『花子とアン』安東吉平役は伊原剛志!落語家デビューしていた!?

NHK朝ドラ「花子とアン」で、安東吉平役を演じるのは、伊原剛志さんです。

こちらでは、花子とアンのキャスト・伊原剛志さんに関する情報をまとめています。

  • 伊原剛志さんが演じる安東吉平の役柄
  • 安東吉平のモデル
  • 伊原剛志さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

伊原剛志演じる安東吉平の役柄は?


花子とアンのキャスト・伊原剛志演じる安東吉平は、安東家の家長ではなたちの父親です。

職業は行商人で、甲府特産の生糸を東京へ売りに行き、代わりに日用品を買いつけて甲府で売る仕事をしています。

1年の半分は家を空けており、たまに甲府の家に帰ってきてはお土産を買ってきます。

常に前向きな性格をしており、行動も気まぐれで、はなが字が読めないと知るとすぐに学校へ手続きをしにいき、学校に通わせます。

すぐに字が読めるようになったはなの才能に早くから気づき、東京のミッション系の学校に行かせようとすぐに東京へ向かいます。

そんな気まぐれな吉平に、妻・ふじや義父・周造はあきれるばかり。

はなが東京の女学校に進学してからも、度々先生たちに見つからないよう学校に顔をだします。

社会運動

その一方で、東京で社会運動家の講演を聞いた吉平は共感を覚え、手伝えることはないかと事務所を訪ねます。

その際に支援活動をしてほしいとお願いされ、それにのめり込んでいきます。

帰郷

帰郷後は行商をやめて、地道に農業に励む生活を送っていましたが、花子が帰省した際に大喜びします。

しかし、帰省した理由が失恋だということを知ると、こういうときの男親は役に立たないと落ち込みます。

それから経って、花子(はな)が英治を連れて帰ると、誠実な彼を気に入りますが、英治が初婚でないことや花子が以前失恋した相手だと知ると、態度が変わり結婚に反対します。

しかし、最後は、ふたりの気持ちを尊重し、結婚を許します。

安東吉平のモデルは?

朝ドラ「花子とアン」のキャスト・伊原剛志さん演じる安東吉平のモデルは、翻訳家・児童文学者の村岡花子さんの父・安中逸平さんです。

村岡花子さんは、ヒロイン・安東はなのモデルで、吉平の娘に当たります。

 

伊原剛志さんのプロフィール

こちらでは、花子とアンのキャスト・伊原剛志さんのプロフィールを紹介します。

名前伊原剛志(いはらつよし)血液型O型
生年月日1963年11月6日身長184cm
星座さそり座出身地福岡県北九州市

安東吉平役を演じる伊原剛志さんは、1963年11月6日生まれの大阪出身で、元ケイダッシュ所属の俳優さんです。

1983年に舞台「真夜中のパーティー」で俳優デビューした後、1996年~1997年にかけて放送された連続テレビ小説「ふたりっ子」で一躍人気を集め、それ以降数々の映画やドラマに出演してきました。

代表作は数多く、大河ドラマ「新選組!」では、幕府側の警察組織の中心人物である佐々木只三郎を好演し、竜馬暗殺の人物として見事に演じ切りました。また、クリントン・イーストウッド監督作品の「硫黄島の手紙」では、実在したオリンピック選手で部下思いの上官役(バロン西)を好演し、その俳優としての知名度をさらに上げました。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「花子とアン」が放送された2014年当時の伊原剛志さんの年齢は、51才です。あれから6年経っていますので、伊原剛志さんの現在の年齢は、57才(2020年現在)になります。

今何してる?

伊原剛志さんは、所属事務所・ケイダッシュとの契約が終了し、個人事務所「IHARAオフィス」を設立しました。

現在でも俳優業を続けており、直近の出演作品では、2019年放送のテレビドラマ「後妻業」や「家族のレシピ」などに出演しています。

2020年2月にはYouTubeで公式チャンネルとして「IHARA Channel」を開設しています。

彼女は?結婚してる?

伊原剛志さんに、現在彼氏彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、1990年に女優の相築あき子さんと結婚し、2人の息子をもうけました。

しかし、9年後の1999年に離婚してしまいます。

この離婚で結婚には向いていないと自覚していたものの、現在の奥さんである純子さんからのプロポーズにより、再婚しました。

現在では、さらにもう1人増えて、3人の子供を育てるパパとなっています。夫婦喧嘩は絶えないということですが、元来自由人を自負している伊原さんにとっては、家から出ていけば、すぐにどうでもよくなるとのことです。

また、奥さんは伊原さんが起ち上げたお好み焼き屋の経営をしており、年商は10億円とも言われています。

仲が良くないと夫婦の経営もうまく行くはずがないと言えるので、実際はお互いを尊重して、良い関係を築けているものと言えますね。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、花子とアンのキャスト・伊原剛志さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
大河ドラマ「武田信玄」織田信行
大河ドラマ「新選組!」佐々木只三郎
大河ドラマ「花燃ゆ」坂本龍馬
朝ドラ「京、ふたり」田代守
朝ドラ「ふたりっ子」黒岩政夫
朝ドラ「花子とアン」安東吉平
金曜日の恋人たちへ岸本拓美
一絃の琴須崎辰之進
スタアの恋土方翔
生きるための情熱としての殺人杉山隆生
九龍で会いましょう赤沢公介
こちら本池上署 1堂上洸一
壬生義士伝~新選組で一番強かった男土方歳三
恋は戦い!芥川圭介
こちら本池上署 2堂上洸一
忠臣蔵~決断の時堀部安兵衛
ラストクリスマス新谷伍郎
こちら本池上署 4堂上洸一
特命係長 只野仁2ndシーズン 第14話 侍村上浩司
曲がり角の彼女堀内正光
映画
コータローまかりとおる!砂土屋峻平
バカヤロー! 私、怒ってます 第一話「食べてどこがいけないの~」沼山和樹
病院へ行こう韮崎
香港パラダイス安東
女がいちばん似合う職業束田文夫
代打教師 秋葉、真剣です!辻正美
JINGI 仁義神林仁
修羅の帝王直江篤彦
四姉妹物語沖田淳一
ガメラ 大怪獣空中決戦米森良成
あぶない刑事リターンズ柊誠
ヒロイン!大橋蔵之介
DRUG倉田政志
みんなのいえ荒川Jr.
新仁義なき戦い 謀殺柘植直巳
半落ち佐瀬銛男
ヒナゴンイッちゃん
硫黄島からの手紙西竹一中佐
宮地徹
ヒートアイランド柿沢
舞台
ゆかいな海賊大冒険ダブルキャストB
第V回JAC公演 We Love JAC
真夜中のパーティー
香港ラプソディー
ダア!ダア!ダア!
彦馬がゆく
阿修羅城の瞳 BLOOD GETS IN YOUR EYES
浪人街
カーテンコール
shuffle
ガス人間第一号
CM・広告
ハウス『特選本香り 生わさび』
コカ・コーラ『I Feel Coke』
UCC 『THE COFFEE』
花王 『クリアクリーン』
ANA 『チェックインカウンター篇』『機内篇』
月桂冠 『すべて米の酒』
トヨタ自動車 『ヴァンガード』
興和 『コルゲンコーワIB透明カプセル』
興和『コルゲンコーワ鼻炎ソフトミニカプセル』
牛角『トーク編』

朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧です。

「花子とアン」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『花子とアン』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「花子とアン」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
安東はな
(安東花子)
(村岡花子)
吉高由里子村岡花子安東家の長女
安東吉平伊原剛志安中逸平はなの父
安東ふじ室井滋吉平の妻
安東周造石橋蓮司はなの祖父
安東吉太郎賀来賢人安東家の長男
安東かよ黒木華安東家の次女
安東もも土屋太鳳安東家の末っ子三女
木場朝市窪田正孝はなの幼馴染みで同級生
木場リン松本明子朝市の母
徳丸甚之介カンニング竹山甲府一の大地主
徳丸武矢本悠馬はなの幼馴染みで同級生
本多正平マキタスポーツ尋常小学校時代の担任
緑川幾三相島一之はなと朝市の同僚
合田寅次長江英和教会の番人
小山たえ伊藤真弓女子生徒
森牧師山崎一教会の牧師
望月啓太郎川岡大次郎徳丸家と肩を並べる大地主の息子
ブラックバーン校長トーディクラーク修和女学校の校長
茂木のり子浅田美代子裁縫教師
綾小路先生那須佐代子国語教師
富山タキともさかりえ英語教師
白鳥かをる子近藤春菜寄宿舎の同室の先輩
葉山蓮子仲間由紀恵柳原白蓮葉山伯爵の異母妹
醍醐亜矢子高梨臨貿易会社の社長令嬢
一条高子佐藤みゆき寄宿舎の同室の先輩
畠山鶴子大西礼芳寄宿舎の同室の友人
松平幸子義達祐未寄宿舎の同室の友人
大倉澄子中別府葵学年で最も背の高い生徒
北澤司加藤慶祐はなの初恋の相手
岩田祐作井上尚財閥の子息
梶原聡一郎藤本隆宏向学館の編集長
宇田川満代山田真歩はなと同時に「児童の友賞」に入選した女性
長谷部汀藤真利子昭和7年の時点における人気女流作家
小泉晴彦白石隼也小鳩書房の若手編集者
門倉幸之介茂木健一郎小鳩書房の社長
村岡英治鈴木亮平花子の夫
村岡平祐中原丈雄英治の父で、村岡印刷の社長
村岡郁弥町田啓太英治の弟
村岡香澄中村ゆり英治の最初の妻
村岡歩横山歩花子と英治の息子
村岡美里金井美樹ももと益田旭の実娘で村岡家の養女
葉山晶貴飯田基祐葉山家の当主
葉山園子村岡希美晶貴の妻
久保山大林丈史葉山家の親戚の男性
日下部つまみ枝豆葉山家に仕える運転手
浅野中也瀬川亮吉平が熱心に支持する東京の社会主義運動家で、労民新聞の社主
山田国松村松利史新潟出身の饅頭売り
宮本龍一中島歩かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客
宮本純平大和田健介宮本龍一と蓮子の息子
宮本富士子芳根京子宮本龍一と蓮子の娘で純平の妹
宮本浪子角替和枝龍一の母
雪乃壇蜜昭和7年、突如として宮本家を訪れた娼妓
益田旭金井勇太昭和7年の時点における「カフェータイム」の常連客で、売れない絵描き
益田直子志村美空ももと旭の次女
嘉納伝助吉田鋼太郎蓮子の二度目の夫
嘉納冬子城戸愛莉伝助の娘です。
山元タミ筒井真理子嘉納家の女中頭
内藤中野剛嘉納伝助の取引先である筑前銀行の東京支店長
浜口サダ霧島れいか吉平が新潟の木賃宿で出会った、夫の暴力で苦労する人妻
三郎酒向芳徳丸商店の店員
口入屋祖父江進三郎とともに奉公人を迎えに来た男
医師池浪玄八はなが熱を出したときに診てくれた医師
スコット先生ハンナグレース修和女学校のカナダ人教師
フィリップス先生サラマクドナルド修和女学校の外国人教師
郵便配達天野勝弘安東家にはなの手紙を届ける郵便配達人
労民新聞社の社員塩見大貴労民新聞社の社員