『純情きらり』有森笛子役は寺島しのぶ!歌舞伎役者になりたかった!?

NHK朝ドラ「純情きらり」で、有森笛子役を演じるのは、寺島しのぶさんです。

こちらでは、純情きらりのキャスト・寺島しのぶさんに関する情報をまとめています。

  • 寺島しのぶさんが演じる有森笛子の役柄
  • 有森笛子のモデル
  • 寺島しのぶさんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

寺島しのぶ演じる有森笛子の役柄は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jotaro Saito(@saitojotaro)がシェアした投稿

純情きらりのキャスト・寺島しのぶ演じる有森笛子(ありもりふえこ)は、有森家の長女です。

笛子は、才媛で女子高等師範を出たあとは、、 岡崎の女学校の教師になって家計をささえる縁の下の力持ち的な存在です。

性格は、強気でプライドが高く、厳しい意見の持ち主でもあり、父の源一郎が亡くなった後は、妹弟を守るために、一家を支えていくのが印象的です。

桜子との対立

三女でヒロインの桜子とは、いつも対立しており、桜子が音楽学校にいきたいといったとき、笛子は大反対しました。

桜子の夢を応援したくても時代の風潮や、勇太郎を一人前に育てること、経済難であることなど、いろんな背景がある中で、有森家の長 女としては反対せざるを得ないところも見え隠れします。

しかし、桜子のがんばる姿を見た笛子は、いつしか応援するようになります。

いつもしかめっ面で怒っている印象ですが、それも家族を守りたい一心でそうなってしまっているだけ。

理屈っぽい性格で自分とは正反対の桜子を疎ましく思うこともありますが、そんな厄介な性格なのも長女だからこそ、家族を守らなければいけないという使命からくるものでした。

弱い一面

父・源一郎が事故で亡くなったときに一番取り乱していたのは長女の笛子です。

いつも強がっている印象がありますが、本当はきょうだいの中で一番弱いのかもしれません。

長女には向いていない性格なのに、なぜだか長女として生まれてきて、家族を支えていかなければいかない立場に立たされた笛子。

恋愛はまったくだめで、斉藤先生といい仲になろうとも相手が桜子に気があると知ると、すぐさま自分を押し殺してしまう。

母親も早くに亡くなり、甘え方を知らない分、男性にも素直になれずに冬吾が居候でやってきたときも追い出してしまう始末。

それでも、冬吾に惹かれ、お互い喧嘩をすることが多いですが、最後は結婚して一緒になり、幸せをつかみます。

有森笛子のモデルは?

朝ドラ「純情きらり」のキャスト・寺島しのぶさんが演じる有森笛子のモデルは、太宰治の妻・石原美知子さんです

石原美知子さんは、朝ドラ「純情きらり」の元ネタである小説「火の山―山猿記」を書いた津島佑子さんの母でもあります。

津島佑子さんは、太宰治さんの妻でもある人物です。

有森笛子のモデルについては「朝ドラ『純情きらり』有森笛子のモデルは?津島美知子は太宰治の妻!?」で詳しくまとめています。

寺島しのぶのプロフィール

こちらでは、純情きらりのキャスト・寺島しのぶさんのプロフィールを紹介します。

名前寺島しのぶ(てらじましのぶ)血液型B型
生年月日1972年12月28日身長 
星座やぎ座出身地東京都

有森笛子役を演じる寺島しのぶさんは、出生は京都ですが、東京都出身に女優さんです。

父は歌舞伎役者の尾上菊五郎、母は女優富司純子、弟は尾上菊之助という歌舞伎一家に生まれました。

父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、大学在学中に舞台女優として本格的に活動し始めます。

この時期に蜷川監督からも指導を受け、後にこの指導が今後の女優人生の土台となったと言えます。

映画デビュー

2000年に「シベリア超特急2」で映画デビューを果たし、2003年の「ヴァイブレータ」では、ヌードも辞さない大胆な演技で話題となりました。

「赤目四十八滝心中未遂」では、戦争の悲惨さとその影響を受ける人々を見事に演じきり、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、国内外から一躍高く評価されるようになりました。

2007年には「愛の流刑地」で主演女優を務め、難しい愛の形を表現し、2012年には蜷川監督の娘である、蜷川実花の下、沢尻エリカ主演の「へルタースケルター」へも出演し、蜷川監督への恩返しという形で役どころを演じきったのも記憶に残るところ。

2016年には、dtv配信「裏切りの街」に出演するなど、不倫をする専業主婦の役を演じるなど、人間の弱い部分を演じるのが得意だと言えます。

結婚

私生活では、2007年にフランス人アートディレクターのローラン・グナシアさんと結婚し、一児を設けるなど、円満な家庭を築いています。

子供については、歌舞伎俳優にしてもいいと語っているので、今後が楽しみにですね!

所属事務所は「アプティパ」

所属事務所は、トップコート系列のアプティパ所属しています。

アプティパには、息子の寺嶋眞秀くんも所属しているので、実質の寺嶋家の事務所といえます。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、純情きらりのキャスト・寺島しのぶさんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
大河ドラマ八代将軍吉宗お逸
救急指定病院間宮環
弁護士高見沢響子浅野薫
冬の運動会江口加代
おとなの夏休み琴原みゆき
映画
シベリア超特急2河津信江
DRUG柳川恵子
ゲロッパ!藤沢香織
赤目四十八瀧心中未遂
ヴァイブレータ早川玲
機関車先生吉岡文子
Tokyo Tower川野喜美子
大停電の夜に杉田礼子
CM
ライオンホワイト&ホワイト
ロート製薬ロートV40
ハウス食品プライムカレー
DHC
サントリーフーズボス レインボーマウンテンブレンド『医師編』
東京ガス 『家族の絆』シリーズ

朝ドラ「純情きらり」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「純情きらり」のキャスト一覧です。

「純情きらり」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『純情きらり』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「純情きらり」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
有森家
有森桜子宮崎あおい
(子役:美山加恋)
山田宇多子?ジャズピアニストを目指すヒロイン
有森源一郎三浦友和石原初太郎
有森マサ竹下景子石原くら
有森笛子寺島しのぶ
(子役:北乃きい)
石原美知子
有森杏子井川遥
(子役:尾崎千瑛)
小林喜代子?
有森勇太郎松澤傑
(子役:佐野観世)
石原明
有森磯室井滋叔母
有森家の親族
沖田徳治郎八名信夫岡木嘉門桜子の祖父
杉冬吾西島秀俊太宰治画家、笛子の夫
河原亮一池田鉄洋杏子の元夫
鈴村浩樹高橋和也杏子の夫
松井家
松井達彦福士誠治
(子役:柳井宏輝)
山長の跡取り
松井拓司村田雄浩
松井かね戸田恵子
八丁味噌の蔵元『山長』
浦辺仙吉塩見三省職人頭
野木山与一徳井優番頭
高島キヨシ井坂俊哉達彦の幼なじみ
松浦タネ秋山菜津子かねの妹
松浦利雄六角精児タネの夫
吉村タミ阿知波悟美桜子の教育係
岡崎編
斉藤直道劇団ひとり物理教師・有森家の元下宿人
高野薫子松本まりか神田川出版の編集者・桜子の同級生
マスター・ヒロブラザートム喫茶「マルセイユ」のマスター
安江筒井真理子源一郎の見合い相手
河原幸恵山田昌河原亮一の母
小鈴早良めぐみ元芸者
高島専蔵大八木淳史キヨシの父
西野シヅ子キムラ緑子女学校時代の音楽教師
若山百合子木村多江達彦の戦友の姉
東京編
西園寺公麿長谷川初範東京音楽学校の教授・桜子のピアノ指導者
秋山均半海一晃ダンスホール「ニューオリンズ」のサックス奏者
松尾村杉蝉之介西園寺の助手
岩見沢るり子初音映莉子東京音楽学校の生徒
若槻彰河合龍之介神田川出版の記者
岡村伊蔵外波山文明日之出食堂の店主
御崎しま子光浦靖子青森から来た冬吾の許嫁と名乗る女
工場長不破万作鋳物工場の工場長
沢井ウメ木野花鋳物工場の女工員
鈴村士郎苅谷俊介隣組組長・浩樹の父
鮎川周助中山仁磯の元不倫相手
鮎川和之荒川優画家・磯の生き別れた子供
守田敏若林久弥画家
マロニエ荘
花岡八州治相島一之画家
野上八重原千晶画家
小野寺ハツ美たくませいこ東京音楽学校の学生
橘マリ椋木美羽ダンサー