花子とアン第127話のネタバレあらすじ!モデルになってください!

こちらでは、朝ドラ「花子とアン」22週目第127話のあらすじのネタバレや、花子とアンと原作の比較、感想をまとめています。

花子とアンの第126話「ごきげんよう」では、『ごきげんよう』という花子がいつも使う言葉に、漆原が注意するストーリーでした。

花子とアンの第127話「モデルになってください!」では、絵描きの益田旭が、ももに絵のモデルになってほしいとお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『花子とアン』
2014年8月25日(月)放送
第26週サブタイトル『新しい家族』

花子とアンの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「花子とアン」を見逃した方は、「花子とアン(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)
スポンサーリンク

朝ドラ『花子とアン』第127話のネタバレあらすじ

ここからは、8月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第127話のあらすじをまとめたネタバレです。

花子とアン127話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

花子が順調にラジオの仕事をこなし、その内容も非常に人気が出るものとなった。

ある日帰宅をすると、英治が慌てて迎えに出て、ももがしていると告げる。

村岡家に住ませてもらう代わりにこの家の家事を引き受けたいと申し出、花子はこれを快く引き受けることとなり一緒に暮らすことになった。
数日後ももが掃除をしていると、庭に不審な男がいることに気づき英治に伝える。

捕まえて見ると、その男は売れない絵描きの旭だった。旭がもものことが気になっており、自分の絵のモデルになってほしいと願い出る。

あまりの出来事にその場から走り去ってしまう。
明くる日ラジオの仕事のために花子が局に出社すると、黒沢が待っており手紙がたくさん届いていることを告げる。

特に花子の番組の最後の挨拶が多くの人に心地よく聞こえると言うことで、その内容が非常に多いとのこと。

漆原にもそのことを告げられ、感激する花子。
旭は絵を書き上げ、村岡家の人々がその美しさを絶賛する。

その時に旭は、ももに結婚を願い出た。

ここまでが、8月25日に放送された朝ドラ「花子とアン」第127話のあらすじのネタバレです。

花子とアン第128話のあらすじを知りたい方は、第128話『ももと旭の結婚』へ読み進めてください。

朝ドラ「花子とアン」第127話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「花子とアン」第127話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

花子とアン127話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「花子とアン」第22週目第127話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。