花子とアン第116話のネタバレあらすじ!嘘つき!

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」20週目第116話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第115話「歩との約束」では、海水浴へいく予定の日にどしゃぶりで中止になり、次の日曜日に必ず海へ行こうと花子が歩と約束するストーリーでした。

花子とアンの第116話「嘘つき!」では、日曜日に海へ行く約束をしていたが、仕事が終わらずに歩から嘘つきと言われてしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月12日(火)放送
第24週サブタイトル『海にかかる虹』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第116話のネタバレあらすじ

ここからは、8月12日に放送された朝ドラ「花子とアン」第116話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン116話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

昨日、アン達は喫茶ジュノワールで話し合いを持つ時間があった。

これから花子たちと一緒に過ごすにあたり、どういった方向性の店にするのかが大切だったからだ。

アンはまだ生後まもない子どもを抱え、戦地にいった夫の帰りを待つ身である。

このまま親子だけの暮らしとなっては、食べていくための方法を見出さないといけないのである。

当初はひとりで喫茶を進める予定であったが、やはり花子を頼ろうと誓ったのだ。

そのころ内藤家である祝い事をおこなっていた。

この祝いの主役となった内藤雄二という男こそ花子の将来の夫だ。

これまで二人とも幼馴染という間がらで、恋愛に進展をする気配がなかった。

しかし、やっと雄二の想いが花子に伝わり伴侶となったというわけだ。

内藤家での祝いに駆け付けた工藤たちも盛大に祝福をして、これから若者たちが羽ばたくのだと予感をさせる回である。

花子たちの将来の未来に戦争という悲劇の一端を今の姿で見ることもないのだ。

ここまでが、8月12日に放送された朝ドラ「花子とアン」第116話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第117話のあらすじを知りたい方は、第117話『歩の突然の死』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第116話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第116話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン116話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第20週目第116話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。