純情きらり第7話のネタバレあらすじ!西園寺公麿との初対面でバカにされる!?

こちらでは、朝ドラ「純情きらり」2週目第7話のあらすじのネタバレや、純情きらりと実話の比較、感想をまとめています。

純情きらりの第6話「達彦へのラブレター」では、桜子が友達に頼まれて達彦にラブレターを渡すストーリーでした。

純情きらりの第7話「西園寺公麿との出会い」では、演奏会に間に合わなかった桜子ですが、西園寺公麿と偶然出会うストーリーの予定です。

朝ドラ『純情きらり』
2006年4月10日(月)放送
第2週サブタイトル『ピアノがやって来た』

純情きらりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラの過去作品を視聴したい方は、「U-NEXT」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(配信している過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『純情きらり』第7話のネタバレあらすじ

ここからは、4月10日に放送された朝ドラ「純情きらり」第7話のあらすじをまとめたネタバレです。

純情きらり7話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

  • 演奏会場に自転車で向かう
  • 会場に着くも間に合わなかった
  • 一人でピアノを弾く
  • 西園寺に出会い会話をする
  • 新入生歓迎会のピアノ伴奏を辞退させると言われる
  • 薫子が自分がお願いしたと話す
  • 女将に息子との仲を聞かれ否定する
  • 音楽学校に行かせてほしいと告白する

憧れの先生と初対面

自転車を押しながら、急い演奏会に向かう有森桜子(宮﨑あおい)

やっとたどり着いた会場はもう誰もいなくなっていて、舞台にピアノだけが残されていた。

照明も落とされ、諦めて帰ろうとするが、名残惜しく振り返るって舞台のピアノの前にいく。

鍵盤をそっと押さえると、笑顔になり弾き始めると、ひとりの紳士が通りがかり、桜子に向かって歩いてくる。

背後に何かを感じ、弾くのを止めて後ろを振り向くとなんと西園寺公麿が立っていた。

演奏を続けるよう言われ、驚きながらも再び弾き始める。

西園寺公麿(長谷川初範)は彼女の指の癖から、普段オルガンしか弾かないことを見抜き指摘した。

日本ではまだ楽譜が出回っていないセントルイス・ブルースの曲を弾いた桜子にどこで覚えたか尋ねると家にあるレコードで覚えた答え、驚く西園寺。

その時、迎えの車が来たと呼ばれ、帰ろうとする西園寺は、東京に来ることがあればと、名刺を差し出した。

憧れの先生に名刺をもらい、夢心地で帰宅した桜来だった。

新入生歓迎会の伴奏を辞退!

翌朝、女学校の教室で西野シヅ子(キムラ緑子)先生に深々と頭をさげ、謝罪する笛子。

西野が新入生歓迎会のピアノ伴奏を辞退すると話すと、桜子は、他のどんな罰も受けるが、ピアノ伴奏だけはさせてほしいと懇願する。

すると、薫子が教室に入ってきて、付け文を書いたのは自分だと告白した。

西野は、あきれ気味にもういいと話し、二人に『良妻賢母』という字を200回清書してくるという罰を言い渡した。

何とか危機を脱した二人。

ホッとして同級生たちと談笑しながら学校を出ようとした時、なんと山長の女将・かねが待っていた。

音楽に身分なんて関係ない!

山長の応接室で、また付け文のことを蒸し返される。

誤解を解くため、付け文を書いたのは友達で頼まれて渡しただけだと説明する桜子。

しかし、松井かね(戸田恵子)は納得いかない様子。

松井達彦(福士誠治)は大事な跡取りで、きちんとした所から嫁をもらうまで、変な虫が付いては困ると話す。

恋愛や結婚に興味はなく、音楽の勉強をしたいんだと話す桜子に、安月給とりの娘風情がとあざ笑うかね。

帰り道、音楽に身分は関係ないと悔しさをにじませる桜子だった。

音楽学校に行かせて!

その晩、食卓にはさわらが上がっていた。

河原杏子(井川遥)のお見合いの相手である河原がわざわざお見合い前に持ってきたのだ。

会う前からの心遣いに、いい男だと褒めちぎる叔母の有森磯(室井滋)

女学校を卒業したら、次は桜子にいい相手を探すと磯が話すると、桜子は、卒業したら音楽学校に行きたいと初めて家族の前で打ち明けた。

ここまでが、4月10日に放送された朝ドラ「純情きらり」第7話のあらすじのネタバレです。

河原をいい男と想像膨らませすぎですが、会ってみるととんでもないこと口にするんですよね、、、

純情きらり第8話のあらすじを知りたい方は、第8話『杏子のお見合い』へ読み進めてください。

純情きらりと原作の比較

こちらは、純情きらり7話と原作の比較です。

全話の原作との比較については「朝ドラ『純情きらり』の原作との違いは?徹底比較まとめ」でまとめています。

音楽学校に行きたいとお願いした話は本当か?

純情きらりでは、桜子が音楽学校に行きたいとと源一郎にお願いしましたが、原作ではお願いはしてません。

音楽学校にいきたいとお願いしたことは原作でも同じですが、勇太郎の進学が優先で音楽学校へは行けませんでした。

自由に学校を選択できたのは、笛子までです。

 

朝ドラ「純情きらり」第7話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純情きらり」第7話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

かねも馬鹿にしたけど西園寺も馬鹿にしてない!?

かねが、安月給とりの娘風情と馬鹿にしましたが、何気に西園寺もへたくそって馬鹿にしてません?

いい感じの役ででてくるのかと思ったけど、しょっぱな馬鹿にした発言にちょっといやな気持ちになりました。

相手は見たまんま、子供でしょう。

もっと練習が必要とか、大人の対応があったほうがよかったんじゃないかなというのが正直な感想です。

いい男と思いきや!

杏子のお見合いの相手の河原が、さわらを持ってきて、気が利く男と絶賛してました。

さわら以外になかったんかい!とつっこんでしまったのはここだけの話w

さぞいい男を想像してしまいますが、とんでもないDV男です。

あらすじのネタバレになりますが、お見合いして結婚しても長続きしません。

家政婦としか思っていないのかと腹が立ちますよきっと!

以上が、朝ドラ「純情きらり」第2週目第7話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

ここから下は、純情きらり第2週の最後のあらすじのネタバレが含まれています。
第2週のあらすじを一気に知りたい方だけ、読み進めてください。

純情きらり第2週目のネタバレあらすじ

7話放送の純情きらり第2週「ピアノがやって来た」のあらすじは、東京の音楽学校に行きたい桜子のために定年後の就職する源一郎だったが不慮の事故で亡くなってしまう。悲しみに暮れていると退職金で買ったピアノが届くストーリーとなっています

第2週のあらすじを一気に知りたい方は、純情きらりの第2週「ピアノがやって来た」で、要点を絞ってあらすじをネタバレしていますので、ご確認ください。