『花子とアン』富山タキ役はともさかりえ!2回離婚してシングルマザー!?

NHK朝ドラ「花子とアン」で、富山タキ役を演じるのは、ともさかりえさんです。

こちらでは、花子とアンのキャスト・ともさかりえさんに関する情報をまとめています。

  • ともさかりえさんが演じる富山タキの役柄
  • 富山タキのモデル
  • ともさかりえさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

ともさかりえ演じる富山タキの役柄は?


花子とアンのキャスト・ともさかりえ演じる富山タキは、英語教師です。

修和女学校の英語教師で、校長の通訳を担当。いつも無表情で、入学したてのはなにも、「給費生は一度でも落第点をとったら学校をやめてもらう」と冷たく言い放つ。

はなが英語の勉強に熱心に取り組むようになっても、どうせ続かないとそっけない態度を崩さない。

のちに本科に進んだはなが、自分よりも見事な翻訳をするようになると、それを脅威と感じ、動揺する。

また、男女の恋愛に過剰に反応してしまうが、 それには理由が、、、

英語教師。

指導は熱心だが、厳しくて甘えを許さないため生徒から恐れられている。

 

富山タキのモデルは?

朝ドラ「花子とアン」のキャスト・ともさかりえさん演じる富山タキのモデルは、今のところ見当たりません。

朝ドラ「花子とアン」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

ともさかりえさんのプロフィール

こちらでは、花子とアンのキャスト・ともさかりえさんのプロフィールを紹介します。

名前ともさかりえ血液型A型
生年月日1979年10月12日身長168cm
星座てんびん座出身地東京都三鷹市

富山タキ役を演じるともさかりえさんは、1979年生まれの東京都三鷹市出身で、イトーカンパニー所属の女優です。

ともさかりえさんと言えば、ドラマ「金田一少年の事件簿」でのヒロインである相川七瀬役で一躍注目を浴びたことで有名です。

このドラマは人気漫画をドラマ化したものですが、主演の金田一一役の堂本剛さんとのコンビがはまり役で、今でも見返したい作品の1つと言えるかもしれません。

堀越学園在学中に事務所によるスカウトで、1992年に芸能界デビューします。

武田鉄也が原作を書いた物語である「コラなんばしよっとか」では、本格的に女優として活動しはじめ、1996年公開の「友子の場合」で映画デビューを果たし、順調に女優人生を歩み始めました。

その後も、大河ドラマ「北条時宗」「篤姫」、朝ドラ「てっぱん」「花子とアン」、「PとJK」「お嬢様は名探偵」「ロッカーの ハナコさん」「蝶々さん」など映画、ドラマで活躍しました。

 

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「花子とアン」が放送された2014年当時のともさかりえさんの年齢は、34才です。

あれから7年経っていますので、ともさかりえさんの現在の年齢は、41才(2021年現在)になります。

彼氏は?結婚してる?

ともさかりえさんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、現在は独身のようです。

ともさかりえさんは、2回の離婚歴があり、現在はシングルマザーとして、一人息子を育てている苦労人でもあります。

1回目は演出家の河原雅彦さんと結婚し、2回目はミュージシャンのスネオヘアーさんと結婚しましたが、どちらも数年間で離婚しています。

夫の浮気なども問題ですが、自分の気難しい面も認めており、今後は子供のためにもシングルマザーとして、子育てと仕事を両立していくことを公のメディアでコメントしています。

シングルマザーは年々増加しており、そういった方たちの希望や模範になれる女優でもあると言え、応援したくなる人物の1人だと言えますね。

所属事務所は?

ともさかりえさんの所属事務所は、イトーカンパニーで、蒼井優さんや金子ノブアキさん、朝倉ふゆなさんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、花子とアンのキャスト・ともさかりえさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「てっぱん」西尾冬美
朝ドラ「花子とアン」富山タキ
朝ドラ「あさが来たスピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」サツキ
蝶々さん三浦絹
薄桜記お三
孤独のグルメ Season2「第9話」服部久美子
相棒 season11 「第12話」山根みちる
ラスト・ディナー 第4夜「True Heart」風間凛
真夜中のパン屋さん篠崎律子
激流~私を憶えていますか~~秋芳美弥
おやじの背中 「第4話」麻倉加奈子
ファーストクラス多武峰凪子
結婚に一番近くて遠い女梅宮瞳
LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うことアスカ
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~ 第1話唐島珠美
家売るオンナ 第5話日向詩文役
地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 第2話小森谷亜季
青の時代 名曲ドラマシリーズ「モーニング娘。“LOVEマシーン”」愛沢知恵
ブランケット・キャッツ 第3話石田有希枝
アシガール吉乃
映画
友子の場合田村友子
金田一少年の事件簿 上海魚人伝説七瀬美雪
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE声優・星野リサ
センチメンタルシティマラソンマチネ/ソワレ
クロエクロエ
CROSSアナウンサー
AIKIサマ子
偶然にも最悪な少年アベック女
1980レイコ
それいけ!アンパンマン ハピーの大冒険声優・ハピー
次郎長三国志おしま
うた魂♪黒木杏子
いけちゃんとぼく美津子
ちょんまげぷりんひろ子
アブラクサスの祭多恵
ハイザイ 神様の言うとおり深谷
100回泣くこと中村夏子
脳内ポイズンベリー山崎みほこ
オー・マイ・ゼット!花田恭子
PとJK本谷陽子
舞台
シス・カンパニー公演「ヴァージニアウルフなんてこわくない~」ハネー
M&O plays プロデュース「まどろみ」主演:トツミ
M&O plays プロデュース「鎌塚氏、放り投げる」上見ケシキ
M&O plays プロデュース「鎌塚氏、振り下ろす」上見ケシキ
ガリレオ物語
犬を使う女~スター誕生より~
トランス
SLAP STICKS
パルコプロデュース LOVE30 Vol.3「しゃぼん」
ネジと紙幣 based on 女殺油地獄
CM・広告
トヨタ自動車「エスティマ エミーナ/ルシーダ」
京セラ「8ミリビデオカメラ」
日清製油
日本著作権協会
池田模範堂 「ムシペールα」
三菱鉛筆 「ケルサ」
森永製菓
パルコ
ECC
資生堂
NEC 「文豪MINI」
東京ますいわ屋
大塚食品
メニコン 「ソフトコンタクトレンズ」
ローソン
富士フイルム 「AXIA」
キリンビバレッジ 「キリンレモン」
カゴメ「野菜生活」

朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「花子とアン」のキャスト一覧です。

「花子とアン」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『花子とアン』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「花子とアン」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
安東はな
(安東花子)
(村岡花子)
吉高由里子

(幼少期:山田望叶

村岡花子安東家の長女
安東吉平伊原剛志安中逸平はなの父
安東ふじ室井滋安中てつ吉平の妻
安東周造石橋蓮司はなの祖父
安東吉太郎賀来賢人

(幼少期:山崎竜太郎

安中庄三郎?安東家の長男
安東かよ黒木華

(幼少期:木村心結

安東家の次女
安東もも土屋太鳳

(幼少期:須田理央

安東家の三女
木場朝市窪田正孝

(幼少期:里村洋

はなの幼馴染みで同級生
木場リン松本明子朝市の母
徳丸甚之介カンニング竹山甲府一の大地主
徳丸武矢本悠馬

(幼少期:高澤父母道

はなの幼馴染みで同級生
本多正平マキタスポーツ尋常小学校時代の担任
緑川幾三相島一之はなと朝市の同僚
合田寅次長江英和教会の番人
小山たえ伊藤真弓女子生徒
森牧師山崎一小林光泰牧師?教会の牧師
望月啓太郎川岡大次郎徳丸家と肩を並べる大地主の息子
ブラックバーン校長トーディクラークイザベラ・ブラックモーア修和女学校の校長
茂木のり子浅田美代子裁縫教師
綾小路先生那須佐代子国語教師
富山タキともさかりえ英語教師
白鳥かをる子近藤春菜寄宿舎の同室の先輩
葉山蓮子仲間由紀恵柳原白蓮葉山伯爵の異母妹
醍醐亜矢子高梨臨

(幼少期:茂内麻結

貿易会社の社長令嬢
一条高子佐藤みゆき寄宿舎の同室の先輩
畠山鶴子大西礼芳寄宿舎の同室の友人
松平幸子義達祐未寄宿舎の同室の友人
大倉澄子中別府葵学年で最も背の高い生徒
北澤司加藤慶祐はなの初恋の相手
岩田祐作井上尚財閥の子息
梶原聡一郎藤本隆宏向学館の編集長
宇田川満代山田真歩宇野千代?

北川千代?

吉屋信子?

はなと同時に「児童の友賞」に入選した女性
長谷部汀藤真利子昭和7年の時点における人気女流作家
小泉晴彦白石隼也小池喜孝小鳩書房の若手編集者
門倉幸之介茂木健一郎小鳩書房の社長
村岡英治鈴木亮平村岡儆三花子の夫
村岡平祐中原丈雄 村岡平吉英治の父で、村岡印刷の社長
村岡郁弥町田啓太村岡斎英治の弟
村岡香澄中村ゆり村岡幸英治の最初の妻
村岡歩横山歩花子と英治の息子
村岡美里金井美樹村岡みどりももと益田旭の実娘で村岡家の養女
葉山晶貴飯田基祐柳原義光葉山家の当主
葉山園子村岡希美柳原花子晶貴の妻
久保山大林丈史葉山家の親戚の男性
日下部つまみ枝豆葉山家に仕える運転手
浅野中也瀬川亮幸徳秋水?吉平が熱心に支持する東京の社会主義運動家で、労民新聞の社主
山田国松村松利史新潟出身の饅頭売り
宮本龍一中島歩宮崎龍介かよが女給をしているカフェー「ドミンゴ」の常連客
宮本純平大和田健介宮本龍一と蓮子の息子
宮本富士子芳根京子宮本龍一と蓮子の娘で純平の妹
宮本浪子角替和枝宮崎槌子龍一の母
雪乃壇蜜春駒(森光子)昭和7年、突如として宮本家を訪れた娼妓
益田旭金井勇太昭和7年の時点における「カフェータイム」の常連客で、売れない絵描き
益田直子志村美空ももと旭の次女
嘉納伝助吉田鋼太郎伊藤伝右衛門蓮子の二度目の夫
嘉納冬子城戸愛莉静子?伝助の娘です。
山元タミ筒井真理子嘉納家の女中頭
内藤中野剛嘉納伝助の取引先である筑前銀行の東京支店長
浜口サダ霧島れいか吉平が新潟の木賃宿で出会った、夫の暴力で苦労する人妻
三郎酒向芳徳丸商店の店員
口入屋祖父江進三郎とともに奉公人を迎えに来た男
医師池浪玄八はなが熱を出したときに診てくれた医師
スコット先生ハンナグレース修和女学校のカナダ人教師
フィリップス先生サラマクドナルド修和女学校の外国人教師
郵便配達天野勝弘安東家にはなの手紙を届ける郵便配達人
労民新聞社の社員塩見大貴労民新聞社の社員