花子とアン第148話のネタバレあらすじ!今回は見送り

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」25週目第148話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第147話「出版させてほしい」では、梶原と共に村岡家を訪れた小鳩書房の小泉晴彦が、翻訳した原稿を出版させてほしいとお願いするストーリーでした。

花子とアンの第148話「今回は見送り」では、2冊のうち一つは出版されることになったが、「Anne of Green Gables」の出版は見送られることになるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月18日(木)放送
第25週サブタイトル『どんな朝でも美しい』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第148話のネタバレあらすじ

ここからは、9月18日に放送された朝ドラ「花子とアン」第148話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン148話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

とうとう、開店の準備が始まって本格的な営業を再開するのだ。アンたちにとって震災は二人の出会いを与えてくれたものであると同時に、大切な家族を失った憎むべき現象だった。

いつまでも忘れてはいけないことを互いの胸に刻むために、喫茶の名前はウェーブにしたのだ。

二人の共通の有人である渡辺・西岡・美咲が祝いに駆け付け、それぞれが祝辞を述べた。

そしてその時、一本の電話が掛かってきた。

声の主は花子の元恋人である田辺であったのだ。

二人はケンカ別れをしたわけでもなく、田辺も電話の向こうで笑いながらこの日を祝っていた。

アンの目に映る花子の姿、まだ彼に未練があることを見抜いていたのである。

そこでそっと耳打ちをして、もう一度よりを戻せといった。

花子にとってそれがどういう意味なのかと不思議で、首を傾げるだけである。

アンが全員に目配せをすると、一気に大きな笑い声があがったのだ。

微笑ましい若者たちの未来でもあり、この時間が至福なのだろう。

ここまでが、9月18日に放送された朝ドラ「花子とアン」第148話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第149話のあらすじを知りたい方は、第149話『人生に無駄なことはない』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第148話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第148話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン148話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第25週目第148話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。