花子とアン第144話のネタバレあらすじ!空襲

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」24週目第144話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第143話「翻訳に取り掛かる」では、スコット先生から手渡された「Anne of Green Gables」の翻訳に取り掛かるストーリーでした。

花子とアンの第144話「空襲」では、翻訳を続けていると空襲警報が鳴り響き、原稿を持って逃げるストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年9月13日(土)放送
第24週サブタイトル『生きている証』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、9月13日に放送された朝ドラ「花子とアン」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

空襲が激しくなる中、家の中で村岡花子(吉高由里子)が原稿用紙を集めながら「ANNE OF GREEN GABLES」の翻訳作業を行っていた。
宮本家にいる蓮子の下に、宮本純平(大和田健介)が1年ぶりに帰宅していた。
特別休暇を貰ったというと、その言葉に何か不吉な意味を感じながら宮本蓮子(仲間由紀恵)が笑顔で迎えたのだ。
純平は、宮本家に上がると浪子の仏前で帰宅したことを報告していた。
蓮子が気になっていたことは、どこで訓練しているのか、それを訪ねたけれども軍の規則だからと話せないとのことだった。
すっかり軍人らしくなっていた純平だが、明日の午後には立たなければならない、今夜だけ自宅で過ごせることに蓮子が喜んだのだ。
久しぶりに、かよの店に訪れ帰宅した純平に何か食べさせたいけれども、家に何も食材がなかったため分けて貰いに来た。
事情を話すと安東かよ(黒木華)が、分かったといい、そのようなことならと笑顔で受け合った。
蓮子が留守をしている最中、花子の下に会いにいくため村岡家に訪れたのだ。

ここまでが、9月13日に放送された朝ドラ「花子とアン」第144話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『翻訳に夢中』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン144話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。