花子とアン第11話のネタバレあらすじ!スコット先生の手紙

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」2週目第11話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第10話「手紙を送る課題」では、校長先生に英語で手紙を送るという課題が出され、はなが無理だと頭をかかえるストーリーでした。

花子とアンの第11話「スコット先生の手紙」では、スコット先生のゴミ箱に捨ててあった英文で書かれた手紙を見つけ、その文章を写して課題を提出するストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年4月11日(金)放送
第3週サブタイトル『エーゴってなんずら?』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第11話のネタバレあらすじ

ここからは、4月11日に放送された朝ドラ「花子とアン」第11話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン11話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

なんとか、課題を提出することができたが、英語がまったく書けないはなは、一度は落第を覚悟した。

 

課題をまったく書けないでいたはなは、焦りを感じ、とにかく課題だけでも提出しなければという思いで、スコット先生の部屋のゴミ箱にあった手紙を丸写しして、富山に手渡した。

 

そして、課題の発表の日、校長先生も同席して発表される。

すると、はなが提出した課題の手紙が、なんと学年1位となり、皆の前で読みあげられる事となった。

教室で、校長先生がその手紙を読みあがると、スコット先生の顔色がみるみる悪くなり、退室してしまう。

その手紙の内容というのが、まるでラブレターのような文章だったのだ。
実は、その手紙はスコット先生が日本に来る前に別れた恋人に宛てて書いた手紙で、自分の手紙だと知ったスコット先生は、絶句していたのだ。

皆、はなに拍手を送る中、富山先生だけが、本当にはなが書いたものなのか疑っていた。

そのことについて、校長も同じ意見で、この場で、英語でスピーチをするよう求められる。

もちろん、英語が話せないはなは、追いつめられてとっさにスコット先生がいつも夜に口ずさんでいた英語の歌を歌いだす。

はなの上手な英語の歌を聴いて、生徒や先生方は一様に驚く。

その英語の歌でなんとか窮地を切り抜けたのだ。

 

ここまでが、4月11日に放送された朝ドラ「花子とアン」第11話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第12話のあらすじを知りたい方は、第12話『英語で謝罪』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第11話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第11話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン11話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第2週目第11話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。