花子とアン第149話のネタバレあらすじ!人生に無駄なことはない

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第149話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第148話「今回は見送り」では、2冊のうち一つは出版されることになったが、「Anne of Green Gables」の出版は見送られることになるストーリーでした。

花子とアンの第149話「人生に無駄なことはない」では、甲府に戻った花子は、朝市と吉太郎に励まされ、東京に戻るストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月19日(金)放送
第25週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第149話のネタバレあらすじ

ここからは、9月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第149話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

父の安東吉平(伊原剛志)が倒れたと知って花子と安東かよ(黒木華)益田もも(土屋太鳳)が甲府へ戻ってきたものの意外にも吉平は元気だ。
その様子を見て一同安堵したのだ。
久しぶりの家族団らんの場へやってきたのが安東吉太郎(賀来賢人)である。
家族と疎遠だった彼もまた、父が倒れた事を知り帰ってきたのだ。
何十年ぶりに家族全員が揃った賑やかな食事となったが、吉太郎は一人浮かない顔をしているのである。
夜になり、みんなが寝静まった後も一人囲炉裏の前で物思いに耽る吉太郎の隣へ来た吉平に吉太郎が胸の内を吐露し始めたのだ。
軍隊に憧れを抱き職業軍人を目指すも、終戦後に待ち受けていた世間の冷たい仕打ちに自身の全てを否定された悔しさを語る吉太郎に吉平は寄り添うように鼓舞したのである。
この瞬間、ようやく二人が和解する事になったのだ。
翌朝、安東家へやってきたのが木場朝市(窪田正孝)である。
沈んだ顔をしている村岡花子(吉高由里子)を見て心配した朝市が話を聞き出すと、依頼されたラジオ出演を躊躇している事を口にする。
葛藤している花子に、朝市がかけたのは励ましの言葉だった。
花子はそんな朝市の言葉に勇気をもらい、東京へ戻ったのである。

ここまでが、9月19日に放送された朝ドラ「花子とアン」第149話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第150話のあらすじを知りたい方は、第150話『吉平息を引き取る』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第149話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第149話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン149話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第149話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。