼田筆子
朝ドラ「花子とアン」茂木のり子
大河ドラマ「新選組!」佐藤のぶ
大河ドラマ「風林火山」萩乃
恋も2度目なら三上紀子
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子折原亮子
嫁はミツボシ。野村和子
女系家族矢島芳子
地獄の沙汰もヨメ次第森福小百合
ブラックボード~時代と戦った教師たち~ 第2夜榊玲子
悪女について里野夫人
家族狩り氷崎民子
アゲイン!!今村由美
WITH LOVE古川英子
東京ラブ・シネマ特別出演 堺照子
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~藤本香苗
誰(タレ)よりも君を愛す!宇那木春江
息もできない夏谷崎香緒里
海の上の診療所上村芳江
僕のいた時間本郷翔子
映画
ときめき浅田美代子
あした輝く夏樹今日子
しあわせの一番星久慈美世子
陽のあたる坂道田代くみ子
フリーター野上ジュンコ
息子とし子
激走トラッカー伝説村田加代
釣りバカ日誌7 – 20浜崎みち子
大夜逃 夜逃げ屋本舗3望月さくら
走れ!イチロー王美麗
銀のエンゼル北島佐和子
愛の流刑地魚住祥子
赤い鯨と白い蛇河原光子
LOVE MY LIFE冴子教授
佐賀のがばいばあちゃん真佐子
赤い文化住宅の初子栄子
Mayu -ココロの星-まゆの母
きな子~見習い警察犬の物語~望月園子
ばかものヒデの母
シェアハウス麗子
舞台
芸者と第九交響曲
春日局
喜劇・離婚 – 寺内貫太郎一家 新橋演舞場
シアタークリエ9月公演『ミッドナイト・イン・バリ~史上最悪の結婚前夜~』
CM・広告
興和
花王
日清食品
「YAMAHA NEW PAS」
トヨタ自動車

朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧です。

「花子とアン」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『花子とアン』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「花子とアン」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
安東はな
(安東花子)
(村岡花子)
吉高由里子

(幼少期:山田望叶

村岡花子安東家の長女
安東吉平伊原剛志安中逸平はなの父
安東ふじ室井滋安中てつ吉平の妻
安東周造石橋蓮司はなの祖父
安東吉太郎賀来賢人

(幼少期:山崎竜太郎

安中庄三郎?安東家の長男
安東かよ黒木華

(幼少期:木村心結

安東家の次女
安東もも土屋太鳳

(幼少期:須田理央

安東家の三女
木場朝市窪田正孝

(幼少期:里村洋

はなの幼馴染みで同級生
木場リン松本明子朝市の母
徳丸甚之介カンニング竹山甲府一の大地主
徳丸武矢本悠馬

(幼少期:高澤父母道

はなの幼馴染みで同級生
本多正平マキタスポーツ尋常小学校時代の担任
緑川幾三相島一之はなと朝市の同僚
合田寅次長江英和教会の番人
小山たえ伊藤真弓女子生徒
森牧師山崎一小林光泰牧師?教会の牧師
望月啓太郎川岡大次郎徳丸家と肩を並べる大地主の息子
ブラックバーン校長トーディクラークイザベラ・ブラックモーア修和女学校の校長
茂木のり子浅田美代子裁縫教師
綾小路先生那須佐代子国語教師
富山タキともさかりえ英語教師
白鳥かをる子近藤春菜寄宿舎の同室の先輩
葉山蓮子仲間由紀恵柳原白蓮葉山伯爵の異母妹
醍醐亜矢子高梨臨

(幼少期:茂内麻結

貿易会社の社長令嬢
一条高子佐藤みゆき寄宿舎の同室の先輩
畠山鶴子大西礼芳寄宿舎の同室の友人
松平幸子義達祐未寄宿舎の同室の友人
大倉澄子中別府葵学年で最も背の高い生徒
北澤司加藤慶祐はなの初恋の相手
岩田祐作井上尚財閥の子息
梶原聡一郎藤本隆宏向学館の編集長
宇田川満代山田真歩宇野千代?

北川千代?

吉屋信子?

はなと同時に「児童の友賞」に入選した女性
長谷部汀藤真利子昭和7年の時点における人気女流作家
小泉晴彦白石隼也小池喜孝小鳩書房の若手編集者
門倉幸之介茂木健一郎小鳩書房の社長
村岡英治鈴木亮平村岡儆三花子の夫
村岡平祐中原丈雄 村岡平吉英治の父で、村岡印刷の社長
村岡郁弥町田啓太村岡斎英治の弟
村岡香澄中村ゆり村岡幸英治の最初の妻
村岡歩横山歩花子と英治の息子
村岡美里金井美樹村岡みどりももと益田旭の実娘で村岡家の養女
葉山晶貴飯田基祐柳原義光葉山家の当主
葉山園子村岡希美柳原花子晶貴の妻
久保山大林丈史葉山家の親戚の男性
日下部つまみ枝豆葉山家に仕える運転手
浅野中也瀬川亮幸徳秋水?吉平が熱心に支持する東京の社会主義運動家で、労民新聞の社主
山田国松村松利史新潟出身の饅頭売り
宮本龍一中島歩宮崎龍介かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客
宮本純平大和田健介宮本龍一と蓮子の息子
宮本富士子芳根京子宮本龍一と蓮子の娘で純平の妹
宮本浪子角替和枝宮崎槌子龍一の母
雪乃壇蜜春駒(森光子)昭和7年、突如として宮本家を訪れた娼妓
益田旭金井勇太昭和7年の時点における「カフェータイム」の常連客で、売れない絵描き
益田直子志村美空ももと旭の次女
嘉納伝助吉田鋼太郎伊藤伝右衛門蓮子の二度目の夫
嘉納冬子城戸愛莉静子?伝助の娘です。
山元タミ筒井真理子嘉納家の女中頭
内藤中野剛嘉納伝助の取引先である筑前銀行の東京支店長
浜口サダ霧島れいか吉平が新潟の木賃宿で出会った、夫の暴力で苦労する人妻
三郎酒向芳徳丸商店の店員
口入屋祖父江進三郎とともに奉公人を迎えに来た男
医師池浪玄八はなが熱を出したときに診てくれた医師
スコット先生ハンナグレース修和女学校のカナダ人教師
フィリップス先生サラマクドナルド修和女学校の外国人教師
郵便配達天野勝弘安東家にはなの手紙を届ける郵便配達人
労民新聞社の社員塩見大貴労民新聞社の社員