花子とアン第151話のネタバレあらすじ!本の続編

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」26週目第151話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第150話「吉平息を引き取る」では、改めてラジオ出演することになった花子のラジオ放送を聞きながら、吉平が息を引き取るストーリーでした。

花子とアンの第151話「本の続編」では、英治が梶原にお願いして『Anne of Green Gables』の続編を入手するが、本が出版されるまで続編は読まないと心に決めるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月22日(月)放送
第26週サブタイトル『曲り角の先に』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第151話のネタバレあらすじ

ここからは、9月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第151話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

体の調子を悪くしていた安東吉平(伊原剛志)が天に召されて、甲府の安東家では、葬儀がしめやかに執り行われた。
ふじ・吉太郎・かよ・もも・村岡花子(吉高由里子)、そして吉太郎の妻となった醍醐。
家族やごく親しい人達が吉平の作った最後の葡萄酒を弔いにと酌み交わしたが、その時正装した武が姿を現した。
手に酒やごちそうが沢山持っていて、徳丸の心遣いだった。
思いがけない徳丸の心遣に皆は感動し、葬儀は和やかに進んだ。
その中、どこか寂しそうな表情を拭えないのが安東ふじ(室井滋)である。
母を案じた花子がその夜縁側で、東京で一緒に暮らさないかと提案するが断られた。
一方、純平が戦死して以来、生きる気力を失った宮本蓮子(仲間由紀恵)を龍一が勇気づけようとするが、未だ心を溶かすことができなかった。
葬儀が終わり、村岡家では、吉平にも翻訳原稿を呼んでもほしかったと嘆いていた。
すると、村岡英治(鈴木亮平)がやってきて『Anne of Green Gables』の続編の本を持ってくる。
感激した花子は、すぐに読もうとするが、スコット先生(ハンナグレース)との約束を果たせていないと、本が出版されるまでは見ないと決めた。
数日後に東京に戻った花子が翻訳原稿の売り込みに奔走していると、幼い戦争孤児に出会う。
かよと花子は二人を何とかかくまって警察をやり過ごすことに成功するのだが、この二人がかよの今後を大きく左右するとは思いもしなかった。

ここまでが、9月22日に放送された朝ドラ「花子とアン」第151話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第152話のあらすじを知りたい方は、第152話『龍一の訪問』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第151話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第151話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン151話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第26週目第151話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。