エール第41話のネタバレあらすじ!久しぶりの再会に裕一がテンション高すぎて、鉄男引く!?

こちらでは、朝ドラ「エール」9週目第41話のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

エールの第40話「応援歌『紺碧の空』」では、ついに早稲田大学の応援歌を書き上げ、早稲田を勝利に導き、独り善がりの音楽が伝わるわけないと知ったストーリーでした。

エールの第41話「幼なじみ三人の再会」では、裕一が鉄男を呼び出し、上京して作詞家になろうと誘いますが、まだ早いと断られ意気消沈するストーリーとなっています。

朝ドラ『エール』
2020年5月25日(月)放送
第9週サブタイトル『東京恋物語』

エールの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「エール」を見逃した方は、「エール(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『エール』第41話のネタバレあらすじ

ここからは、5月25日に放送された朝ドラ「エール」第41話のあらすじをまとめたネタバレです。

エール41話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーになります。

  • 幼馴染の3人がついに顔合わせ!
  • 上京して一緒に夢を叶えようと訴える
  • 今は仕事でいっぱいだ。夢を叶えるには準備がいる!
  • 世界的オペラ歌手が学校にやって来た!
  • 緊張している妻にいつも通りやれば大丈夫と励ます
  • 廿日市から地方小唄の曲をつけるよう依頼される
  • 木枯から『紺碧の空』のお祝いでカフェーに誘われる
  • カフェーで少し福島にいたことがあるという希穂子と意気投合
  • 記念公演の二次選考に挑み、見事合格!
  • 審査基準満たしてたけど、最終合格は厳しい!

幼なじみ三人集合!

ある日、バンブーで、古山裕一(窪田正孝)と大将が話をしていました。

なぜ彼がバンブーにいるかというと、先日、話があるから上京してくれないかと連絡をもらっていたからです。

村野鉄男(中村蒼)は、今も川俣にいたころと同じ新聞社で、新聞記者として働いていました。

大将、一緒に曲作んないか?君もそろそろ夢に向かって進む時期だ。しかも、、、歌うのは久志だ!」と指パッチンで呼び込みます。

誰?という反応に焦っていると、少し間をおいて「久しぶり。覚えてると思うけど、、、佐藤久志です。」と相変わらずのキザな登場。

名前に聞き覚えがあった鉄男は、思い出したように立ち上がり、すぐいなくなるやつだ!と言いました。

こうして、同じ福島の小学校に通っていた幼馴染の3人が、十数年の年月を経て、ついに揃ったのです。

三人は久方ぶりの再会に笑顔になり、ソファーに座ります。

そして、一人で興奮したように再度、東京にきて一緒に夢を叶えよう!と訴えます。

佐藤久志(山崎育三郎)も人生は短いよと背中を押すと、テンションが上がった裕一が、マスターにホットケーキ5段重ねで注文しました。

そのテンションの高さに何なんだ?一体。と戸惑いますが、久志が応援部の影響で、いずれ落ち着くと説明します。

梶取保(野間口徹)が、むちゃ言い過ぎなんじゃないかと釘を刺しますが、ホットケーキのことと勘違いしていました。

保が言いたかったことは大将のことです。

梶取恵(仲里依紗)も、仕事や住むところはどうするの?と大将のことを気にかけました。

すると鉄男は、今は記者の仕事で手一杯なんだと話をします。

さらに、詩はいつでも書ける。それまで色々と準備が必要だと訴えました。

さっきまでテンションが上がっていましたが、大将には大将の計画があるよねと、少し気を落としたような感じで謝りました。

鉄男は、東京には用事もあったから気にするなと気遣います。

その話を聞いていた久志が「取材か?」と聞くと、上京した理由は言いづらいようで、話を濁してしまいます。

幼なじみの友人たちと再会を果たした鉄男は、その足でバス停に向かっていた。

写真を見つめて、何か訳ありな感じな様子。

特別講師に世界的オペラ歌手!

その頃、学校で勉強している音のもとへ驚きの出来事がありました。

教室で先生を待っていると、先生が入ってきて、特別教師に双浦環先生を招いたことを皆に伝えます。

まさかの世界的オペラ歌手の登場に、ざわつく学生たち。

さらに、双浦環(柴咲コウ)には記念公演の審査もしてもらうことになったのです。

レッスン室でピアノを弾く環の様子を、数人の学生たちが窓から覗いていました。

ピアノを弾き終えて出てきたところに、古山音(二階堂ふみ)は、思い切って子供の時教会でお会いしたことがあると、声をかけます。

幼い頃、父の安隆と一緒に教会に行った時、そこで歌っていた彼女に父が声をかけて話しをすることができたのです。

そしてその時、レコードをもらいました。

その話をすると環も思い出したように、お父様と一緒だったわねと答えます。

彼女が覚えていたことが嬉しく舞い上がる音に、友達の潔子と和子が駆け寄ってきて、双浦先生と知り合いなの?すごい!とテンションが上がっていました。

知り合いと言う言葉に照れていると、そこに千鶴子が通りかかります。

すると環の方から千鶴子に声をかけました。

環は、千鶴子が歌った去年のソロリサイタルを観にいったことを話します。

それを聞いた千鶴子は、今までみたこともないような笑顔で「光栄です。ありがとうございます。」と感激しました。

子供の頃会ったことがあるだけの関係とは雲泥の差を見せつけられた瞬間でした。

夕食時のまともな夫婦の会話

その日の夕食時のこと。

早速、学校に双浦環が来ていることを話しました。

一次審査に合格している10人は、記念公演の主役であるプリマドンナを目指し、双浦環の前で歌うことになっています。

緊張しちゃうと言うと、いつも通りやれば大丈夫だよと励まされます。

夫の言葉に少し緊張もほぐれ、今度は夫の今日の三人があった出来事について訊ねました。

鉄男とはすでに福島で一度会っており、上京していたことも知っていたのです。

会いたかったなーと言うと、「また来るってよ大将。最近ね東京によく来てんだって。」と話します。

大将?と聞いてきたので、子供の頃のあだ名が乃木大将だったことを説明しました。

さらに、学校でも有名な悪ガキだったけど、卑怯なことは絶対にせず、苦労してても人には見せない強さがあったことも教えます。

しかし、夢を叶えるために一緒に頑張ろうと上京を勧めましたが、独りよがりで東京に呼び出したことを少し後悔していました。

幼なじみに気にかけてもらえてうれしかったんじゃないかな?」と、少し落ち込んでいた夫を気遣うのでした。

地方小唄の作曲依頼

翌日、裕一はコロンブスレコードに出社しました。

サロンで曲を書いていると、廿日市誉(古田新太)がやって来て、開口一番に「早稲田の応援歌作ったんだって?いや~大したもんだ~。」と耳打ちしてきました。

一枚もレコード出せてないのにいい度胸だと嫌味な言い方をする廿日市に、すみませんと萎縮してしまいます。

一通り嫌味を言い終わると、話変わって地方小唄の話をしてきました。

地方小唄とは、ご当地ソングのことで、『東京行進曲』などがヒットしていることを受けて、コロンブスレコードとしてもその波に乗ろうと考えていたのです。

すでに磯貝王次郎っていう作詞家に横浜の地方小唄の詞を依頼しているとのことです。

磯貝王次郎は、第二の西條八十といわれている大型新人と言われている人だというのですが、いきなり「君曲作んない?」と思いもよらないことを持ちかけてきました。

いきなりのお誘いにビックリした裕一に「こ~れ大抜擢だよ~!社長もこれに社運賭けるっつってんだから。」と、これまでの態度とは打って変わって、ヨイショするのです。

何か裏がありそうですが、それを真に受けた裕一は、僕頑張ります!と、突然の大抜擢に小さくガッツポーズをしました。

カフェーはちょっと、、、

廿日市と別れて、上機嫌で会社の廊下を歩いていると、後ろから木枯正人(野田洋次郎)が声をかけてきました。

早稲田大学の応援歌『紺碧の空』を作曲したことをすでに耳にしており、あれ最高だなと褒めてくれました。

嬉しさを隠さず素直に喜んでいると、今夜空いてる?と誘ってきました。

お祝いさせてよという木枯は、さらに新しい子が入ったんだよね~、と言葉巧みにカフェーに誘います。

いや、うれしいけどああいうとこ、、、」と断ろうとしますが、いいからいいからと強引にカフェに連れて行かれました。

カフェでお祝いをする二人

初めまして、希穂子と申します。」と挨拶をする女給。

いやいや付いて行った裕一でしたが、めちゃめちゃ嬉しそうに挨拶をします。

すでにカフェ通いも楽しんでいるようです。

希穂子が「古山さんも作曲家さんなんですか?」とビールを注ぎながら木枯に聞くと、この前早稲田の応援歌を作った話をして、希穂子はすごい!と感心しました。

いい曲で僕にはとても書けないと彼をべた褒めする木枯。

木枯の力説は止まらず、曲の部分を絶賛されると一番苦労したところと、まんざらでもない感じです。

二人のやり取りを聞いていた希穂子も「木枯さんのお墨付きなら優秀な方なのね。」とベタ褒めで、僕なんかまだまだですと、謙遜しながらもハイテンション。

彼のなまり言葉が気になった希穂子は、もしかして福島の方ですか?と聞きます。

実は希穂子も少しだけ福島にいたこともあり、ちょっと福島訛りで「福島いいとこですよね。

と、お互い意気投合します。

カフェーで祝ってもらうと、夢見心地で自宅へ帰っていきました。

ばれないように入念にチェック!

夜遅く帰宅してきた裕一。

この前の失敗をしないように自分の服のにおいを嗅いだり、服を払ったりと玄関前で入念にチェックし、気にしながら家に入ります。

後ろめたさを感じながら静かに家に中に入ると、まだ明かりがついていて、歌の練習をしていました。

起きてたんだ?と声をかけると明日二次審査があると話します。

譜面を夢中で見ていて、夫が遅く帰ってきたことに気にも留めていない様子でした。

頑張ってねと声をかけて、余計な詮索をされないうちに、そそくさと退散します。

二次選考合格の後の地獄!

今日は、記念公演出演者の選考会が行われる日です。

音は緊張しながらも教室に入ります。

緊張な面持ちで開始を待つ生徒たち。

そこへ審査員たちが入って来て、ついにヴィオレッタ役の二次選考が始まりました。

第一次審査に通過したのは10名。

この中から一人だけヴィオレッタ役に選ばれるのです。

一次選考に合格した者たちは、双浦環を含む審査員の前で、次々と歌を披露していきます。

全員歌い終えると、環が生徒たちの前に立ちました。

ご苦労様とねぎらい、最後に「歌っている時に何を考えていましたか?」と生徒たちに投げかけました。

質問に、端から順に答えていく生徒たち。

千鶴子が「観客に喜んでもらえるようにとに考えていました。」と答えると、音は「私は、歌って楽しいなって思いながら歌っていました。」と答えて、環は何かを感じたような表情を見せました。

第二審査が終了し、審査を終え戻ってきた教師が審査結果を発表しました。

最終選考に選ばれたのは、千鶴子と音の二人だけでした。

発表を聞いて、思わず顔を見合わせる二人。

審査が終わり帰ろうとする環を後ろから呼び止めて、ありがとうございましたと伝える音。

すると環は「古山さんは、審査の基準を十分に満たしていたわ。」と言ったあとに、「ただ、、、最終選考で勝つのは難しいでしょうね。」と言いました。

それを聞いた瞬間、えっ?と言って、立ち尽くします。

ここまでが、5月25日に放送された朝ドラ「エール」第41話のあらすじのネタバレです。

最後の最後に天国から地獄に落とされたような展開!この状況を打破するために、ウルトラC的な妙案を思いつき、みんな度肝抜かすんですよね、、、

エール第42話のあらすじを知りたい方は、第42話「音、女給になる」へ読み進めてください。

朝ドラ「エール」第41話の感想まとめ

朝ドラ「エール」の感想
こちらは、朝ドラ「エール」第41話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

さて、朝ドラ「エール」第41話では、窪田正孝さんが中村蒼さんを呼び出し、上京して作詞家になろうと誘いますが、まだ早いと断られ意気消沈する回でした。

やっぱり共通認識!

すぐいなくなるやつだ

というのは、幼少期過ごしてきた人たちの共通認識だったんですねw

個人的には、山崎育三郎さんのことを忘れていることに期待していました。

それにしても窪田さんのテンション上げ上げって、たまにこういうヤツっているなと思ったシーンでしたね。

中村さんは、窪田さんに気を使って取材で東京に来たと言いましたが、山崎さんの質問を濁したということは、取材じゃなくて別の理由だと分かります。

実は、あらすじのネタバレになりますが、中村さん、失踪中の元恋人を探しにきていたんです!

見つかるのか見つからないのか明日以降が楽しみですねー

それと将来について語り合った三人。

作詞が村野鉄雄、作曲が古山裕一、歌が佐藤久志は、今のところ絵に描いた餅ですが、これもネタバレになりますが、いつか実現します!

いつ実現するのかまでは分かりませんが、こちらも楽しみ!

久方ぶりに双浦環登場

朝ドラ「エール」第41話で久方ぶりの柴咲コウさんの登場ですが、 和服姿がよく似合う!

柴咲さんが美人すぎて、着物もこれぐらい派手な羽織りじゃないと釣り合わなかったのかなと思うほど、衣装も素敵でした。

幼少時の音との出会いをよく覚えていたのにもびっくり。

世界的歌手なら、子供のころあったようなエピソードは、いくらでもありそうなので、10年以上前のことを覚えていたとは、、、

しかも、父親のことまで覚えていたのは記憶力良すぎでしょ!と思っちゃいましたw

以上が、朝ドラ「エール」第9週目第41話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、エール第9週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第9週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

朝ドラ「エール」第9週目のネタバレあらすじ

41話放送の朝ドラ「エール」第9週「東京恋物語」は、福島三羽ガラスがついに再会を果たし、鉄男に作詩歌の夢に向かって進む時期だと話をしますが、色々準備が必要だと断ります。実は、上京した理由は別にあり、突然いなくなった元恋人を探すためでした。二人の切ない恋物語と『椿姫』のヴィオレッタと重ね、最終選考に望む音が見事合格するストーリーとなっています

あんなに色々なものを犠牲にしてがんばってきたのに、選ばれなかった千鶴子の気持ちはいかほどかと心配になりました。

第9週のあらすじを一気に知りたい方は、朝ドラ「エール」の第9週「東京恋物語」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。