花子とアン第131話のネタバレあらすじ!テル号のニュース

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」22週目第131話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第130話「愛犬テルとのお別れ」では、戦争の影が忍び寄ってくる中、愛犬テルが軍用犬として徴用されてしまう。ストーリーでした。

花子とアンの第131話「テル号のニュース」では、軍用犬が手柄を立てたニュースを美里のために、「テル号」と名前を付けてニュースを読んでしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月29日(金)放送
第22週サブタイトル『新しい家族』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第131話のネタバレあらすじ

ここからは、8月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第131話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

日中戦争によって、日常の暮らしにも戦争の影が忍び寄る。
とうとう村岡家の愛犬テルも、家に帰ることはない軍用犬として連れて行かれてしまったのだ。
テルの帰りを待つ美里に、英治は兵隊たちを助ける仕事でいったのだと教え、きっと一生懸命働いて帰ってくると嘘をつくしかない村岡花子(吉高由里子)
テルのことが頭から離れない美里に、嘘をついたしまったと胸を痛める花子。
そんな花子に、村岡英治(鈴木亮平)は慰めの言葉をかける。
ある日、吉太郎がお土産の饅頭を持って村岡家を訪れたのだが、花子がラジオ局に行く時間になり、村岡美里(金井美樹)を吉太郎に預けて出かけた。
軍用犬として連れて行かれたテルのことを、もう帰って来ないという意味の話を美里にしてしまう安東吉太郎(賀来賢人)
それを聞いてショックを隠し切れない美里は、英治に泣きつく。
その姿を見て、吉太郎はただただ謝るしかなかった。
仕事をしていても、テルを待つ美里を思い気持ちが沈む花子だったが、そんな花子にドライな態度を取る漆原。
すると軍事に関する記事ばかりでため息をついている花子に、動物のニュースとして軍用犬の活躍を伝える記事の原稿が渡された。
すると花子は、勝手にその軍用犬を「テル号」と言い換えてしまい、有沢と黒沢の顔色を一変させる事態に。

 

ここまでが、8月29日に放送された朝ドラ「花子とアン」第131話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第132話のあらすじを知りたい方は、第132話『問題発言』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第131話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第131話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン131話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第22週目第131話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。